機材

【DTM用PC】Sycom Silent-Master負荷テスト①

スポンサーリンク
   

先日ブログにも書きましたが、ほぼ10年ぶりほどのDTM用PCとして「Sycom Silent-Master」を導入しました。

めちゃくちゃ静かなことは記事にしたとおりですが、インストールも少し落ち着いたので、いくつかの面から、数回に分けて性能の検証をしていきたいと思います。

第1回は重たいソフトシンセについての検証です。前のPCからどれくらい負荷が下がったのかを比較します。

スペックなど、DTM用PCを購入検討の方は参考にしてください。

Sycom Silent-Master DTM PCとしての実力検証

入れ替え前のPC(旧)

  • Windows 10 64bit(Intel Core i7-8700 3.2GHz 6コア)
  • メモリ 32GB

入れ替え後のPC(新)

  • Windows 10 64bit(AMD Ryzen 9 3900X 3.8GHz 12コア)
  • メモリ 64GB

u-he Diva

旧PC

  • マルチコアOFF
  • マルチコアON

新PC

  • マルチコアOFF
  • マルチコアON

マルチコアON/OFFともに、だいたい半分の負荷になってますね。これで気軽にDivaが使える…w

u-he Diva レビュー濃厚なアナログシンセの筆頭格。 Divaは、70~80年代の実機を再現したバーチャルアナログソフトシンセとして、圧倒的な実力を誇るシン...

u-he Bazille

最恐負荷のBazilleも比較してみます。

旧PC

デフォのノコギリ波を4音鳴らした状態。

新PC

3分の2くらいになっています。

u-he Bazilleは音も良いけどCPU負荷も最凶ここ数日シンセサイザーのCPU負荷計測をしていました。最も負荷が軽いのはSylenth1、Falconという結果がでましたね(あくまで当...

※オーディオインターフェイスはRME UCXを使用しており、バッファーサイズは[256 sample]です。もう少し大きくすると更に負荷が減らせます。

RME Fireface UCX レビューオーディオインターフェイス、RME Fireface UCXをレビューします。 ここ数年Roland Octa-Captureを使用し...

さいごに

さすがに最新のPC、スペックも上がってるので当然ですが、それぞれの負荷が軽くなり現実的に使用できるようになりました。

かなり重い部類のシンセサイザーでこの状態なので、負荷の軽いSylenth1などは100台同時使用余裕かもですね。

今後は、エフェクターや数多くのトラック再生の検証も進めていきたいと考えています。

ではでは。

BTOパソコンのサイコム

DTMerが使用しているオーディオインターフェイスランキング20202020年1月17日~1月24日にかけて「いつも使用している、今最も欲しい(モニタースピーカー・ヘッドフォン・オーディオインターフェイス...
Native Instruments「Komplete Kontrol M32」レビューミニ鍵盤キーボードでも鍵盤タッチは妥協したくない!そんなワガママなDTMer各位のためのMIDIキーボードが遂に登場。 Kompl...