エフェクター

テープエミュレータープラグイン3種 比較レビュー

スポンサーリンク
   

キレイすぎるデジタル臭い音に温かみを加えたい…。

ITBで音作りをしていると、このような考えに至った方結構多いのではないでしょうか。

ってなわけで、今回はテープエミュプラグイン3種をデモ音源付きで比較してみたいと思います。

  • Waves Kramer Master Tape
  • Waves Abbey Road J37 Tape
  • Slate Digital Virtual Tape Machine

テープエミュプラグインと一口に言っても効果やキャラクターが異なるので聴き比べてみてください。

※この記事は2016年7月30日に投稿されたものに、加筆修正したものです。

デテープエミュレータープラグイン3種 比較

とりあえずはノーエフェクトのモノをお聴きください。

今回はマスターに挿しただけのざっくりしたデモですが、本来は各トラックにも挿して、少しずつ効果を重ねていく方がよりアナログ感が出ると思います。

Waves Kramer Master Tape

全体的に柔らかいサウンドになりますね。

温かみを出すというよりも、カドが取れて丸みが出るイメージで、小気味よいサウンド。

ちょっとでもかけ過ぎるとデジデジな歪みが出ます。

キャラがわかりやすいように少々効きを強くしています。

WAVES Kramer Master Tape

Waves Abbey Road J37 Tape

Kramer Tapeと比較すると、こちらの方がパンチがあって温かみもありますね。

少々腰が座って、重心が下る感じ。

アナログ感はJ37の方がより感じられます。

WAVES J37 Tape

Slate Digital Virtual Tape Machine (VTM)

挿しただけで何もしてないですが、ガッツが出る感じがすごいですね。

テープエミュの効果というより、ドッシリしたサウンドになる感じ。

これに慣れると、使わないと物足りなくなってしまいそうな感じもあるので、使い分けというか、使い過ぎ注意ですね。

SlateDigital VTM

さいごに

今回はざっくりキャラをわかって頂ければと思います。

紹介したデモはほんの一例ですので、突っ込んで音作りを行えば各プラグインの実力はまだまだ引き出せるかなと。

トラック毎に使用してエコーかけたり、ディストーションっぽく歪ませたり、コンプの様に使ったり、音作りの幅は広いです。

ちなみにVTMのアナログ感を増し増しにしたい場合はVCCを組み合わせると更にまとまりが出て、アナログ感が増します。

SlateDigital VCC

ではでは。

テープ・レコード・真空管の温かみを付加する、Initial Audio「Analog Pro」レビュー「お前らテープ回してないやろな?」 はい、というわけで今回はテープマシンエミュレーション、及び様々なアナログサチュレーションを負荷して...
Baby Audio Super VHSレビュー「それ、S-VHSだろ!」ってツッコミはなしでお願いします() Super VHSは、VHSビデオテープの質感を再現するプラグインです...
Audio Thing REELSレビュー民生用機器という部分がキモ。 Audio Thingのテープエミュレーター、REELSをレビューします。 ハイエンドなオープンリール...
Softube TAPEレビュー音良し!軽い!・・・最強? 質と使いやすさを兼ね備えたテープエミュレータープラグイン、TAPEをご紹介です。 流石はSoftubeク...
Black Rooster Audio Magnetiteレビュー高品質エフェクトを多数リリースしているBlack Rooster Audioのテープマシンエミュレーター、Magnetiteをレビューし...