Vengeance-Soundから、次世代EDMシンセサイザーのAvengerがリリースされました。

EDMサウンドに定評のある、Vengeance渾身の最新シンセサイザーということもあって、ぼくもそうですが、楽しみにしてたDTMerの方もたくさんいたようで、twitterでも話題になってますね。

早速導入してみたので、ざっくりレビューしたいと思います。

今のところ僕の中では「EDM系最高峰のシンセサイザー」に君臨しそうです。ってか最高w


EDM系シンセサイザーでは最高峰の音
VengeanceはPhalanxをフラッグシップシンセとしていましたが、Avengerは「The Mother of Synth」とのこと。

音はさすが最新のシンセサイザーだけあって文句なしに良いです。アナログの温かみとかそういうものではなく、デジタルに突き抜けてるけど、冷たさを感じさせない力強い音。プリセットは900以上入ってます。 

アナログの最強がDivaなら、デジタルの最強はAvengerって感じ。(Repro-1はモノだから色んな意味で別格w

ダイナミクスがあり、ローからハイまで苦しむことなくキレイにでます。みずみずしい音で聴いていて心地良い。クリアで太くて立体的で、おまけに音圧まであります。

ソフトシンセも完全に新時代に突入したなという感じ。ハードシンセとも戦える音じゃないでしょうか。

EDM向けのシンセサイザーですが、偏った個性的な音ばかりでもないので、EDM意外のポップスやゲーム音楽にも使えると思います。プリセットには汎用性が高そうなFM音源のベル音や、エレピ音色も入ってました。

膨大な波形を搭載するOSC

多機能過ぎるシンセですが、オシレーターだけでも少し紹介します。

●バーチャルアナログ・・・基本波形搭載
●オシレーターシェイプ・・・各種波形を様々な方法で加工した波形
●フリーフォーム・・・波形を自由に描くことができる
●ウェーブテーブル・・・600以上のウェーブテーブル
●ウェーブテーブルエディタ・・・ウェーブテーブルを加工し新しいウェーブテーブルを生成
●マルチサンプル・・・ピアノ、オルガン、シンセ、リアル音源、コーラスなど1,000以上のサンプル
●ドラムキット・・・160種類以上のドラムサンプル

波形を選択するウインドウはこんな感じ。
osc一覧
ギッチリですw

もうオシレーターだけで十分なくらい音作り可能なのがわかりますよね。これらの音をすべて波形として使えるなんて凄すぎ。ってか波形の時点で音太い。

この膨大なバリエーションから音をチョイスして更に音を作り込めます。


SuperSaw専用機「V-Saw」搭載
vsaw
SuperSaw、UltraSaw、HyperSawと各メーカーがノコギリ波を重ねたEDM音色に様々な名前をつけてますが、Vengeanceの「V」をとったのでしょうかね。

最大7つの波形をカンタンな操作でデチューンして左右に広げられます。7つってことはRoland SuperSawと同じですね。もちろんSawだけではなく、他の基本波形も7本をデチューンできるので、SuperSquareや、SuperSineなども可能。

面白いのはピアノなどの、サンプル波形も同じように加工できること。これは良いですね、かなり面白い効果が出せます。

Voicing
chorder
V-Sawに加えて、Voicingでも最大4音を重ねられます。オクターブ、ピッチ、パン、ボリュームの調整が可能。

V-SawとVoicingは同時に使用できるので(更にサブオシレーターも使用可能)、1OSCだけでかなり太い音が作れます。

最大8OSC
1OSCでもとんでもなく太い音が出るんですが、最大8OSC使用可能なので8倍です。 

現実的にそんな太い音を作る必要はないと思いますが、限界まで音作りはできそうです。もうお腹いっぱいw

サンプルの質が良いので、レイヤーさせたときの決まる感がハンパないです。想像以上の音が出てくるイメージ。

もちろんFMやAM加工もできるので、倍音マシマシな音も直感的に作れます。フィルターも47種類あり、もう出せない音は無いんじゃないかというレベルです。

とても1回では説明できそうにないので、更に詳しいスペック知りたい方→公式

公式デモ

エフェクト
ArtsAcostic製のエフェクトが30種類以上搭載されています。

リバーブなどは、EDMサウンドにマッチングした、サラっとスッキリな音。元の音が良いからエフェクトのノリも良いのかな。

デジタルサウンドにはこういうスッキリ感のあるエフェクトが合いますね。

最高峰の使用感で音作りがカンタン
音が良いEDMシンセサイザーの代表格と言えばNexus2ですが、Avengerのアドバンテージは圧倒的な音作りの深さにあります。

先述したように、真ん中にあるこのオシレーターエリアだけで、かなり音作りができますが、膨大な種類のフィルターや、自由自在なモジュレーションマトリクスにより、シンセサイザーの機能において、できないことはないのではないでしょうか。

