前回のリミッター比較記事について、プロの方や、詳しい方からアドバイスをもらって自分の知識の無さに絶望しながらも、教えて頂いたことはしっかりスポンジの様に吸収してるつもりになってる今日この頃です。

技術・センス云々の前に、基礎となる知識がないとダメなんだなと、改めて思いました。

けど、自分で考えた上で、間違いに気づく方が心に刻まれる気がしますね。「頭で覚えるな、心で覚えろ」というのは島田紳助氏の名言です。

漫才のビデオと思ったら大間違い。何かしら成功を目指している方、オススメです。ってか紳竜の漫才は今見ても笑える。


さて、今回はシンセオタクなぼくが、持っているEDM系シンセの相対評価レビューをやります。

評価は★の数で表します。5つが満点です。※「CPU負荷」は★が多いほど軽いということです。

「アナログシンセ」としての評価ではありません。あくまで「EDM系の音楽やるなら」という観点です。ひとつのシンセに対して掘るのではなく、相対評価することで自分に合うシンセを絞り込めれば良いかなと。

EDMやってみたいけど、どのシンセを買えば良いのかわからないって方は是非参考にしてください。

たくさんシンセ持ってる方は「やっぱそうだよねー」とか、「いやーそれは違うやろ」とかツッコミながらご覧頂ければ幸いです。


Xfer Serum
  • 高音質  ★★★★★
  • 太さ   ★★★★
  • 音作り  ★★★★★
  • 操作性  ★★★
  • CPU負荷 ★★
ここ最近デカイ顔してるEDMシンセサイザーのSerumさんだぞ。

ウェーブテーブルシンセでは最強と呼び声も高いです。音はクリアで粒立ちが良く現代的な音。 エフェクトのせいかどこか「ひんやり」するサウンドです。

ウェーブテーブルの再生能力に加えて、リバーブも良いのでパッドなんかは凄い気持ちいい音します。

定価は$189とお高いです。Spileにて$9.99/月(月々約1,000円)で 利用開始 できるので、気軽に導入してみてはいかがでしょうか。

レンタルではなく分割払いなので、払い終わったらライセンス貰えるのが良心的ですね。途中で止めることも可能です。

ReveralSound Spire
  • 高音質  ★★★★
  • 太さ   ★★★★
  • 音作り  ★★★★
  • 操作性  ★★★★★
  • CPU負荷 ★★★
音が太く立体的で思わず音作りしたくなる、そんなシンセです。デジタルなんですが、デジタル過ぎない耳障りの良い温かみを感じさせるサウンド。

Sylenth1よりも太く、Massiveよりも艶があり、非常に音楽的。

偏りのない、ナチュラルなシンセなのでEDM以外のシンセサイザーの音が欲しい場合にも活躍できそう。

音作りがわかりやすいのも高評価です。とてもバランスの良いシンセ。

記事

LennarDigital Sylenth1
  • 高音質  ★★★★
  • 太さ   ★
  • 音作り  ★★★
  • 操作性  ★★★★
  • CPU負荷 ★★★★★
もう何年間人気やねんってくらい古いシンセですね。音は軽いですが、クリアで、抜けが良いです。

他のシンセに比べると少々古くなってきたかな?と思ってしまう。

が、とても軽いし安定しているので、いつでも安心して立ち上げられる信頼できるシンセ筆頭です。「もうこれ以上vsti立ち上げたら落ちる!」って時にもニッコリ微笑みながら立ち上がってくれるでしょう。

後述するMassiveと張り合ってますが、サードパーティプリセットの種類は世界一。個人的にはシンプルで音作りもしやすいシンセですから、自分で作った方が早くイメージの音になりそうな気がします。

記事

NativeInstruments Massive
  • 高音質  ★★★
  • 太さ   ★★★★
  • 音作り  ★★★★
  • 操作性  ★★
  • CPU負荷 ★★★
ベストセラーシンセですね。シンセと言えばMassive、という方も多いのではないでしょうか。Kompleteに入っていることで、触る機会が多いのかなと。

Sylenth1とはキャラが少し違っていて、Sylenth1は明るく軽い音なのに対し、Massiveは中低域が強いです。

何れも少々古さを感じますが、サードパーティープリセットは世界一。欠点は分かりづらさ。負荷もまぁまぁ高い。でも人気。

もうそろそろ、Massive2出しても良くないですかね?

