音源

あのアーティストが最も好きなシンセサイザー

スポンサーリンク
   

あのサウンドはどうやって出しているのだろう…

リスペクトしているアーティストが好きなシンセサイザーって気になりますよね。

ってなわけで、個人的に知っている範囲でご紹介したいと思います。

プロの方はPRで使用する場合もあると思うので「大人の事情」ではないであろうという部分に限定してのご紹介です。

坂本龍一氏

非常に有名な話ですが、教授はProphet-5 REV.2を長らく使用しており、最も好きなシンセサイザーであると公言しています。

いちばん気に入っているか……。いまだに「プロフェット5」かな。いまは最近のキーボードを使ってますけど、あれはいわゆるシンセサイザーとはちがっている気がして、最近のはプリセットでたくさんの音が入っていて、一から音をつくっていくもんじゃないんです。シンセサイザーは音をつくっていくものなので、そのなかではプロフェット5がいちばん使いやすい。

出典:坂本龍一|第19回 「テクノ」について言いきる

YMOの頃から一貫して使い続けているのでProphet=教授というイメージすらあります。

Asyncでも存分にProphetサウンドを堪能することができますよ。

BEHRINGER PRO-1
Prophet-5の最強ソフトシンセ、u-he Repro-5レビューmoogと並んでアナログシンセサイザーの代名詞とも言える名機Prophet-5。 YMOなどが使用したことで有名で、坂本龍一氏(教授)...

BT(Brian Wayne Transeau)氏

出典:musicradar

Synth Wizard(シンセサイザーの魔法使い)の異名をとる、エレクトロミュージックのパイオニア、BTのお気に入りは、Roland Jupiter-8。

Prophet-5と答えている記事もあるので、そのいずれかであろうと予想されます。Jupiter-8とProphet-5の配置からみても間違いなかろうかと思われ。

なお、はじめに買ったシンセはRoland Juno-106だそうです。

BTはプラグインもプロデュースしており、代表的なのはiZotopeのStutter EditやBreak Tweakerですね。

現在激安セール中⇨8種類のプラグインをバンドルした、iZotope「Music Maker’s Bundle」(通常127,600円)が96%OFFで、4,900円!

Arturia Jup-8VレビューやっぱJupiterでしょ! Rolandアナログシンセサイザーのアイコン的存在ともいえるJupiter-8は、今もなおJupiter...

小室哲哉氏

小室さんもたくさんシンセを使っているので特定が難しいのですが、おそらくRoland Fantom-Gではなかろうかと思います。常に使ってるイメージ。

そのほか候補があるとしたら、VirusやNord Lead 3も可能性としてはあります。

知ってる人教えてくださいw

小室さん元気かのう…。

ROLAND FANTOM-6
小室哲哉氏「ドラムをステップで打ち込むなんてありえない」 小室さんお元気なんだろうか…。 「小室さんは電子音楽というより、ロックの人だ」というようなツイートを見かけて思い出した小室さんはド...

さいごに

アーティストの才能とお気に入りのシンセが掛け合わさって生み出される作品の魅力というのは何者にも変えがたい魅力がありますね。

機材を知り、ストーリーを知ると捉え方も変わってくるので楽しみ方として2度3度美味しくなります。

ではでは。

【DTM考察】シンセの知識が深まればシンセがもっと面白くなるって話手持ちのシンセやエフェクターに「惚れ直した」事はありますか? 最初に触った時には魅力に気付かず、数年後に「え、こんなに良かったっけ?」...