YAMAHA reface DXで復活を果たした本家FM音源が勢いを増してきてます。最新のフラッグシップMONTAGEでは最新のFM-X音源が搭載、KorgからVolcaが発表、更にはNative Instrumentsの創始者が次世代シンセとしてC15と呼ばれるFMシンセを開発中。

もうこりゃ完全にFM音源キてますよね。

ってなわけで、FM音源もっと使っていきましょう。

今回はDigital Suburbanがフリーで配布している、FM音源プラグインをご紹介します。DXエミュレーションのFM音源と言えばコレってくらい話題になりました。音はめちゃ良いです。

GUIもDX7っぽくて良いですよね。

知らない人はとりあえずダウンロードしましょう。オススメ!



SysEXを使いまくるべし
DX7 II-D Closeup
プリセットは1000音くらい入っているそうな。結構使える感じのもたくさんあります。音の傾向は古き良き時代のFM音源らしい音色。FM8のプリセットとは少々違います。

ただ、カテゴリ分けとかないので、途中でちょっとイヤになりそうですが、気に入ったモノを見つけたら保存していきましょう。

さて、SysEXですが、使い方や、SysEXファイルのダウンロード元はこちらに書いてます。

【FM音源ソフトシンセ聴き比べ】音作りはやっぱり難しいからプリセット使いまくろう : SynthSonic

ちなみにSysEXとは、システムエクスクルーシブのことで、MIDIデータで様々なパラメータを変更するものです。ここでは音色を変更するデータと解釈してください。

気をつけなければいけないのが、フォルダ・ファイル名。使用出来るのは半角英数のみで、目的のSysEXファイルの階層の途中も半角英数にしておく必要があります。

階層もあまり深くない方が良いと思います。エラーが出る可能性アリ。


とはいっても音作りもしやすい

FM音源なのでアナログシンセほどではないのですが、他のFM音源シンセと比べたらまだマシかも。エンベロープもグラフィック表示がありますし、全体的にアナログ風に操作できるようになっています。あとはインターフェイスの切り替えとかありませんので、集中できます。

どのオペレーターから出力があるかもレベルが表示されるので、そのあたりも親切です。

とりあえず好きな音を読み込んでイジってみると入りやすいでしょう。

あえて粗い音が初代DXを彷彿させる
Selling my Yamaha DX7
DX7はD/Aが12bitで、良くも悪くも泥臭い音というか、良い具合に荒いです。その独特な音でもうまく再現されてて思わずニンマリします。かなり実機に迫る音と言って良いでしょう。

しかし、ここまでデキが良いとどうしても粗探しをしたくなってしまうのが人間w

中域の音は本当によくできているものの、低域や広域の金属音などはどうしても実機とは少々違いがありますね。DXエレピで顕著です。アタックの「コツン」の金属成分が少々足りない。他のシンセでも同じことがいえますが、こういった部分はハードとの決定的な違いです。

フリーソフトにそこまで求めるのは酷かもしれませんが、裏を返せばそれほど求めたくなるデキなんですよね。なので、決して悪い印象をもたれないでください。フリーでここまでのものはありませんのでw



実機 DX7音色エディターにも使える

Yamaha DX7 synthesizer
直接パラメーターをいじるというよりも、パッチに互換性があるので双方の音色データやりとりが可能です。

つまり、DEXEDで音作りしてDX7にSysEXを送ることができます。実機で音作りできなかった人もソフトでグラフィカルに表示されますので、もう一度挑戦してみても良いかもしれません。保存も楽です。

実際には100%同じ音が出るわけではないので、実際鳴らしてみてから更にチューニングする必要はあるかもしれませんが、すべてをハードで行うよりは良いでしょう。

さいごに
FM音源もってない!って人は入れときましょう。

FM8やらSytrusとかを持ってる人でも、出音が違うので入れときましょうw

「古き良き時代のFM音源をFM音源らしく鳴らしたい人」にオススメです。80年台を再現したいって場合には重宝しますよ。

ではでは。


GitHub - asb2m10/dexed: FM multi plaform/multi format pluginGitHub - asb2m10/dexed: FM multi plaform/multi format plugin



スポンサーリンク








【関連記事】

FM音源の音作りをアナログな感覚で覚えよう① : SynthSonic

Oberheim OB-8・OB-X・OB-Xaをエミュレートしたフリーソフト【OBXDレビュー】 : SynthSonic

【DTM考察】シンセの知識が深まればシンセがもっと面白くなるって話 : SynthSonic