pexels-photo-258291
2018年3月13日~3月22日までの期間で、いつも使っている「DTM用機材」アンケート調査を行いました。

ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

頂いた貴重なご意見をもとに、いつも使っている機材「オーディオインターフェイス」「モニタースピーカー」「モニターヘッドフォン」「マスターキーボード」についてのランキング形式でまとめてみたいと思います。

前回までの結果はこちらです。

いつも使っているオーディオインターフェイスランキング【SynthSonic調べ】
いつも使っているモニタースピーカーランキング【SynthSonic調べ】
いつも使ってるヘッドフォンランキング【SynthSonic調べ】

今回は「マスターキーボード」部門です。

スピーカーのランキングもそうだったんですが、日本の住宅事情による影響も気になるところ。88鍵置きたいけどデスクが狭いので置けないという方も多いと思います。

あとは音源搭載のものをマスター鍵盤として採用するのかどうかも好みやスタイルが分かれるところですよね。

キーボード部門には631票を投票頂きました。あまりにも票が割れすぎてカオスだったのでシリーズでまとめさせて頂きました。それぞれの票数は記してありますのでご参照を。

それでは発表です。


1位 KORG MicroKeyシリーズ 58票
_SL1500_
王者は国産省スペースミニ鍵盤キーボード、KORG MicroKeyシリーズでした。狭いデスクでも使えるし、モバイルでも使っている人も多そうなモデルですね。
鍵盤奏者というより、とりあえずMIDIキーボードもあった方が良いという方々のファーストチョイス。

しかも付属ソフトがすごい。10,000円以下でこれだけついてくるのでどちらがオマケかわかりませんw
microkey
DAWもついてくるので、とりあえずMicroKeyを買えば音楽制作がスタートできます。

圧倒的に多かったのは37鍵でした。ワイヤレスのAirも票入ってますね。

●内訳●
無記入(11票)25鍵(6票)37鍵(17票)49鍵(2票)61鍵(6票)Air(2票)Air37鍵(3票)
Air49鍵(1票)2-37鍵(2票)2-49鍵(3票)2-61鍵(3票)2Air-25鍵盤(1票)2Air-37鍵(1票)

Amazonで価格をチェック⇒KORG USB MIDI キーボード microKEY2-37 マイクロキー2 37鍵

RockoNで価格をチェック⇒KORG microKEY2-37

2位 Native Instruments Komplete Kontrolシリーズ 49票
Komplete
2位はプロにも圧倒的人気を誇るNative InstrumentsのKomplete Kontrolシリーズが選ばれました。

ここ数年で、スタジオのマスターキボードが総入れ替えされたといっても良いくらいプロからアマまでこぞって導入されている人気モデルです。
Kompleteシリーズとの連携はもちろん、NKS規格はメーカーの垣根を超え広く浸透し現在も拡大を続けています。

まさしくハードシンセのようにプラグインを扱えることが最大のアドバンテージです。

そういったハードとソフトを一体にする技術・規格に加えて、素晴らしいタッチの鍵盤、堅牢なボディ、デスク上を圧迫しない薄型の設計も人気の秘密です。

KOMPLETE KONTROL S25 ざっくりレビュー【Native Instruments】

キラキラ光るイルミネーションもただ光るのではなく、Kontaktのキースイッチカラーと連動していますので、作業効率も大幅アップです。

今後WavesやSoftubeなどのエフェクターも、NKS上で使用できるようになるので今後も業界の中心に居座っていくMIDIキーボード代表と言ってしまえるキーボードです。

●内訳●
61鍵(21)49鍵(9)88鍵(7)49鍵mk(2)61鍵mkⅡ(5)無記入(1)mk2(4)

Amazonで価格をチェック⇒Native Instruments S-シリーズキーボード KOMPLETE KONTROL S61 MK2

RockoNで価格をチェック⇒KOMPLETE KONTROL S61 MK2 ★ピアノ音源&エクスプレッションペダルプレゼント!

3位 Roland Aシリーズ 45票
media_production_personal_gal
省スペースで、鍵盤タッチが良いキーボードと言えばA-49です。

A-49にはブラック・ホワイトの2色が用意されています。A-88はブラックのみ。

Integra-7との相性もバッチリですよ。
【Roland A-49レビュー】SuperNATURALには対応キーボードが必要か?

