音源

IK Multimedia SampleTank 3 レビュー【こんな人にオススメ】

スポンサーリンク
   

マルチ音源代表の一角、IK MultimediaのSampleTank3です。

4,000音色33ギガというモンスター級サンプル音源。

昨年のアプグレセールで10,000円くらいで買いました。

詳しいレビューは色んな方が書かれてるので、ぼくなりに違った角度からレビューします。

※現在はSampleTank 4がリリースされています。

IK Multimedia SampleTank 4 | beatcloud

SampleTank2やSonikSynth2を見やすいUIで

ぼくが買った最大の理由はコレです。

先代のST2やSSはさすがに古いこともあって、インターフェイスが見づらい。

音は使いやすく良い音がいくつかあるので、まだまだ戦力なんですけどUIのせいで使わないこともありました。そこでUIが刷新されれば、使う頻度も高くなるし、新しい音色にも興味あるしと、一石二鳥な気分でアプグレしました。

ちなみにピアノはとても音良いんですけど、めちゃ重いです。ピアノ音色を1つ読んだだけでコレ。1ギガ超えてます。



インターフェイス比較

SampleTank2XL

同じ音色を読んだところ

SonikSynth2

同じ音色読むとこんな感じ

黒基調なので目にも優しいですね。

エディットもしやすいです。直感で触ってもなんとなくわかります。

アコースティック音色が秀逸

ピアノ、エレピ、オルガン、ヴァイオリン、ストリングス、アコギ、エスニック系などはよい感じです。他社のマルチ音源と比較しても負けてないです。前に出てくる感じはありませんが、艶っぽさがあります。

さすがに2.5XLと比較すると圧倒的に良くなってますw

HALionの明るさと対象的な、柔らかく艶のある音色。ここらへんは好みが分かれそうです。 楽曲に馴染みやすいのはSampleTankかなと思います。

アコースティック音色はもうST3だけでバッチリ。即戦力の音が揃ってて、なじみやすく使いやすいので、ついつい立ち上げちゃうことでしょう。

IK Multimedia 名古屋支部代表のyuuki-Tさんのコメント

マルチ音源に何を求めるか?ってことなんだけど、主役的に使いたいのなら専用音源を使うべきなんだろうなぁと。このSampleTank 3 はあくまでその補完という位置付けにピッタリな気がします。あと、言葉では言いづらい部分なんだけど、「普通」だからこその使いやすさっていうのもあると思うよ。

 



IK Multimedia SampleTank 3 をちょっと触ってみた感想 – どん底からの音楽生活





うん、良くも悪くも普通だと思う。DAW付属音源以上、専用音源以下といったところ。 

シンセ系音色

シンセ系は個人的にイマイチです。

Roland Jupiter-8のストリングスの音は悪く無いですが、他はちょっと中途半端な質感です。 サンプルの種類が少ないのか、音の傾向が似てるんですよね。違いがあまり感じられないです。

FM音色なんかも厳しいですね。

エディットでなんとかなるのかもしれませんが、プリセットのままだと「使いたい」って音はあまり無かったです。

シンセの音目的でST3買う人はいないかもですが、アコースティック系がめっちゃ良いだけに期待してしまったのかもしれない、もうちょっと頑張ってほしかった。

拡張音源に期待します!!

※2017年7月23日追記

SampkleTank3でも使用できる、シンセサイザーバンドルが発売されました。

IK Multimedia Syntronikレビュー【ヴィンテージシンセ38機種をバンドルしたハイブリッド音源】

クワイア系音色

グラフィックがユニークですね。

ってか、グラフィックはおいといて、こちらも中途半端な質感です。

似たり寄ったりの音で、リアルでもなければPCMハードシンセのような嘘くさいけど使える音とかでもない。

予算が無かった・・・のかな?とも思ってしまった。 これも拡張音源に期待したい!

さいごに

全体的にはリアルな音色だけど、浮きまくるほどリアル過ぎない、楽曲ともなじむ使いやすい音源だと思います。

しかし、クオリティの偏りがあって、シンセとクワイア系はイマイチだと思うので、そこを割り切れる方にはオススメです。

なんだかdisってる感じになってますが、総合的には買ってよかったと思います。アコースティック系のリアル音色は相当使えますので、その部分だけで損はしません。ここが最大のポイント。割り切って買うといいのかなと。

ST2.5、SS2、その他旧ライブラリユーザーはインターフェイスとして買うのもアリです。新しいエンジンで音作り出来ますからね。内蔵エフェクターもさすがのIKさんですから、質が高いです。

あとはまだ試していませんが、エキパンがどれだけ可能性を広げてくれるかにかかってますね。今後の発展に期待します!

ではではー。

※現在はSampleTank 4がリリースされています。

IK Multimedia SampleTank 4 | beatcloud

スポンサーリンク