SynthSonic

DTM・シンセサイザーなど。音楽作ってます。

SynthSonic イメージ画像

更新情報

ついにLogicoolよりトラックボールのフラッグシップモデルが登場です。本格派トラックボールといえば、ケンジントンのExpartMousや、Slimblade Trackballなどが人気ですよね。ぼくも憧れていたんですけど、もともと親指トラックボールに慣れていたこともあって、どうしてもあ
『DTMerの肩こりや手首の痛みを軽減するトラックボール、Logicool MX ERGO(MXTB1s) ワイヤレストラックボール レビュー』の画像

「ミックスのカギは低音にあり」という話はよく聞きますが、ほんとその通りだなと思います。自宅モニタースピーカーはYAMAHA HS5を使用していて、価格の割にバランスのとれたモニタースピーカーなんですが、低域が見えづらいんですよね。そこでサブウーファーHS10Wを併用した
『サブウーファーの低音で空気が震える!「御影石オーディオボード」を導入しました』の画像

ヴィンテージシンセバンドルの最高峰、UVI Vintage Vault 2がリリースされました。初代バンドルに新作のシンセを複数追加し、完全にプラグイン界屈指のモンスター級音源と化しとります。これさえ買っとけば、シンセにおいてはだいたいのことは事足りますwもちろん量だけでは
『51種類のヴィンテージシンセ、111種類のドラムマシンを忠実に再現するモンスターバンドル、UVI「Vintage Vault 2」レビュー』の画像

Computer Music Japanを開設してから5か月が経過しようとしています。おかげさまで順調に運営できれおります。DTMer各位におかれましては、いつもご高覧いただき感謝してます。一部では「ゆにばす破産」などという大変名誉なフレーズまで頂き光栄至極に存じますwさて、立ち
『Computer Music JapanにDTMerフォーラム(ベータ版)を開設しました』の画像

サクッと生ドラム使って曲作り進めたいけど、調整とかめんどくせぇし、馴染まねぇし、容量デカイし・・・。そんな生ドラム音源あるあるですが、本日はそんな悩めるDTMerにオススメなドラム音源をご紹介します。Twitterでお世話になっている、もっぴーさうんどさん(@moppysou
『打ち込み臭くならないバンドテイスト向けドラム音源、DOVA-SYNDROME「JP Extremely Ordinary Drums」レビュー』の画像

先日、Computer Music Japanにて紹介させていただいた、アメリカのデベロッパー「Goodhertz」のプラグインのデモ版を使わせてもらったのですが、めっちゃ気に入ったのでレビューしたいと思います。  まだまだ日本ではあまり使われていないような気もしますが、beatcloudにて
『サウンドに「温かみ」「やわらかさ」を与えるアナログライクなプラグインデベロッパー【Goodhertz】』の画像

ニコニコ動画を作った川上量生さんの本「ルールを変える思考法」を読みました。いくつか面白いポイントがあったのですが、中でも「ゲームがうまいヤツは頭が良いのか」というテーマがとても興味深かったので、取り上げたうえで考察していきたいと思います。 ぼく自身もゲー
『「ゲームがうまいヤツは頭が良いのか」について考察してみた』の画像

かねてから気になっていた、各方面で評価の高いMOGAMI 2549を買ってみました。というのも、前回のエントリーの通り、TD-M1のアナログ接続音質向上計画の一環で買った次第です。TD-M1のアナログ入力はミニプラグしかなく、ケーブルの種類が限られてくるんですよね。で、とりあ
『MOGAMI(モガミ)2549 ケーブルの音質を比較検証してみた』の画像

先日のAmazonプライムセールでの戦利品、ECLIPSE TD-M1のレビューです。twitter上で交流のあるDTMerさんも、お買い上げになられた方がチラホラおられましたね。「黒が良かったのに売り切れてた」という声が多く聞かれましたが、黒はセール開始数秒で売り切れてました。
『タイムドメイン理論スピーカー ECLIPSE TD-M1レビュー』の画像

ぼくのbx_digitalデビューはV3です。ずっと、V2を狙っていたところいきなりV3にモデルチェンジしたので、結局買えずじまいでした。で、V3はとても気に入っていたのですが、V2ユーザーさんが「V3とは音違う」と違いを堪能しているツイートを見かける度に「なんでV2を買わなか
『Plugin Alliance「bx_digital V2」と「bx_digital V3」の違いについて』の画像

↑このページのトップヘ