付属DAWソフトはAbleton Live Liteです。

●内訳●
A-49(41)A-88(4)※ちなみにPC-50は8票、A-500は4票

Amazonで価格をチェック⇒Roland ローランド MIDIキーボードコントローラー A-49-BK ブラック 49鍵

RockoNで価格をチェック⇒ROLAND A-49-BK

4位 M-Audio KeyStationシリーズ 35票
KS49_angle_media_8x10

こちらも人気のM-AudioのKeyStationシリーズがランクイン。88鍵でもリーズナブルなのが人気の要因のひとつではないでしょうか。

付属音源も魅力的で、ピアノ音源「Sonivox Eighty Eight Ensemble」、総合音源「Air Xpand!2」、DAW「Ableton Live Lite」がついてきます。
●内訳●
49鍵(14)、61鍵(11)、88鍵(10)、61鍵es(3)

Amazonで価格をチェック⇒M-Audio USB MIDIキーボード 49鍵 ピアノ音源ソフト付属 Keystation 49

RockoNで価格をチェック⇒M-AUDIO Keystation 49

5位 IK Multimedia iRigKeysシリーズ 19票
product_60139
こちらも省スペースで、USB電源なのでモバイルにも大活躍なモデルです。

6.5GBのライブラリを擁するSampleTank3 SEが付属します。
sampletank3_SE_main_image_Stage_EP_1

その他にも「SampleTank FREE iOS」と「iGrand Piano FREE」も付属されるのも嬉しいですね。

●内訳●
25(1)37(7)37Pro(3)I/O25(1)I/O49(3)mini(1)key(2)pro(1)

Amazonで価格をチェック⇒IK Multimedia iRig KEYS 37 モバイルUSBキーボード【国内正規品】

RockoNで価格をチェック⇒IK Multimedia iRig Keys 37(USBモデル)

6位 YAMAHA MOTIFシリーズ 17票
motifここにきてようやく音源搭載のキーボードがランクインです。

MOXシリーズではなくMOTIFシリーズなんですね。MOTIFをPC前に鎮座させている方は、バリバリのキーボード奏者の方が多いイメージです。

XS以降であればVSTエディターも使用できるので、音源のひとつとしても扱えるのもポイントです。

ただ奥行きが結構あるのでデスクに置けない環境の人も多そうです。

●内訳●
MOTIF6(2)MOTIF7(1)ES7(2)ES8(2)XS(1)XS7(1)XS8(1)XF(2)XF6(3)
XF7(2)

Amazonで価格をチェック⇒YAMAHA ミュージックシンセサイザー MOTIF XF6

RockoNで価格をチェック⇒YAMAHA MOTIF XF6

7位 Roland PROシリーズ 16票


a-800pro_angle_gal


Aシリーズに加えてPROシリーズもランクイン。ツマミやスライダーが欲しいって方が選択するモデルですね。コスパも良いと思います。

Rolandは鍵盤のタッチが好きという人も多い気が。ぼくも好きです。

モジュレーションレバーは好みが別れるところですね。

Aシリーズと同じくDAWソフト、Ableton Live Liteが付属。

●内訳●
800PRO(8)500PRO(5)300PRO(3)

Amazonで価格をチェック⇒Roland ローランド MIDIキーボードコントローラー A-800PRO-R 61鍵

RockoNで価格をチェック⇒Roland A-800 Pro

8位 Nektar Impact LXシリーズ 13票
impact-lx49-lx61-image-3


Nektar DAWインテグレーションが各種DAWに対応しており、ツマミやスライダーなどセッティング要らずで使用できるのが嬉しいです。
impact-lx49-lx61-image-5

インストゥルメントプリセットボタンを押すと、プラグインの操作が自動設定され、ツマミやスライダーなどが割り当てられます。どれほど親和性があるかはプラグインにもよるかもですが、ハードから操作したい人には嬉しいですね。
付属ソフトは、50種類以上のインストゥルメント・エフェクトを搭載するDAW「Bitwig 8-Track」、UVI「Digital Synsation」です。

ちなみにぼくは現在同社のGX61を使用してます。
コンパクトな61鍵オススメMIDIキーボード、Nektar Technology「IMPACT GX61」レビュー

●内訳●
25(1)49(5)61(2)88(5)

