01
Arturiaといえば、V Collectionなイメージが強いですよね。

単品で買っても良いんだけど、やっぱりVコレの方がお得だしなぁ、でも高いしどうしよう?って方多いと思われます。

そんな方にオススメしたいのが「Analog Lab」。

音を作り込む以外は、Vコレとほぼ同等の実力を持っており、価格はシンセ1本分という圧倒的にコスパが良い優れモノ。そこまで拘りが無いのであれば「Analog Lab」で充分です。

ってなわけで今回は、イマイチ注目されていない気がする「Analog Lab」を強くオススメしていく回と致します。


ArturiaAnalog Lab 3



「Analog Lab」とは
lab3
・V Collection 6に含まれる21種類の音源に搭載されているシンセエンジンをすべて使用可能
・プリセット数は6,500音以上
・Analog Lab内で、2種類のシンセをレイヤー可能
・価格はV Collectionと比較してかなり安価

「Vコレ」オーナーでも各シンセを立ち上げるより「Analog Lab」をメインに使用していく方が効率が良いと思います。

「V Collection 6」との違い
02
そもそも「Analog Lab」はV Collectionに含まれるので、違いというのも変な話ですが使い勝手が異なります。

いずれも6,500音色を使用できますが、Vコレオーナー(というか個別のプラグインオーナー)はAnalog Labから各シンセのエディット画面を呼び出し、突っ込んだ音作りが可能です。かゆいとこまで手が届く感じ。

Analog Lab単品しか持っていない人は、各シンセのエディット画面にいけないのでLab内でのエディットに限られる、と。

異なる2機種をレイヤー可能
音色カテゴリから「Multi」を選択するとレイヤーされたプリセットが使用できます。

もちろん、オリジナル音色もササっと作れます。Piano Vの物理モデルアコースティックピアノと、DX7 VのFM音源エレピのレイヤーとか数秒で完成。
piano dx
なので「プリセット重視」の方やプリセットを「ちょっと加工するだけで良い」方はAnalog Labで十分です。むしろV Collectionはオーバースペックでしょう。

マルチ音源に近い
03
シンセの音色はもちろん、物理モデルのピアノやFM音源、オルガン、高品質なクラビにフェアライトのオケヒまで使えるわけですから、ある種マルチ音源といっても良いでしょう。

Vコレ5でエンジンを刷新し音も良くなってます。

個人的にはDX7 Vがおすすめで、FM音源ファンであればこれだけは持っておけと言っておきます。ぼくの中では、最高峰のFM音源プラグインとして君臨してます。

YAMAHA DX7を完璧にエミュレートしたFM音源シンセサイザープラグイン、Arturia「DX7 V」レビュー

物理モデルピアノ音源、Arturia「Piano V2」レビュー


あとはクラビが凄い。マジで凄い。気持ち良過ぎな音。

「Analog Lab」はKeyLabを購入すると無料です
img_3720-728x403
これ意外と知らない人多いかもしれませんが、ArturiaのMIDIキーボード「KeyLab」を購入すると「Analog Lab」は無料でもらえます。

49鍵盤ですと20,000円切ってますので、どう考えてもお買い得なんです。ちなみに他にもソフトついてくるのでMIDIキーボード購入をご検討中の方は候補に入れても良いのではないでしょうか。

多機能でコスパ良いMIDIキーボード、Arturia KeyLAB Essential 49/61が発売!6,500音色以上のシンセ音源、ピアノ音源、DAWソフトが付属!

さいごに
いかがでしょうか。

ってなわけで、徹底的に音作りに拘る方以外は「Analog Lab」で充分なことがおわかりいただけたかと思います。

まとめです。

「Analog Lab」を買うべき人
・音作りよりも曲作りを優先したい
・目的の音が出れば機種に拘らない
・選択肢を増やしたくない
・予算を抑えたい

「V Collection」を買うべき人
・プリセットの音で満足できない
・音作りは徹底的に拘りたい
・機種別の能力を把握している
・金に糸目は付けない
・3度のメシよりシンセが好き

え、ぼくですか?そりゃもちろんVコレに決まってるじゃないすか。ぼくと同類の頭がアレなシンセオタクの方(失礼)はVコレ買うしかない運命です。

なぜなら、そういうタイプはずっと後悔し続けるので精神衛生上コスパ悪いのですw

【DTM考察】一度欲しくなったものは買うまで消化できないって話

過去記事の紹介にうまく繋げたところで本日のシンセ談義を終了します。

ではでは。


3月末までV Collection 6の発売記念価格で、19,800円→13,800円となっています。


ArturiaAnalog Lab 3



スポンサーリンク







↓DTM・シンセサイザーに関するセールや新製品ニュースを発信中↓
cooltext241916419656511 (1)

【関連記事】

【Arturia V Collection 5】17種類のシンセを内包しシリーズ史上最大変化したバンドル : SynthSonic

ArturiaからV Collection5が発表されました。 今回の進化はハンパないです。追加音源にシンクラヴィアが入ったのも嬉しいのですが、とにかく変わりました。 ざざっと情報をまとめてみました。 ※2018年1月22日追記。現行はV-Collection 6になっています。 ARTURIA


IK Multimedia Syntronikレビュー【ヴィンテージシンセ38機種をバンドルしたハイブリッド音源】 : SynthSonic

2017年7月20日にIK Multimediaより、ハイブリッドシンセサイザー音源Syntronikがリリースされました。 シンセ好きなぼくは考える余地もなく、予約して速攻でダウンロードですよw 正直、IKさんからシンセサイザーバンドルが出るなんて予想もしていなかったので驚きま


51種類のヴィンテージシンセ、111種類のドラムマシンを忠実に再現するモンスターバンドル、UVI「Vintage Vault 2」レビュー : SynthSonic

ヴィンテージシンセバンドルの最高峰、UVI Vintage Vault 2がリリースされました。初代バンドルに新作のシンセを複数追加し、完全にプラグイン界屈指のモンスター級音源と化しとります。これさえ買っとけば、シンセにおいてはだいたいのことは事足りますwもちろん量だけでは