エフェクター

PULSAR Smasherレビュー

スポンサーリンク
   

漢なら全部押し。

コンプレッサーの名機、1176のRATIO全部押し「ブリティッシュモード」の状態をエミュレートしたPULSAR製コンプレッサープラグイン、Smasherをレビューします。

1176使うなら全部押しだろ?と言わんばかりのユニークなコンセプトですが、品質はさすがのPULSAR、非常に良い感じです。

PULSAR Smasher

ブリティッシュモード(RATIO全部押し)とは

一般的に、1176をモデリングしたコンプには、4つの圧縮比率[RATIO](20、16、8、4)が搭載されていますが、Smasherはスイッチの搭載はナシで、全部押しがデフォとなっています。

要は歪み成分が増し、音に迫力が出るので、ロックなどに好まれて使用された定番設定ですね。

使い方はシンプル

AttackやRelease非搭載のため、INPUTとOUTPUT、そしてMIX量を調整するだけの非常にシンプルな操作性となっています。

実機や他の1176エミュには搭載されていない、MIXがあるのが嬉しい。

全部押しですから、味付けが濃いコンプレッサーの分類に入ります。これくらいシンプルな方が、より使いやすく面白みが増す気がします。

参考音源

ドラムにかけてみました。前半がDryで後半がWetです。

設定はこんな感じです。分かりやすく強め。

音がググっと前にきて、迫力が出ますね。ダイナミクスも良い具合で圧縮されていて滑らかです。

負荷について

負荷は全く気にしなくて良いレベルです。メーターもほぼ動きません。軽い。

オーバーサンプリング8倍でこのくらい。

オーバーサンプリングを使用するとより滑らかにはなりますが、無しでも問題ないかなというキャラクターですね。

Windows64bit(Core i7 3.2G)、メモリ32GB環境での計測です。

さいごに

ドラムバスなど、味付けしつつ、音を馴らしたい時に重宝しそうです。

2020年3月11日までは無償配布となっており、その後は$49にて販売予定です。

PULSAR Smasher

Pulsar Muレビュー【Manrey MU エミュレート】コンプって難しい!だけど挿すだけで気持ち良くしてくれるコンプが大好きなゆにばすです。 マスタリングで使用するコンプレッサーに高い品質が...