音源

シンセ初心者も安心!音作りを学べるシンセサイザー、Audible Genius「Syntorial」レビュー

スポンサーリンク
   

シンセサイザーって楽しいですよねー・・・え?難しい?オシレーター何それ美味しいの?

そんなシンセ迷子たちの救世主とも言えるソフトウェアAudible Genius「Syntorial」をご紹介です。セールになっていたので興味本位で買ってみたんですが、これがほんと面白いw

シンセが全くわからない、って方からシンセ中級者くらいまでにはスクールに通うつもりで是非試してみて欲しいです。

ざっくりですが、レビューしてみたいと思います。

 

Syntrialとは

Syntorialは、バークリー音楽大学出身の音楽家Joe Hanleyにより制作されました。彼はキーボード奏者であり、音楽プロデューサーでもあります。

彼自身の音楽活動の中で、プリセットをブラウズすることに膨大な時間がかかっていたことと、シンセサイズを学ぶという苦闘を助けるソフトが他に無かったために、自身で制作することにしたとのこと。

ノコギリ波(SAW)と矩形波(Square)すらわからない・・・っていう方からもしっかり学べるのがSyntorial。解説は全て英語となっていますが、音作りを学ぶ分には特に支障ないと思います。

スタンドアロンで動作し、MIDIキーボードはあるに超したことはないですが、無くても問題ありません。

使い方ざっくり解説

とっつきにくい方もいるかと思いますので、簡単に使い方を書いておきます。

hey

スタート画面。199種類のレッスンが用意されていて、進めていくと真ん中のバーに色がついていきます。進捗状況が一目瞭然です。

001

まず初めにデモンストレーション動画(英語)が流れます。動画は早送り、巻き戻し可能。飛ばしたい場合は右上の「CHALLNGE」を押すと課題に進めます。

hidden01

「HIDDEN PATCH」(課題音色)ではパラメーターが隠されていますので「MY PATCH」と交互に切り替えつつ音を確認して寄せていきます。ループで音が鳴っている状態なので、音色制作に集中できるのも良いですね。

最初の問題はオシレーターのみを使った「この音はノコギリ波?パルス波?」という超初心者向けの問題です。でも、こういうところから学びたい!って人もいるのではないでしょうか。

perfect

完璧に一致すると「PERFECT!」の文字が表示され、複数のギャラリーが拍手してヒューヒュー言ってくれますw間違っていた場合は寂しい演出が用意されています。遊び心w

序盤ではオシレーターやフィルターのみしか表示されておらず単純ですが、進めていくうちに複合的に音作りをしなければならないので当然ながら難易度は増していきます。

こちらはDaftPunkの楽曲のリードを作ってる動画です。

ひとつずつ、少しずつ増えていくので理解しやすいですよね。良く考えられています。

音作りだけではなくクイズもある

 

quiz

知識面の教育も整っています。英語がわからない人は、google翻訳などを立ち上げて翻訳しながら望むと良いでしょう。

素の波形の音が鳴って4択から選ぶヒアリングテストなんかもあります。

いつでも中断し、途中から再開することも可能。忙しい合間にも勉強できますね。あと、iPad版もあるので、ソフトウェア版を購入するとiPad版も使えるみたいですね。

まだ試してないのでアレですが。試したら後日また追記します。

シンセプラグイン「PRIMER」も付属

syntorial_synth
教材に使用されているシンセ、PRIMERも付属します。

これを目当てで買う人はあまりいないかもですが、オマケですね。

だけど課題をクリアした人は手足のように使えるようになっているはずなので、意外に使うのかもw

さいごに

シンセサイザー難しい・・・でも使えるようになりたい、って人にはガチでおすすめ。楽しく学べるし、一通りの知識が身につくと思います。

中級者で何となくわかってるけど、音作りをもっと基礎から学びたい、って人にも良いです。しっかりとした知識が得られます。ちょっと知ってるだけにすごく楽しいと思います。

シンセサイザーはゼロから作り上げる楽しさが最高の醍醐味です。たとえゼロから作らないにしても、プリセットを “もうちょっとこうしたい” っていう場面は多々あるはず。

そういった時にシンセスキルは大きな力になってくれます。時短にも繋がります。

2019年、「シンセって難しいんでしょ?」を卒業できるソフトウェアです。

Audible Genius「Syntorial」

おまけ

シンセもそうですけど、DTMって初心者にはハードル高いじゃないですか。DAW版も出ないかなーと常々思ってます。

スポンサーリンク