エフェクター

手軽にアウトボードの質感が得られるプラグイン、Kush Audio「OMEGA Transformer Model 458A」レビュー

スポンサーリンク
   

Kush Audioの製品はプロの間でも評価が高く、GUIも良いため前々から気になっていました。

全プラグインが使用できるサブスクリプションもあるのですが、とりあえずはどれかひとつ使用してみたいと考えていたんですよね。

で、セールでOMEGAシリーズが2,000円ほどになっていたので導入した次第です。

twitter界隈では、アウトボードを通したような音になると評判のプラグインです。アウトボードは持っていない、憧れだけは強く持っているぼくがレビューしたいと思います。

「OMEGA Transformer Model 458A」とは

a458

Altec社のプリアンプ、458Aをモデリングしたものです。

Kush Audio「OMEGAシリーズ」の第三弾としてリリースされたもので、3種の中では最も後発の最新機種となります。

※他にAPIのモデリング「OMEGA A」、NEVEのモデリング「OMEGA N」があります。

458Aの実機はコレ。

TubePres Altec 458A 1 lg

どうやって使うのコレ・・・w

目的としては、アウトボードの質感を加える、色付けに使用するといった感じですかね。

操作はいたってシンプルです。

・INTENSITY・・・オーバードライブの量を調整

・PHASE・・・位相を反転させる

・-20dB・・・入力ゲインを下げる

他にはINPUT、OUTPUTの量、オーバーサンプリングのON/OFFがあります。

音について

肝心の音です。

「INTENSITY」を回すとサチュレーションが強くなっていきます。

やり過ぎると歪みますのでソースにもよりますが、概ね10時の方向(デフォは12時の方向)くらいが程よいかなと感じました。

いつものようにAddictive Drums2に挿してみます。前半はDRY、後半が458Aを通した音です。

めっちゃイイ!!

抜けが良くなりつつも、暖かみが出ますね。手持ちのプラグインで同じ音になるかどうか実験しましたが、少なくとも手持ちのプラグインでは同じ音になりませんでしたw

デジタルのサチュレーターって、抜けが良くなって細くなったり、わざとらしい低音が負荷されたりするのですが、458Aはいたって自然。

ってか、458Aの音を聴いてしまうと、他のプラグインの音がわざとらしく、デジタルな音に感じるようになってしまったw

抜けの良さと、暖かみってトレードオフなイメージありますが、双方を実現するプラグインは珍しいのではないでしょうか。

ソースは何でも合うのではないでしょうかね。ちょっと曇ったかんじのシンセも艶が出て抜けが良くなりました。

アウトボードと同じかどうかはわかりませんが、一度外に出したようなサウンドに変化します。うっすらかければマスターにもバッチリでしょう。

Pro-Q2で見てみるとこんな感じ。500Hzの最も大きい波形がサイン波の原音です。

proq2

80Hz以下がこんもりとカーブを描いてます。これがミソなのかなぁ。

負荷について

負荷は軽いです。Studio Oneのパフォーマンスモニターで計測したところ、CPU使用率2~4%でした。

オーバーサンプリングをOFFにすると0~1%です。

トラックに挿しまくっても大丈夫でしょう。起動も早いし、安定感も問題ありません。

当方環境です。

OS・・・windows10 64bit    

CPU ・・・Intel Corei7 3.2G    

メモリ・・・32GB   

さいごに

いかがでしょうか。

Kushの噂は聞いていたので、使ってみたかったんですよね。もっと早く買っておけば良かったです。

アウトボード持ってないぼくが言うのもなんですが、アナログアウトボード使ってみたいなーって方は、とりあえずOMEGAシリーズ試してみてはいかがでしょうか。API、NEVE、Altecと選べます。

ってか他の2つも欲しくなってしまった・・・w

操作が簡単なのも良いですね。

良い音、カンタン、低価格、3拍子揃ってる買いのプラグインです。

ではでは。

Kush Audio



って、なんというタイミングでサンレコ最新号がアウトボード特集やります。やばい。

ちなみにサンレコはKindle読み放題プランでちょい遅れだけど全部読めます。

Kindle Unlimited

スポンサーリンク