エフェクター

Sonible「smart:comp」レビュー【人工知能搭載コンプレッサー】

スポンサーリンク
   

やっぱ「AI」でしょ!

令和の時代に未来を語るには「AI」が欠かせませんよね。我らがDTM業界、とりわけプラグイン界隈でも例外なくその波が押し寄せているのは聡明な読者の方々はご存知でしょう。

そんな「AI」を活用して、難しいコンプレッサーをやっつけてしまおうってのがインテリジェンスプラグインの雄、Sonibleがリリースした「smart:comp」です。

自動学習EQのイメージが強いSonibleですが、培った技術を活かしてのコンプレッサーエリアに殴り込み。そんな「smart:comp」の特徴は次のとおりです。

  • 数秒でコンプレッション最適化完了
  • クリアで抜けの良い音質
  • 視認性が良く使い方カンタン
  • 自動コンプだけでなく詳細設定も可能
  • トラック向け
  • 負荷軽い

さすがは最新のAIコンプだけあって、とてもいい感じの仕上がりです。それでは詳細をレビューしていきます。

人工知能搭載コンプレッサーsmart:comp

smart:EQでお馴染み、Sonible社独自のAI技術による自動コンプレッサーです。

2,000以上の帯域に渡り入力信号を継続的に分析。音の不均衡を動的にするインテリジェントな超高解像度マルチバンドコンプレッサーのように機能します。

スペクトルコンプレッションとは、トラックに可能な限り最高の定義と最大の透明度を与えることです。

要は「トラックに挿してワンクリックで良い感じに仕上げるコンプ」です(雑

数秒で最適化されたコンプレッションを実現

9種類のプロファイルから素材に合うものを選択して、録音ボタンを押すと数秒で最適なコンプレッションを提案してくれるんですよ。めちゃ早いですw

今回はドラムトラックに使用するので「drums」を選択しました。

前半部分がドライ。後半部分が「drums」でAI処理したものです。

音の芯を失わず、クリアに迫力が出て抜けが良くなってますね。パラメーターは以下の通りに変化しています。画像でも見ていきましょう。

処理前

処理後

プロファイルの選択肢を見ればわかりますが、トラック向けコンプですよね。

音の傾向はクリア。調整次第でマスタリング/バストラックでも使えないことはない、と思いますが、少なくとも自動コンプはトラック向けかと思います。

その他機能

コンプレッサーとしての詳細設定ももちろん可能です。AtackやReleaseを視覚的に微調整できます。

コンプレッションする帯域をフォーカスすることが可能。ヘッドフォンアイコンをクリックするとフォーカスした帯域のみを聴くことができるのも良いですね。

下段のSpectralはコンプレッサーの圧縮が強ければ強いほど色濃く出ます。

負荷

負荷は非常に軽いです。

録音している間は少々上がりますが、それでも重い部類ではありません。環境を選ばず使用出来るので非力な環境の方も安心かと。

AIプラグインの中には非常に重たいものもある中、これは大きなアドバンテージではないでしょうか。

さいごに

まだまだ試していないことがたくさんあるので突っ込んだ評価はできないですが、AIの精度や使い勝手などクオリティはまさに次世代プラグインと言えます。

あと見逃せないのが、普通のコンプレッサーとしてもとても優秀ってところ。

最後に、コンプレッサーよくわからん、って人はマストバイ。

ではでは。

現在イントロプライスで最大50%OFFです⇨人工知能を用いて驚異的なスピード・精度でコンプレッションを行うコンプレッサー、Sonible「smart:comp」リリース!

Sonible smart:comp

 

スポンサーリンク