音をここまで究極に追い込めるのは凄いです。しかも直感的というw

とにかくカンタンに操作できるので、テンションが落ちないんですよね。見た目もグラフィカルで良いです。どうなっているのかがわかりやすい。

感覚で触っていても、使える音が出来上がるので体で覚えていけるシンセです。

アルペジエーター・ドラムシーケンサー搭載





これ1台でいけるやんけ!って思ってしまうほどしっかりしたドラムサンプラー・シーケンサーが搭載されてます。

しかもマウス、トラックボールでも直感操作で音作りが出来るので時間を忘れますw

アルペジエーターは8機同時使用可能。もはやシーケンサー内蔵ソフトシンセと言ってしまいたいくらい。Avengerのみで一曲できちゃいます。冗談抜きでw

初心者にも優しい最高峰のわかりやすさ
Avengerはとにかく考えられています。後発の強みを活かしに活かして使いやすさを追求して、突き抜けてます。

OSCで作った音色は、フィルターやエフェクターなどを通ってアウトプットに向かいますが、ルート一覧を右クリックすると、エディットの場所をガイドしてくれるんですよ。これは親切!



わかりづらいシンセといえばSynthMasterですね。好きなシンセですが、とにかくわかりづらい。このガイド機能つけたら絶対良いと思う。

いくら音が良くても直感的に操作できなければ良さが半減してしまうシンセサイザーですが、Avengerはそれを完全に解決してくれました。

ぼくは本当にこの部分を賞賛したい。全てのプラグイン、というよりもDAWにもこういう機能を実装すべき。

シンセサイザーが苦手な方や、初心者にこそオススメしたい素晴らしい機能です。

ってか、シンセマニアだってわかりやすい方が良いですよね。別にわかりにくいのが好きってわけではありませんから。

負荷は高め。一応、許容範囲レベル
ぼくの環境です。

OS・・・windows7 64bit 
CPU ・・・Intel Corei7 3.2G 
メモリ・・・32GB 

cpu

負荷はもっと凄いことになるかと思いましたが、待機中はこんなもんです。重たいプラグイン代表のRepro-1Divaと一緒にたちあげてみました。ってかRepro-1どんだけCPU食うんだw

Avengerは、音色にもよりますがポリで弾くと30%くらいいくときありますが、平均20%強というところです。重たいプラグインの部類になります。

エフェクターを切ったり、リリースを短くして、発音数を下げれば消費は少なくなりますね。

ただし、安定感はさすがVengeanceって感じで、ノイズが出たり挙動がおかしいってことは今のところありません。

拡張音源も豊富にリリースされると予想


MassiveやSylenth1などのサンプルパックを多数扱っているVengeanceなので、Avenger用も豊富にリリースされるのは想像に容易いです。

Avengerはマルチサンプルも使用出来るため、幅広く拡張されていくことを期待しています。サードパーティの参入もあるでしょうし、楽しみです。

上に貼ってあるSoundCloudもそうですが、現在はプロパーで3種類のエクスパンションパック(各$70)がリリースされています。いずれもEDMに特化したものです。それにしても高音質w

Vengeance Sound

何より触っていて楽しい
とにかく触ってて楽しいので、時間を忘れて触り続けてしまいますw

これは、音、操作性、GUIなど全てが高次元で融合されているからこそ味わえる領域です。

こういう気持ちになれるシンセもなかなかないですよw

音も良いし、直感的なので行き詰まることがあまりないです。その分クリエイティブになれるシンセってことで、生産性も高いといえると思います。

さいごに
完全にベタ褒めしてしまいましたが、EDM系シンセ購入を検討されている方、自信を持ってオススメします。価格は少々高いものの、価値はあります。

少し価格は高いですが、十分に元はとれるシンセです。これほど万人にオススメできるシンセもないかもしれませんね。

最大のウリは後発なシンセという強みを最大限に活かして研究に研究を重ねたであろう、GUIです。使いやすい、わかりやすいというのが素晴らしい。

間違いなくこれからのスタンダードのひとつになっていくことと断言してしまいましょうw

しつこいようですが、使いやすさが神ってる(今年2回目)ので、これからEDMを作ってみたいって方もAvenger買って作り方勉強するのが最短ルートかもしれません。

Avengerの登場でいくつかのシンセが2軍落ちしてしまうんじゃないでしょうか。ライバルとなるのはXfer Serumか?

他のデベロッパーもAvengerのような「わかりやすい」シンセサイザーをリリースするきっかけになるかもですね。もっともっと良い製品が出るためにデベロッパーには頑張ってもらいたいw

ではでは。



こちらも合わせて読んでみてください⇒EDMシンセはどれを選べば良いのか比較してみた


Vengeance Sound
スポンサーリンク







↓DTM・シンセサイザーに関するセールや新製品ニュースを発信中↓
cooltext241916419656511 (1)
【関連記事】

好きなシンセサイザーランキング2016【SynthSonic調べ】 : SynthSonic
【Arturia V Collection 5】17種類のシンセを内包しシリーズ史上最大変化したバンドル : SynthSonic
【DTM考察】シンセの知識が深まればシンセがもっと面白くなるって話 : SynthSonic