エフェクター

sonible smart:reverbレビュー

スポンサーリンク
   

リバーブもAIに任せる時代。

リバーブコントロールは単純に響かせれば良いというわけではありません。

空間コントロールは、非常に繊細な調整が必要で、一朝一夕には極めることができない領域。

リバーブ上手に操ることができれば、楽器の質感もガラッと変わるし、楽曲のクオリティ向上は間違いない。

smart:reverbは、リバーブが苦手という方、素早く空間コントロールを行いたいという時間のない方、何れにも戦力となってくれるであろう素晴らしいツールなのです。

smart:reverb

smart:reverbは、音響心理学の原理と豊富なミキシング経験に基づいて設計されたA.I.ベースのリバーブプラグイン。

特徴は次のとおり。

  • 数秒で楽器に応じた最適なリバーブ調整が完了
  • 自然でやわらかい音質
  • 視認性が良く使い方カンタン
  • 自動調整した後に詳細なコントロールも可能
  • 負荷が軽い

入力信号に応じた最適なリバーブを導き出す

他のプラグインに見られる膨大なプリセットや、IRなどは一切ありません。

入力ソースに応じた、素材に合わせた最適なリバーブを解析して適応します。

AIの解析は優秀で、コレジャナイ感になることは無いですね。

キックなど低域が強いソースはボワつかないように低域のリバーブ成分を少なめにしたり、高域が強く出ているソースは、響き過ぎてうるさくならないように高域のリバーブ成分を少なめにする、などそんな感じで上手くコントロールしてくれます。

少なくとも自分でやるよりめちゃ上手い…と思ってしまった。

直感的なインターフェイス

上段の、Particle Displayでは、リバーブの構造と現在適用されているリバーブのアクティビティが周波数帯域ごとに表示されます。

横軸が時間、縦軸が周波数帯となっており、何がどうなっているのか一目瞭然ですよね。

意図しない不要な残響成分なども把握しやすく、手早くカットできたりするので非常に良いです。

下段のTemporal Shaperでは、3つの時間的変化のコントロールが可能です。

  • Decay リバーブ成分の減衰/増加
  • Spread リバーブ成分のステレオ感
  • Density リバーブ成分の密度

折れ線グラフをドラッグしてコントロール可能なので、聴感上で確認しつつ直感的に操作できます。細かい数値が無い分、ざっくりしていて分かりやすい。

音質について

個人的には、sonibleらしいなと感じる音質で、少々柔らかいです。よく言えばジェントルな雰囲気で、悪く言えば少々ぼやけた感じがしますが、非常にナチュラルな響きです。

アコースティックにもシンセにも合いそうな汎用性の高い質感。

クリエイティブな音作りも可能

自然で汎用性に特化した機能だけではありません。

リバーブテールをキャプチャして鳴らし続ける[Freeze]や、無限大の残響を生成する[Infinite]なども搭載しています。

CPU負荷

負荷は軽めですね。

  • Windows 10 64bit(AMD Ryzen 9 3900X 3.8GHz 12コア)
  • メモリ 64GB
  • オーディオインターフェイス:RME UCX

バッファーサイズは512samples、サンプリングレートは44.1kHzです。

さいごに

sonibleのエフェクターは品質も良いのですが、敷居を下げてくれますね。

このソースにはAIがどうやってリバーブをかけているのかを見るだけでもかなり勉強になるし、音作りのスタート地点に立てるのではないでしょうか。

リバーブが良く分からないという人は是非使ってみてください。

もちろん時短目的にも大きな力を発揮します。

忙しい方にもオススメです。

sonible smart:reverb

Sonible「smart:comp」レビュー【人工知能搭載コンプレッサー】やっぱ「AI」でしょ! 令和の時代に未来を語るには「AI」が欠かせませんよね。我らがDTM業界、とりわけプラグイン界隈でも例外なくその...