u-heが現在開発中のRePro。シーケンシャル・サーキットのpro-oneをエミュレートしたバーチャルアナログモノシンセです。

リリースは2016年中ということですが、ベータ版が現在無料配布中で、5つのフィルターについてアンケートを集計してます。

肝心の音ですが、さすがはu-heといったところ。実機に迫るという評判をあちこちで見かけます。例によってCPU負荷も高いわけですが、実際従来のProphetエミュシンセとどう違うのかカンタンに検証してみました。

※2016年12月15日追記
Repro-1リリースにつき書きました⇒記事


オシレーター比較

ArturiaのPrpphet-Vと素の波形を比較してみました。Prophet-VはPro-Oneのエミュではありませんが、中身はPro-Oneが5台搭載されているシンセなので同じと考えて良いでしょう。


それぞれのノコギリ波をVoxengo SPAN Plusで重ねて比較してみます。色が変わっている部分が違いです。
緑色がReProです。DivaはArturia mini(moog)で比較したのですが、高域はmini(moog)の方が出てました。今回はReproの方が高域が出るという興味深い結果に。

フィルター比較

Prophetと言えば、なんといってもキレの良いフィルターです。

効果がわかりやすいようにレゾナンス全開で、カットオフを調整。効きの度合いが違いすぎるので、波形が同じ位置にくるよう調整してます。

ReProのフィルターは恐ろしいほどキレが良くて、現存のソフトシンセで最強クラス。耳が痛いくらい発振します。

フィルターにもキャラの違いが出ていて、高域に特に違いがあります。カットオフの位置は次の通りです。
※下段のエンベロープはそれぞれ無視してください。

RePro


Prophet-V


ReProはカットオフにまだまだ余裕がありますね。効き具合も良いですし、何度も言いますが本当にキレがスゴイ!

さいごに
Divaも良かったですが、ReProも良いですね。波形の粒立ちが良くて、フィルターもハンパないので、またまた色んなシンセを駆逐することになるのかもしれないw

Arturiaは抜けがイマイチだったんですが、ReProはハイが出てるだけあって更にソレっぽいです。

ただ、一番気になるのは、リリースされるときもPro-Oneのエミュレートでモノのままなのかってこと。やっぱProphet-5のエミュレートとして出して欲しい!CPU負荷極悪でもイイから!(良くない

期待しましょうw

※2016年12月15日追記
Repro-1リリースにつき書きました⇒記事


RePro-Alpha | KVR Audio Forum



おまけ

ソフトシンセ紹介のハズが実機の凄さを見せつけられる伝説の放送事故動画。


スポンサーリンク








【関連記事】

最強のバーチャルアナログ u-he Diva レビュー : SynthSonic

Oberheim OB-8・OB-X・OB-Xaをエミュレートしたフリーソフト【OBXDレビュー】 : SynthSonic

【DTM考察】シンセが増えると作る曲の数が減るのか? : SynthSonic