12345-1
いやぁめっちゃGUI良いですねー。好きですこういう質感。

プラグインは、GUIが良いってだけで買ってしまうパターンは往々にしてあると思います。ぼくもそんな見た目に騙されやすい一人。不思議とGUI良いのに音ショボイってのはあんまり無い気がします。(プラシーボ?)

一方で、Roland CloudのAnthologyシリーズはGUIが一部界隈(Rolandの熱烈なファン)に不評で買わない(サブスクしない)って人もいます。

というわけで「GUIと音は比例する」ってことはないのですが、プラグインにとってGUIは生命線なのは間違いないです。音さえ良ければ全て良し!ってものではありません。 「気分の問題」では済まないくらい重要なので、デベロッパー各位には是非とも頑張って頂きたくご期待申し上げます。

ってなわけで、GUIだけじゃなく音も良い、TG12345をレビューします。単品販売もしてますが、Abbey Road Collectionにもバンドルされてます。




TG12345とは
Fig_1_An_original_TG12345_console
出典:ASK・AUDIO
Vinylに搭載されているTG12410の前モデルです。1960年代後半EMIが最初に製造した初代コンソール。ピンク・フロイドの「狂気」の収録にも使用されました。あとはビートルズのアビイ・ロード。


TG12345の全モデルを再現可能

TG12345-a
60年代サウンド再現するならとりあえずコレ挿しとけってな感じですね。

EQ、COMP、LIMITERなどに加えて、ディストーションやノイズで独特の歪みによるビンテージサウンドに仕上げてくれるチャンネルストリップです。プラグインらしくMSモード切り替えなどもついてます。

アナライザで検証
Waves NLSの検証と同じ方法で行いました。Sytrusを使用してサイン波を鳴らし、Pro-Q2で波形を見ます。これが素の波形です。

とりあえずTG12345を挿しただけのデフォの状態でこんな感じ。
挿しただけでも結構倍音が出てますね。

で、同じTG12345ってことで、先日検証したNLSのTG12345モデルと比べてみました。

Waves NLS MIKE(TG12345)
こちらは挿してからDRIVEを+6した状態です。倍音の出方が少し似てます。

負荷は結構高め
基本マスター・バスに挿して使うものだと思いますが、負荷は高めです。トラックに挿しまくるとキツいですね。

デモ
IMG_3362
なんか光の映り込みのせいで風呂場で撮った写真みたいになってしまった・・・。

プリセットがバリエーションに富んでて良い感じなので、いくつか鳴らしてみました。

結構派手に音作りしているものもあります。マスターに挿して使うにはそんなに濃い味付けはしないと思いますが、バスなどで使うと良いかもです。

①BYPASS(No Effect)
②Drums Bus
③Drums Lite
④OverHeads Cream
⑤Drums OverHeads
⑥Fine Young Snare
⑦Drums Room Mics

クリップしないようにアウトプットを調整してます。リミッターは挿してません。

かなり多様な音作りが可能です。⑥や⑦は少々極端な感じですが、狙ってやるなら面白そう。個人的には⑤がめちゃ力強いサウンドで好きですね。音の方向性としては、明るくクリーンながらも、独特の質感。想像していたよりも古臭いサウンドではないなと。

Abbey Road Studioごっこやってみた

やり方が正しいかどうかはわかりませんが、Abbey Road Studioごっこやってみました。何となくこんなかんじやろってことで・・・。

トラックにNLS Channel、マスターにTG12345→NLS BUSS→J37(順番あってる?)を立ち上げてます。

まずはただ挿しただけの状態で倍音はこんな感じ。
キレイな倍音が出ました。J37を指す前はローがこんもり出ていたのですが、J37を挿すことで良い感じに抑えられています。EQ処理の必要がないってことですよね。

ってことで、音を聴いてみましょう。

①BYPASS(No Effect)
②とりあえず挿しただけ
③NLS Channel(DRIVE+2)
 →マスタートラックにてTG12345(Drum Bus1)
 →NLS BUSS(DRIVE+2)
 →J37(Abbey Road Defalt)

うーんイイですね!挿しただけのモノは、BYPASSに比べて少々おとなしくなっただけに感じますが、しっかり音作りした③は流石に良いなwしっかりしたドラムトラックになったように思います。

空気感が出て、迫力が増してますね。ハイもいやらしくない持ち上がり方してる。

確かにアビイ・ロードっぽいと言われればそうかもしれない。あまりビートルズを聴き込んでいるわけではないのでアレですが、音の方向性は近いものがあるように感じます。

ってか、ドラムはBFD3なんですが、音質の良さが一役買ってます。BFDはホント良いなとつくづく感じます。生々しく、音圧があり、エフェクトの効きも良い。

さいごに
60年代のコンソールってことで、もっと古っぽいサウンドになるのかなと想像していましたが、思いのほか明るく迫力のあるサウンドですね。ロック、ファンクなどに合いそうな音ですが、ドラムサウンドはもちろん、アナログシンセなどにも相性が良さそうに感じました。

ビートルズファンもそうでない方も、好きな人はたまらなく好きな質感ではないかなと思います。

気分はアビイ・ロード スタジオです。

ではでは。











↓DTM・シンセサイザーに関するセールや新製品ニュースを発信中↓
cooltext241916419656511 (1)
【関連記事】
SlateDigital FG-Xの使い方を間違っていたので検証してみた : SynthSonic
Synth AnthologyⅡは総合音源ハードシンセサウンドの集大成だ【JD-800ピアノ収録】 : SynthSonic
大きな成果は小さな成果の積み重ねである【1日ひとつだけ、強くなる。】梅原大吾著を読んだ : SynthSonic