エフェクター

DTM作業効率アップのためのソフトウェア(プラグイン)5選

スポンサーリンク
   

昨日の記事に続いて、今回はソフトウェア編です。

睡眠時間を削る寿命の前借りはダメ。DTM作業効率アップする方法睡眠時間足りてますか? 睡眠不足になると脳や身体のパフォーマンスが落ちるので、寝たほうが良い・・・そんなことは分かっているけど、なかな...

「起きている時間に倍のスピードで終わらせる」をテーマに作業が捗る、時短につながるエフェクタープラグインをまとめてみたいと思います。

ミックス/マスタリングの少しでも時間を短縮して、作業効率を落とさずに睡眠時間を確保することが目的。

つまり、達成感とともにオフトゥンする方法です。

時短プラグイン

ここ最近のプラグインの進化はすさまじいです。人工知能搭載や、チートとも思える高品質な製品が多数リリースされています。

音楽をより豊かにしてくれるテクノロジーを使わない手はないですよね。

代表的なものをいくつかご紹介します。

iZotope Ozone 9

やはりマスタリング/ミキシングツールのトップランナーはiZotopeでしょう。

先日、iZotopeからOzone 9が発表されましたが、新たな機能を搭載しており、より一層の時短ツールとして進化しています。

また、Neutron 3との連携が可能なTonal Blance Controlを使用すればミックスに戻る時間を軽減できます。

17年の伝統をもとに構築された未来のマスタリングツール、iZotope「Ozone 9」リリース!

iZotope Ozone 8 Advanced レビュー。個別プラグインエフェクトを検証してみた機械学習による自動マスタリングツールがDTMer界を席巻しておりますが、もっともメジャーなのは、その代名詞とも言える、iZotope O...
【PR】ミキシングの新しい時代を提唱するプラグイン、iZotope「NEUTRON 3」レビューiZotopeよりAIを搭載した最新のミキシングプラグイン「Neutron 3」がリリースです。 最先端の機械学習を導入した「Neut...

Sonible smart:comp

人工知能搭載のコンプレッサー。2,000以上の帯域に渡り入力信号を継続的に分析してくれます。トラックに挿してワンクリック(数秒)で良い感じに仕上げるコンプです。

また、コンプレッサーの質が非常に高くジャンル問わずマッチするように思います。

Sonible smart:comp

Sonible「smart:comp」レビュー【人工知能搭載コンプレッサー】やっぱ「AI」でしょ! 令和の時代に未来を語るには「AI」が欠かせませんよね。我らがDTM業界、とりわけプラグイン界隈でも例外なくその...

Leapwing DynOne

人工知能は搭載していませんが、匹敵するほど魔法をかけるが如く効きます。とにかくマルチバンドコンプという括りなら、作業のしやすさ、品質は図抜けてます。

帯域が限定されているのも良いです。迷いなく音が決められるのも良い。

同社のCenter One、Stage Oneも神。買って損なしのチートプラグインです。

Leapwing

【PR】シンプルでありながら高品質なマルチバンドコンプレッサー、Leapwing Audio「DynOne」レビュー ここ最近はプラグインの性能が格段に良くなり、各社から「チート(良い意味でズルい)」とも言える製品がリリースされています。 その...

Fabfilter Pro-Q3

AIとか自動も良いけど、どうしても自分でイコライジングしたい!という人はPro-Q3が鉄板です。なにがとうなっているのか視覚的に分かるので、あとは手術を行うのみ。

アナライザーとしても視認性が良く優秀。

さらに、Pro-Q3で新たに追加された機能として、マスキング部分を検知し、表示できるようになりました。例えばキックとベースなど、ぶつかっている帯域のかぶりを表示してくれるので、処理する部分が一目瞭然です。

ダイナミックEQ、サイドチェインも搭載しており、EQの業界標準と言って良い名作プラグインです。

Fabfilter Pro-Q3

IK Multimedia Lurssen Mastering Console

まるで、マスタリングエンジニアと高級機材を自宅環境に持ち込むかのようなマスタリング丸投げプラグイン。これもかなりのチートですね。

一流のエンジニアが組んだマスタリングチェーンで、あらゆるジャンルに合わせたプリセットが大量に収録されています。

つまり、2MIXに程よいプリセットをチョイスし、微調整するだけでマスタリングが仕上がります。

これを時短ツールと呼ばずにして何と呼びましょうか。

IK Multimedia Lurssen Mastering Console

さいごに

もっとも大切なことは作品が完成し、作業が終わることです。

創作するというクリエイティブに、より多くの時間を費やすためにも便利なツールは積極的に取り入れていきたいですね。

そして睡眠時間をより多く確保することが良い循環を生むのではないでしょうか。

【DTM考察】睡眠時間を削ってDTMやるより思い切って寝たほうが捗る可能性が高いTwitterにネットサーフィンにセールチェックに忙しいDTMerの皆さんお疲れ様ですw楽曲制作より他の部分で消耗してそれを毎度のネタに...

ではでは。

スポンサーリンク