音源

PluginBoutique Carbon Electraレビュー

スポンサーリンク
   

通常価格5,000円だし、とりあえずもらっとこ。

2020年1月末までPluginBoutiqueで買い物をすると無償提供されるシンセサイザー、Carbon Electraをご紹介。

ちょいちょいセールになってるので一応知ってる、GUIだけは見たことあるって人も多いと思いますが、PluginBoutiqueオリジナルのシンセサイザーですね。

タダで配るんだから使えないんじゃ…?と思ってる人は機会損失ですぜ。

Carbon Electra

音自体はしっかりしていて、高級感こそないものの安っぽさもありません。

質感はEDM向けで、アナログ感は少ないですが、それほどソリッドでもない。

4OSC仕様ということもあって、主役を張れるリード、腰のあるベースサウンドは簡単に作れます。

また、FMも強力かつ破綻しない程度に変調してくれる設計なので、オシレーター1つでもエッジの効いた音作りが可能。

ちなみに、立ち上げた最初の音色が矩形波なんですが、これがコナミのバブルシステムを思い起こさせる音で80年代ゲーム世代は好きになるかも。

800種類以上のプリセットに加えて、V1.5のアップデートでは150種類のアーティストプリセットが追加されています。

欲を言えばプリセットマネージャーを搭載してくれると更に快適になるのかなと。

ここは次回アップデートに向けて強くお願いしたいところです。

CPU負荷

音色によってかなりバラつきがあります。

4音鳴らした状態で低いものだとこれくらいですが、

高いものだとこれくらいです。

計測環境は以下のとおり。

  • OS ・・・Windows10 64bit
  • CPU ・・・AMD Ryzen 9 3900X [3.8GHz/12Core] 
  • メモリ・・・64GB [DDR4-3200 16GB×4]
  • DAW・・・Cubase Pro 11
  • バッファーサイズ・・・512samples
  • サンプリングレート・・・44.1kHz

さいごに

普通に使えるシンセなので、プリセットも約1,000種類あるし引き出し増やす感覚でもらっておくのが良いのかなと。

主力のシンセを持っている人は特に不要かもですが、DAW付属のものしか使ってないという人は楽しめる、というよりも戦力増えるはずです。

ではでは。

Plugin Boutique