機材

Logicool M575レビュー

スポンサーリンク
   

10年ぶりの刷新!

親指トラックボールの最右翼である、M570の後継モデルM575がリリースされました。

DTMerに人気なトラックボールといえば、ケンジントンですが、次いで人気なのがM570シリーズなのかな?感覚値ですが。

ってなわけで、M570との比較を主体に書いていこうかと思います。

Logicool M575

大人気トラックボールである、Logicool Mシリーズが10年ぶりに刷新されました。

カラバリも用意され選ぶ楽しみが嬉しい。

個人的に大好きなトラックボールなので、勢い余って全色注文。

パッと見た感じ大きな変更はないように見えますが、全体的なデザインの変更やBluetooth対応、レーザーからオプティカルになるなど、めちゃくちゃ変わっています。

デザインは少々高級感があって見た目的には良い感じに。

手のひらがフィットする部分の凹凸は非常にフィット感があって気持ちいいです。

M570との比較

ファーストインパクトとしては、M570→MX ERGOに変えた時ほどの違いは感じられません。

Logicool MX ERGO(MXTB1s) レビュー筋緊張20%軽減とか最高かよ。 本格派トラックボールといえば、ケンジントンのExpartMouseや、Slimblade Trackb...

上でも書いた手のひらが触れる部分の凹凸と材質のせいもあるのか、実際に触れた感じも見た目もM570よりも冷たくない。

クリック感やホイールのタッチはM575の方がしっかりしており、小気味良い推し心地で、M570と比較してプラスチッキー感が少なく僅かに高級感あります。

ただ、570の軽いカチカチ感もサクサク操作出来る部分が長所だと思っているので、どちらが良いということではなく好みなのかなと。

画像で見てもわかるとおり、M570よりもやや傾きがあります。

この角度に慣れていけるかどうかがキモなので、しばらく使ってみたいと思います。

高さはほぼ変わらないのと、30分くらい使ってみた感じでは違和感が少ないので馴染める気はする。

かなり変化しているので、これに慣れていけるのかが問題ですが、公式サイトからM570が消えているのでディスコンの可能性ありますね。

今のうちに買っておいた方が良いかも。

トラックボールは、やっぱりLogicool M570が好きトラックボールはMIDIコン。 DTMerにとってマウス/トラックボールやPCキーボードは立派な機材の一部なので、いかに自分に会うもの...

さいごに

トラックボールは楽曲制作の大切な一部なので自分に合うものに出会えるかどうかがとても大切だと思ってます。

マウスで疲労感がヒドイという方は一度トラックボールを試してみてください。

ではでは。

FILCO Majestouch2レビューDTMerにとって、MIDIキーボードと同じくらい大切なのがPCキーボード。 安価な製品でコスパが良くて素晴らしいものもたくさんあるの...