前回はINTEGRA-7のバーチャルアナログについて書きましたが、今回はその中のウェーブテーブルについて書いていきます。

SuperNATURALにはウェーブテーブルに450もの波形がサンプリングされているので、多彩な音作りが可能です。

実際に作ってみました。


ウェーブテーブルの音色群
作った音色を聴く前に、ウェーブテーブルにはどんな音があるのかをざっくり紹介。

ノコギリ波だけでも、Jupiter-8、Moog、Prophet-5、GR-300、JD-800などが入ってます。

シンクリードは数種類、ストリングスにディストーションギター、クワイア、ボイス、オケヒ。更にはパーカッション系もあるのでホント幅広いというか、一通りPCMの音色が揃っている感じです。

XV-5080部の波形と比べると、1音でも「使える音」という印象ですね。音が太いというか、出来上がっててしっかりしてます。

「PCM音源部よりもリッチな音をオシレーターにぶっ込んで、SuperNATURALのバーチャルアナログ部で音作り」ってのがコンセプトなのかなと感じます。

オリジナル音色作ってみた

DX7風のエレクトリックピアノとFM音源っぽいシンセブラスを作ってみました。

あんまり追い込んではないですが、雰囲気は出てると思います。




波形を3つ重ねてちょっと調整した程度ですが、サンプリングの質が良いのでしっかりFMっぽい感じ出てますよね。追い込めばもっと音作りは出来ると思います。

INTEGRA-7で鳴らすFM音源っぽい音もオツなものです。

さいごに
いかがでしょうか。簡単な音作りですが、INTEGRA-7の音作りの幅の広さが少しは伝わったかと思います。

もっと追い込めば似せられるでしょう。まだまだINTEGRA-7懐は深いのです。

最大のウリはハードシンセの音質の恩恵です。特にRolandのシンセの特徴である音色のレイヤー時の気持ち良さ、手を加えなくてもバッチリ決まってしまうところ。

その違いは和音で弾く場合にも顕著です。特に高音での和音に息苦しさがありません。しなやかで、抜けが良いのに、わざとらしさがなく、うるさいと感じる事がありません。

ソフトはソフト、ハードはハードで良さがありますよね。

ではでは。









スポンサーリンク








【関連記事】

INTEGRA-7はバーチャルアナログシンセを搭載している : SynthSonic

90年代を彩った Roland エキパン音色【SR-JV80シリーズ カタログ】 : SynthSonic

Roland GAIA SH-01 レビュー【シンセサイザー初心者 入門機にオススメ】 : SynthSonic