エフェクター

【フリー版あり】Klanghelm MJUC レビュー

スポンサーリンク
   

品のあるルックス、音良い、最高だろ?

gearslutzにおいて、2016年ベストコンプレッサー部門1位に選ばれたコンプ「Klanghelm MJUC」は、高品質であり安価。

開発には2年を費やしたということで肝いりのプラグインです。

※この記事は2016年7月2日に投稿されたものに加筆修正したものです。

3種類のコンプが使用可能

Klanghelm MJUCは3種類のコンプレッサーを切り替え使用可能です。

  • Mk1 Variable-Mu系
  • Mk2 1176系
  • Mk3 Fairchild670系

それぞれのデモ音源用意しましたので、聴き比べしてみてください。

ドラムはAddictive Drumsです。BlackVelvetを使用。

内蔵コンプOFFにした素材はこちらです。

Mk1

MK1

Mk1はVariable-Muタイプをエミュレートしています。

音の傾向は「もっちり」「濃密」という言葉がピッタリ。滑らかでとても気持ち良いです。ズッシリした音とは違いますが、非常に品のあるGUIに負けない風格のある音。

Mk1は濃厚なキャラですね。でもって、品がある。キレイ系の音に合いそうだし、バスコンプの接着効果を狙っても良いんじゃないでしょうか。

Mk2

MK2

Mk2は1176系のFETコンプレッサーモデルです。

音的には1176っぽくないというウワサもありますが、良い感じにパンチーでモッチリ感があって気持ちいいです。

Mk1とMk3の中間ともいえるキャラクターです。バランス良くて使いやすいのはMk2。

Mk3

MK3

Mk3はFairchild670系。

3つの中では最もあっさりしていて、太さ、滑らかさは他の2機に譲りますが、パンチーでクリアな音が欲しい場合のファーストチョイス。

唯一の弱点は負荷が高め

OOK160214240I9A8057_TP_V

激重とまでは言いませんが、負荷は高めです。オーバーサンプリングを使用すると更に高くなります。

トラックにズバズバ挿していくと、環境によってはCPUが悲鳴をあげるかもしれません。

「これぞ」という場面か、バス・マスターで使っていくのが良さそう。

それでも音が良いので使いたくなるコンプです。

さいごに

価格は、€24(日本円で3,000円)くらい。3種類搭載なので、1台1,000円。非常にコスパ良いです。

操作はシンプルで使い方は簡単。プリセットもたくさんありますので、さっくり選んで調整していけばイメージの音に近づけるのが早くなると思います。

まずはフリーの「jr」を使ってみてください。

ではでは。

Klanghelm MJUC

Sonible「smart:comp」レビュー【人工知能搭載コンプレッサー】やっぱ「AI」でしょ! 令和の時代に未来を語るには「AI」が欠かせませんよね。我らがDTM業界、とりわけプラグイン界隈でも例外なくその...