音源

FM音源シンセサイザー(ソフトウェア)10選まとめ

スポンサーリンク
   

1983年、YAMAHA DX7の登場以来、シンセサイザーの歴史を塗り替え30年以上の時を経た今もファンの心を掴んで離さないFM音源。

数年前まではそれほど種類もなく、選択できるほどではなかったのですが、近年ではソフトウェアで様々なタイプのFM音源が楽しめるようになりました。

本日はその中から10種類をピックアップしてご紹介したいと思います。

今からFM音源デビューしたいって方、持っているけど他のも触ってみたいという方、是非是非ご参考に。

FM音源 ソフトウェア10選まとめ

独断と偏見でチョイスしました。なお、サンプリング方式のFM音源ライブラリは対象外としました。キリがよく10選です。

Arturia DX7 V

FM音源といえばYAMAHA DX7。DX7を忠実にソフトウェア化したのがArturia DX7Vです。

完全再現と言っても良いでしょう。更に現代的にアレンジもされていて使い勝手も向上しています。

Arturia DX7V

YAMAHA DX7を完璧にエミュレートしたFM音源シンセサイザープラグイン、Arturia「DX7 V」レビューArturiaよりYAMAHA DX7を忠実に再現、更にパワーアップさせたシンセサイザープラグイン「DX7 V」がリリースされました。 ...

Native Instruments FM8

Skrillexが使っている(いた?)シンセとしても有名なFM8。

歴史も非常に長く、ダブステップサウンドからゲーム音楽に至るまで変幻自在なFM音源ソフトウェアのパイオニア的存在です。

操作性良く負荷も軽い素晴らしいシンセです。SysEXの再現度も秀逸。

Native Instruments FM8

ソフトウェアシンセサイザーのCPU負荷を比較してみた【第2弾】軽さは正義! 先日行ったソフトウェアシンセサイザーのCPU負荷を比較の第2弾です。 前回はシンセサイザーランキングのTOP10を比較...

Image-Line Toxic Biohazard

見た目と名前が派手というかエグいので、キワモノシンセとみられがちですが、とても美しい音を鳴らすシンセサイザーです。

透明感があり、粒立ちが良く、耳障りが良いです。若干立体感に欠けますが、エレピやベルなどがその分美しいのでキワモノで終わって欲しくないw

Image-Line Toxic Biohazard

Image-Line Sytrus

Image-Lineを代表するシンセサイザーですね。エッジの効いたソリッドなサウンドでEDMなどに向いてます。

歴史が長く音も良いシンセだと思うのですが、インターフェイスの難解さととっつきにくさがメジャーになれない要因でしょうか。

ヴィンテージなFM音源サウンドとは一線を画す鳴り方ですが、しっかりFM音源サウンドです。

Image-Line Sytrus

Tone2 Nemesis

構造や音作りが難解なFM音源を、誰でもコントロールできるように次のステージへ昇華させた、ネオFM音源Nemesis。

Tone2らしい明るい音。各種シンセ機能や、ユニゾンが強力です。

Tone2 Nemesis

discoDSP Phantom

YAMAHA TX81Z、DX21、DX27、DX100などにピンと来た方にオススメ。

4オペレーターFM音源です。上記のFM音源群のような現代の音楽シーンにも適用したものではなく、古き良き時代を再現するタイプですね。

discoDSP Phantom

【PR】4オペレータFM音源シンセサイザー、discoDSP「Phantom」レビュー3度のメシよりFM音源が好き! 近年、シンセサイザー界隈では各社からFM音源シンセサイザーがリリースされ、FM音源攻略の本まで発売...

Inphonik RYM2612

メガドライブに搭載されていたFM音源チップ、YM2612のFM音源部のみをエミュレートしています。

VGMファイルから音色を取り込んだりもできる神機能も搭載。当時のゲーム音楽ファンは垂涎モノでしょう。

Inphonik RYM2612

メガドライブのFM音源部をエミュレートしたRYM2612レビュー昨日紹介したChipsynth MDはメガドライブを丸ごとエミュレートしたソフトシンセですが、今回紹介するINPHONIK RYM261...

Plogue Chipsynth MD

こちらはYM2612を丸ごとエミュレートした音源です。なので正確には「FM音源+α」ということになりますね。

RYM2612同様、VGMファイルから音色を読み込むことが可能。

Plogue Chipsynth MD

メガドライブ音源 Plogue Chipsynth MDレビューメガドライブ音源で音楽を作りたい!あのゲームのあの音色を使ってみたい! そんな夢を叶えてくれるのがChpisynth MDです。Chi...

フリー(無料)部門

フリーで使えるFM音源ソフトシンセも紹介しておきます。

Digital Suburban Dexed

DX7を忠実にエミュレートしたフリーソフト。色合いも初代DX7を意識した作りになっています。音も初代DX7のDAC(12bit)の泥臭さが出てるようにも感じます。

見た目から難解そうな雰囲気が伝わってきますが、FM音源分からない人はちょっと難しいかもしれません。

それにしても、こんなのが無料で良いのか?というクオリティです。

Digital Suburban Dexed

DX7を忠実に再現したフリーソフトDEXEDレビュー【FM音源】YAMAHA reface DXで復活を果たした本家FM音源が勢いを増してきてます。最新のフラッグシップMONTAGEでは最新のFM-X...

VOPM

当ブログでも何度も紹介している、YM2151をエミュレートしたソフトシンセVOPM。X68000、80年代のゲーム音楽好きはマスト。

VOPM

FM音源の名機YM2151をエミュレートしたVOPMレビューここ数日FM音源のソフトウェアを紹介していたら、レジェンドであるVOPMについて書きたくなったので書きます。(※2013年4月17日の記...

さいごに

こうやって改めてまとめると、現代は各社から様々なFM音源がリリースされ、かなり豊かな時代なんだと改めて実感しました。

アナログシンセメインでFM音源の機能を搭載しているシンセなども含めるとなると、ここでは紹介しきれないほど数はあります。それほどにここ30数年で一般化した音源方式なんだなぁと。

FM音源の開祖である、YAMAHAからもMontageをはじめハードウェアにFM音源をフィーチャーしたしたものも多数あります。

これからもFM音源の進化に期待したいですね。FM音源に興味が湧いたら是非触ってみてください。音作り楽しいですよ。

ではでは。

実機でやるならreface DXがお手軽です。

YAMAHA reface DX

おまけ

FL Studioに含まれる非常にシンプルなFM音源DX10。

FM音源の仕組みオペレーターの概念(キャリアとモジュレーターの関係)を理解するのにオススメです。機会があれば是非。音も良いです。

個別での販売は無く、FL Studio Fruity Edition以上に含まれます。

スポンサーリンク