好きなシンセランキングでも2位に入ってます。

reFX Nexus2
  • 高音質  ★★★★
  • 太さ   ★★★★★
  • 音作り  ★
  • 操作性  ★★★★
  • CPU負荷 ★★★★
こんなに音が良いのに、好きなシンセランキングに入らかなったNexus2

サンプルを再生するシンセなので、「おめーはシンセじゃねーだろ。あっちいけ」と言われてるようで、なんだかNexus2が可哀想。

音は太く、市販の曲に使われてそうな音がすぐ出せます。とにかく曲が素早くカタチになるのが最大のアドバンテージ。

ただ、サンプルベースのため音作りは期待しない方が良いです。

嬉しい特典として、Nexus2ユーザーになると毎年クリスマスにエキパンをひとつプレゼントしてくれます。reFXはDTMerたちのサンタさん的存在。

記事

SpectraSonics Omnisphere2
  • 高音質  ★★★★★
  • 太さ   ★★★★★
  • 音作り  ★★
  • 操作性  ★★★
  • CPU負荷 ★★★
好きなシンセサイザーランキングで1位に君臨した、泣く子も黙る大人気の大容量モンスターシンセOmnisphere。バーチャルアナログ、ウェーブテーブル、大容量サンプルを駆使した音作りが可能です。

価格は30,000円台と高いですが、一生モノと考えればコスパは良いかと思います。

他のシンセとは異質ですが、EDMとしても全然いけます。

王者の貫録ですな。

記事

KV331 SynthMaster
  • 高音質  ★★★
  • 太さ   ★★★★
  • 音作り  ★★★★★
  • 操作性  ★
  • CPU負荷 ★★
個人的にはすごく好きなシンセなんですが、とにかくわかりづらい、GUIがしょぼいと悪名高いです。

だいぶ改善はされましたが、CPU負荷も高めでたまに不安定になります。

音はビンテージシンセ系からEDM系まで幅広く、太いサウンドです。カキーンと抜ける感じではありませんが、中低域、とくにベース等は存在感抜群です。

真骨頂は名前の通り、音作りの深さで、出せない音は無いってほどに深いです。ただわかりづらいw

先日最上位のプリセット全部入りのEverythingにアップデートしたんですが、使える音が満載でプリセットマシーンとしても優秀なヤツになってしまいました。

SynthMaster3と、操作が簡単になったSynthMaster Oneのリリースが予告されてるので楽しみです。

記事

Cakewalk Z3TA+2
  • 高音質  ★★★★
  • 太さ   ★★
  • 音作り  ★★★★
  • 操作性  ★★★
  • CPU負荷 ★★★
Sylenth1とMassiveの陰に隠れてひっそりと頑張っていたシンセってイメージがあるZ3TA+2。読み方はゼータツー。

今では珍しくないですが、ウェーブシェーピング機能をいち早く取り入れて幅広い音作りを可能にしました。

Sylenth1よりも太く、Massiveよりも明るい音なので使い分けはできますね。

ただ、古さは否めないかな。

記事

Vengeance Avenger
  • 高音質  ★★★★★
  • 太さ   ★★★★
  • 音作り  ★★★★★
  • 操作性  ★★★★
  • CPU負荷 ★
11月末にリリースさればばかりの次世代シンセAvenger

音はクリアでイマドキの音でかなり瑞々しいです。GUIも後発の強みを活かした設計で、わかりやすく、操作性もかなり良いです。

ただ、音に比例して負荷も凄いのでここがウィークポイントですね。 負荷さえ改善されればEDMシンセ筆頭にもなりえると思います。

記事

CPU負荷比較
音も大事ですが、CPU負荷も重要なファクターです。

StudioOneで立ち上げて、簡単に比較してみました。

アイドル時の負荷

アイドル
既にAvengerとZ3TA+2が頭ひとつ出てます。

鋸波(SAW)を4音発音時の負荷
フレーズ
Avengerがぶっちぎってますね。次いでSerum、Massive、Z3TA+2。

Z3TA+2は、アイドル時からそれほど変わらないのに対して、Avengerは倍以上になってます。

やっぱりSylenth1は軽いですね。

これにエフェクトなどをかけていくと更に増えていきますのでひとつの参考にしてください。

総評
いかがでしたでしょうか。

AvengerSerumが後発のシンセということもあって、EDM最右翼と言ってよいかと。ただ、CPU負荷の高さだけが問題です。

最新のシンセが出た時は、いつの時代もそうなので仕方ないのですが、今の段階ではいくつも立ち上げて使うというのは難しいでしょう。

それを踏まえた上でトータルバランスを考えると、Spireがイチオシです。次にOmnisphere2Nexus2

SynthMasterは難しいし、Sylenth1Massiveは後発のシンセと比較すると音に古さを感じました。

本来であれば、Dune2、HIVE、Tone2、RobPapenなどのシンセも比較したかったのですが、買うことがあったらそのうちやりたいと思います。


ちなみに今回の写真はすべて一眼レフで撮影するという力の入れようです。撮る技術がヘタなのは放っておいてくださいw

カメラはNikon D5100、レンズは35mm f/1.8Gを使ってます。

何しろ、Wi-Fi対応のSDカードが便利です。コレ買ってから一眼レフの使用頻度が劇的に向上しました。クリエイティブの最大の敵はめんどくさいだなとつくづく感じますね。

ではでは。




スポンサーリンク








【関連記事】
【DTM考察】シンセの知識が深まればシンセがもっと面白くなるって話 : SynthSonic
【DTM考察】シンセが増えると作る曲の数が減るのか? : SynthSonic
好きなシンセサイザーランキング2016【圏外編】 : SynthSonic