Amazonで価格をチェック⇒Nektar Technology IMPACT LX49+ USB MIDIキーボードコントローラー【国内正規品】

RockoNで価格をチェック⇒ NEKTAR IMPACT LX49+

9位 Novation Launchkeyシリーズ 9票
Launchkey-main_0
Novationといえば、SLシリーズやImpulseなどがありますが最も票を獲得したのは、リーズナブルなLaunchkeyでした。

ベロシティに応じて16色変化するドラムパッドが特徴的です。

Loopmastersの1GBのサンプルパック、DAWソフトAbleton Live Liteが付属します。

●内訳●
61(5)25(1)mk2(1)49(1)無記入(1)


Amazonで価格をチェック⇒Novation Launchkey 61 USB Keyboard Controller for Ableton Live 61-Note MK2 Version [並行輸入品]

RockoNで価格をチェック⇒Novation LAUNCHKEY 61 MKII

10位 Alesis Qシリーズ 8票
q49_lg
AlesisのQシリーズがランクイン。

シンプルで、省スペース、丸みのあるデザインが特徴です。

付属ソフトは総合音源Xpand!2、Ableton Live Liteです。


●内訳●
49鍵(7)88鍵(1)

Amazonで価格をチェック⇒Alesis USB MIDIキーボード 49鍵 Ableton Live Lite付属 Q49

サウンドハウスで価格をチェック⇒ALESIS ( アレシス ) / Q49

10位 Arturia KeyLABシリーズ 8票
sujpa200001t8vl4
ヴィンテージシンセをプラグインで現代に蘇らせたパイオニア的存在のArturiaのキーボードがランクイン。

付属ソフトにAnalog LABがついてくるのは強力ですね。これまだ旧モデルが販売されているのですが、Analog LABのバージョンは最新のものにアップグレードできるんでしょうかね?

ぼくもAnalog LAB61は使ったことあるんですが、キーボードが少し浅かったような記憶があります。これは好みがわかれるでしょうね。見た目はカッコイイです。サイドウッド(木では無い)がイカしてます。

特に黒はシブくて好きです。
416ZPNidi+L
Arturiaのシンセを多用する方は迷わずコレですよね。

●内訳●
KeyLAB 49(3)KeyLAB 49(5) ※ちなみにThe Laboratory(1)The Laboratory61(1)key lab essential(1)

Amazonで価格をチェック⇒ARTURIA KeyLab 49 BLACK EDITION ハイブリッドシンセサイザー Analog Lab 同梱 キーボード パッド フィジカル

RockoNで価格をチェック⇒ArturiaKEYLAB 49 ★ラスト1台特価!

さいごに
いかがでしょうか。

1位はミニ鍵盤のKORGでした。デスクが狭い、それともとりあえずの入力機器があればという感じで選択しているのでしょうか。

スポンサーリンク







↓DTM・シンセサイザーに関するセールや新製品ニュースを発信中↓
cooltext241916419656511 (1)

【関連記事】

最強のバーチャルアナログ u-he Diva レビュー : SynthSonic

今までたくさんのソフトシンセを買ってきましたが、とうとう最高のシンセに出会いました。 Divaは70~80年代の実機を再現したバーチャルアナログソフトシンセとしては現時点で最強と断言できます。 CPU負荷も最凶ですwたった一音色を和音で弾いただけでメーター振り切りそうになる音色もあり、ハラハラしますwしかし、今のところDAW巻き込んで落ちたことはありません。 ...


【DTM考察】シンセの知識が深まればシンセがもっと面白くなるって話 : SynthSonic

DTMerのみなさん、セール楽しんでますか?ブラックフライデーは終わってしまいましたが、黒金って何よ?ってくらいサイバーマンデーが熱かったり、まだまだ勢いは止まらないですね。ちなみに正月明けくらいまではセール色々熱いですから、まだ弾に余裕がある方はチェックし


Sequential Circuits Pro-Oneを完全再現したu-he Repro-1レビュー : SynthSonic

u-heを超えるのはu-he。 個人的にプラグインシンセのアナログ部門では、u-he Divaが揺るぎない最強のシンセでした。 しかし、Divaを超えるバーチャルアナログシンセがリリースされました。それが今回レビューするRepro-1です。 モノシ