音源

W.A. Production ImPerfectレビュー

スポンサーリンク
   

ImPerfectと聞くと、どうしても完璧超人ネプチューンマンを連想してしまう、ゆにばすです。

お買い得なサンプルパックを多数リリースしているW.A. Productionのシンセサイザー、ImPerfectをレビューします。

PluginBoutiqueにて、7種類の拡張音源がついてくるバンドルが格安になっていたので、購入してみました。

ImPerfect

5種類のオシレーター(バーチャルアナログ2基、サンプラー1基、サブオシレーター1基、ノイズ1基)を搭載したシンセサイザーです。

音に関しては、極端に悪くもなく、これと言った特徴も無いので、まぁこんなもんかな、という感じ。

シンプルな構成なため、シンセに慣れた人はマニュアル不要。

ただし、プリセットブラウザは非常に使いにくいです。

加えてサンプラー波形を読み込む際も、毎回フォルダを見に行って選択する形式なので、手間がかかり過ぎる。

全体的に古い設計なので、ここはアップデートして欲しい部分ですね。

最大の特徴、3種類のモジュレーションスライダー

ImPerfectの最大の特徴であろう、Wacky、Cracky、Shaky、3つのスライダーをコントロールすることでシンプルながらなかなか面白い音作りが楽しめます。

  • Wacky・・・3つのエフェクト(フェイザー/コーラス/ディレイ)の量を増やし、トーンをドリフトとディレイの空間に押し込む
  • Cracky・・・サチュレーション・レベルを上げてハーモニクスを導入し、信号を汚す
  • Shaky・・・低レベルでの微妙なデチューンから、さらに強く押し込むとピッチモジュレーションに至るまで、トーンをモジュレーション

モジュレーション量によってGUIの色が変化する遊び心も。

細かに音作りをするというよりも、それぞれのスライダー量を直感で決めて、偶発的なサウンドを享受する使い方が良いかもしれません。

CPU負荷

負荷は低いですね。4音鳴らして概ねこれくらいです。

計測環境は以下のとおり。

  • OS ・・・Windows10 64bit
  • CPU ・・・AMD Ryzen 9 3900X [3.8GHz/12Core] 
  • メモリ・・・64GB [DDR4-3200 16GB×4]
  • DAW・・・Cubase Pro 11
  • バッファーサイズ・・・512samples
  • サンプリングレート・・・44.1kHz
  • ビット解像度・・・24bit
  • オーディオインターフェイス:RME FireFace UCX

さいごに

過度な期待は禁物ですが、頻繁にセールをやっているので興味のある方はセール時にどうぞ。

ではでは。

W.A. Production ImPerfect & Expansions Bundle

W.A Production Babylonレビューシンプルかんたん1画面! シンセサイザーの中には、複数のウインドウ・メニューを使用して複雑化したものも多いですよね。 そんな複雑なシ...