機材

最高のminimoogクローン、Behringer MODEL Dレビュー

スポンサーリンク
   

うれしい!たのしい!大好き!

吉田美和氏が書いた詞の気持ちが今の俺にはわかる(違

DTM界隈では、Behrimoog(ベリンガーのmoog)と呼ばれているほど、見た目も中身もmoogを精巧にクローン化したMODEL D。

欲しい欲しいと思いつつも、手が出ずにいたのですが、ついに購入致しましたので、レビューします。

予想通り、噂通りに素晴らしいシンセです。

本家実機は400,000円以上するので、1/10以下という圧倒的なコスパ。

それではレビューしていきます。

MODEL D

MODEL Dは、シンセサイザーの代表格のひとつ、minimoogのクローンシンセサイザーです。

本家のmoogと同様、モノシンセなので和音弾けません、出力もモノラルです。プリセット?何それ美味しいの?だがそれがいい!!

Behringerは今までも数々の高品質な製品をリーズナブルに販売してきましたが、最もヒットしたというか、話題になったのが本機ではないでしょうか。

今後も様々なクローンが登場予定ですので、楽しみでなりません。全部欲しい!

音について

実機との比較動画です。似すぎてイカれてる・・・w

シンセシンセ言ってる割には、実機のアナログは初なのですがソフトウェアとは全く違います。いくら高品質になったとは言え、似て非なるものです。

moogのエミュではTHE LEGENDが最高レベルですが、それでも実機の迫力、凄まじさにはかなわないです。

最高のMoogエミュレーション、ヴァーチャルアナログシンセサイザーSynapse Audio Software「The Legend」レビューMoogをエミュレートしたヴァーチャルアナログシンセサイザープラグイン、又はサンプリングした音源は数えきれないほどリリースされています。...

プリセットがない、トータルリコールができないなどのデメリットはあるものの、超越するクオリティがあります。

こういう人は買うべき

次のように考えている人には特におすすめ。

  • アナログシンセが欲しいが、何を買っていいかわからない
  • ソフトシンセの音じゃ満足できない(満足している人も)
  • moogってそんなにすごいの?
  • 古いシンセって、ただの懐古厨じゃないの?
  • moog欲しいけど、Behringerって大丈夫?

ハイクオリティな製品を安価で提供するという、Behringerの技術の高さを知ることになるでしょう。

MIDI MINIを狙う必要がなくなった

minimoogのクローンと言えば、1990年代にStudio Electronicsが、moogのMIDI対応果たした製品「MIDI MINI」をリリースしており、本家からminimoogが復刻するまでは幅をきかせていたようです。

現在でも中古市場では200,000円以上は当たり前なので、Behringer MODEL Dの登場により地殻変動が起きたと言えるかも。

鍵盤付きも出して欲しい

ルックスは本家moogにそっくりですから申し分ありません。コンパクトさも◎。

ただ、やっぱり鍵盤付きも欲しい。海外サイトでMODEL D専用の鍵盤キットみたいなのが売られていたようですが、今では販売していないのかな。

Behringerから出てほしいなと切に願います。

欠点

特に欠点はないのですが、一点だけ。ぼくのだけかもしれませんがガタつきますw

価格もやすいし、そこは許そう。いや、曲がってるのは俺の根性の方だ。違いない。

画像ギャラリー

さいごに画像をタップリお楽しみください。

本家と比較できないのでアレですが、安っぽさは全く感じません。インテリアとしても最高です()

さいごに

持ってない人、ちょっとでも気になっている人、ソフトシンセで満足している人、全員買うべし。世界が変わります。

安価だからといってバカにすると大損します。本物のアナログを是非。

それにしても、本当にコスパが良過ぎて心配になるレベルです。

Behringerに脱帽!

現在、実質2万円台で買えるのでこちらを参考にしてください。ぼくもこれで買いました。

参考記事:PayPayモールにて最大20%が戻ってくる「100億円相当あげちゃうキャンペーン」開催中!DTM関連製品も多数対象!

サウンドハウス⇒BEHRINGER ( ベリンガー ) / Model D アナログシンセサイザー

スポンサーリンク