SynthSonic

シンセとかゲームとか。音楽作ってます。

SynthSonic イメージ画像

シンセサイザー

SH-101のエミュやサンプルは有償無償含めたくさんあります。ワンポイントでSH-101の音が欲しいのであればフリーでも良いのかもしれませんが、納得のいくデキのものとはなかなか出会えません。今回紹介するLuSH-101は、SH-101をエミュレーションしただけ
『Roland SH-101をエミュレートしたD16 LuSH-101レビュー』の画像

シンセサイザーの音作りを習得したければ、とにかくひとつのシンセを使い倒す、これにつきます。ひとつのシンセが理解できれば、各セクションの呼称は違えど他シンセにも応用が効くからです。 【DTM考察】シンセの知識が深まればシンセがもっと面白くなるって話 : SynthSoni
『音作りしたくなるシンセサイザー Reveal Sound Spireレビュー』の画像

Roland Cloud4.0がリリースされました。今回のバージョンアップでは、RolandのレジェンドシンセサイザーJupiter-8、Juno-106に加えて、System-8が登場。全てACBテクノロジーを使用したvstiで、SH-101などと同様のPlug-Out対応となっております。早速触ってみましたのでレビュ
『Roland Cloud4.0がリリース。LegendaryシリーズとしてJupiter-8、Juno-106が登場』の画像

2017年2月27日、SynthMaster Oneがリリースされました。SynthMaster2.8の簡易版、音はそのままで弟分的な位置づけなのかなとも思ってましたが、そんな単純なものではなさそうです。短時間ではありますが、ササっと触った印象では「SynthMaster2.8よりもEDM向け」で音抜けが良
『「SynthMaster One」はSynthMaster2の廉価版ではなく別物である』の画像

前回のリミッター比較記事について、プロの方や、詳しい方からアドバイスをもらって自分の知識の無さに絶望しながらも、教えて頂いたことはしっかりスポンジの様に吸収してるつもりになってる今日この頃です。 技術・センス云々
『EDMシンセはどれを選べば良いのか比較してみた』の画像

u-heを超えるのはu-he。 個人的にプラグインシンセのアナログ部門では、u-he Divaが揺るぎない最強のシンセでした。 しかし、Divaを超えるバーチャルアナログシンセがリリースされました。それが今回レビューするRepro-1です。 モノシ
『Sequential Circuits Pro-Oneを完全再現したu-he Repro-1レビュー』の画像

シンセサイザーなどのプラグインに求められるのは音の良さに加えて、軽さや安定感、わかりやすさ、GUIの良さも重要なファクターです。音の良さ以前に、操作がしづらくて全然わからない、触る気が起きないと評判のSynthMasterですが、本当に良いシンセなのに、その複雑さやGUI
『SynthMaster Oneは初心者にもオススメできるシンセサイザーだ』の画像

全国のプラグインゾンビDTMerのみなさんこんにちは。ソフトシンセやプラグインエフェクターは頻繁にセールがおこなわれているので、少しでもお得にゲットしたいですよね。有名なセールといえば、全DTMerが狂喜する年1回のブラックフライデー(黒金)と呼ばれる11月第4金曜
『ソフトシンセ・エフェクター「DTMプラグインセール」【厳選】まとめ2017』の画像

フリーソフトは無数にあり、シンセサイザーというカテゴリに絞ってもどれを使用すればよいのか迷います。 とは言ってもリスクは手間くらいなので、とりあえず試してみれば良いのですが、ムダなシンセを入れてドライブ圧迫は避けたいもの。 それでもフリーにしておく
『【フリープラグイン】Oberheim OB-8・OB-X・OB-XaをエミュレートしたシンセサイザーOB-Xdレビュー』の画像

先日行ったアンケート調査でシンセ部門で1位だったOmnisphereの人気の理由、選ばれた理由をまとめてみたいと思います。 シンセランキングTOP10記事⇒こちら 1位になるにはそれだけの理由があります。もっていない方は参考にしていただいて、持っているけど使いこなし
『Spectrasonics Omnisphere 人気の理由まとめ』の画像

↑このページのトップヘ