機材

LANケーブルCAT8を試してみた

スポンサーリンク
   

効果あって、ホッw

PCの入れ替えに伴い、あれこれ機材を導入しておりますが、LANケーブルも新しくしました。

今までLANケーブルは「挿されば良いだろ」くらいにしか考えてなかったアウトローなのですが、結果として違いはありましたすいません。

大容量サンプルなどのダウンロードにも影響してくるのでDTMerにとっても大切なケーブルです。

CAT8を選択

分かりやすい動画がありました。LANに詳しくない人はどうぞ。

ネットの評判ではカテゴリ6がコスパ良くて速いとのこと。

が、LANケーブルは下位互換があるので、上位買っとけばより良さげと考えてCAT8を選んでみました。

LANケーブル速度比較

ELECOM CAT5e

まずは使い古した旧ケーブルから。

Netflixが運営しているっぽいこちらのサイトを使用してました。Internet Speed Test

1回目

2回目

3回目

ELECOM CAT8 LD-OCTST/BM30

1回目

2回目

3回目

評価

CAT8の効果はあるようです。結果のとおり、バラつきもあるし計測のタイミングによってはCAT5eの方が速かったりすることもあるのですが、概ねCAT8の方が速度出てます。

この後もそれぞれ10回ずつくらい計測しましたが、CAT5eが300Mbps台を何度か出すのに対して、CAT8は400Mbpsを切ることは1度しかありませんでした。

瞬間最大風速的に700以上も出ました。

700以上は1度しか出ませんでしたが、概ね500Mbps出てるので、平均すると100Mbps前後の差があるのかなと。

しかし、アップロードスピードはCAT5eの方が全体的に高めという謎。

注意点

ルーターの規格が古いとケーブルが新しくても効果が出ないようなので注意してください。

当方環境ではこちらを使用しています。Wifiも速いです。

さいごに

あまりコストをかけずに少しでも生産性が上がり、快適に作業できることには優先して投資したいものですね。

ステイホームを快適にするアイテムとしても良さげ。

ではでは。

Solid State Logic SSL 2レビュー家にSSLがある幸せ。 RME UCXを使用しているのですが、もうひとつ環境を増やす必要が出てきたため話題のSSLを導入することにしま...
RME Fireface UCX レビューオーディオインターフェイス、RME Fireface UCXをレビューします。 ここ数年Roland Octa-Captureを使用し...