機材

【PR】Native Instruments「Komplete Kontrol MK2」レビュー(Komplete 12 Ultimate)

スポンサーリンク
   

生産効率爆上がりでもう後戻りできません!

Komplete Kontrol Sシリーズを使用したことがある人なら全力同意してもらえると思うのですが、Kompleteを使いこなすにはやはり同社のモノを使用するのが良いのだと全力で伝えたいです。

ちなみに先日Komplete Kontrol S49を迎えたときのツイートがこちら。

気が付けばいつの間にか4台所有していました。

Komplete Kontrol S25
Komplete Kontrol S49
Komplete Kontrol M32
Komplete Kontrol S49 Black Edition

というわけで、筋金入りのKK好きが使用感をレビューしたいと思います。

液晶モニタのプリセットブラウザ最強

Komplete 12 Ultimateには45,000 以上のサウンド、600 GB以上のコンテンツが用意されているので、プリセットを聴くだけでも一苦労です。音色は膨大だけど、欲しい音色までたどり着くのに時間がかかるんですよね。

そこで非常にインテリジェントに考えられているのがKomplete Kontrolのプリセットブラウザです。

Komplete Kontrol Sシリーズは第2世代になり液晶が搭載されましたが、これによって圧倒的な体験が手に入ります。一度使うと戻れないこと間違いナシ。

Komplete Kontrol(ソフトウェア)を立ち上げたら「BROWSER」を押します。

①音源ソフトを選択・・・KompleteやNKSに対応しているソフトウェアが表示されるので、左から2番目のツマミでソフトウェアを選択します。

②キャラクター選択・・・カテゴリを選択し、プリセットを絞り込みます。

③プリセット選択・・・切り替えるとプレビューで音が鳴ります。鳴らすために鍵盤を抑える必要がありません。これが非常に素晴らしい。スピードも速いため非常に快適です。

SUMMER OF SOUNDの期間中、ハードウェアとソフトウェアの同時購入がお得!

また、ソフトウェアのみならず、ループやワンショットサンプルなどもブラウズ可能です。

音色が決定したら更に好みの音にエディットしていきます。選択した音色に最適なパラメーターがツマミに自動的に割り当てられます。(カットオフやレゾナンスなど)自身で割り当てる手間も省けます。

PCモニターに見ずに実機でブラウズ、エディットを行うとあたかもシンセサイザーそのものを触っている感覚になるのも面白いです。

もちろん画面上のブラウザも同期しています。マウス操作でも問題ありません。そのあたりはお好みで。

特にエディットしたいのはシンセ系ですよね。近日リリース予定のMassive Xも非常に楽しみです。

参考記事:Native Instruments「MASSIVE X」制作の舞台裏がわかる「MASSIVE X Lab」がオープン!

NKSとは

NKSにより、Heavyocity、Spitfire、Waves等の一流メーカー製インストゥルメンツやエフェクトが直感的にコントロール可能となりました。この拡張プラグインフォーマットにより、開発者は自身の製品とNI ハードウェアの連携を設定でき、KOMPLETE以外の製品であっても、タグベースのブラウジング、Light Guideのフィードバック、マッピング済みのコントロールなど、パワフルな機能がサポートされます。またNKS未対応のプラグインであっても、KOMPLETE KONTROLソフトウェアから簡単にマッピングすることができます。

各種DAWやMaschineとの連携も快適

各種DAW(Live、Logic Pro X、Garage Band、Cubase、Nuendo)との連携もバッチリです。トランスポート、ミキサー、編集が直接KKSから行えます。

※Komplete Kontrol AシリーズとKomplete Kontrol M32はAbleton Live、Logic Pro X、 GarageBandと完全連携。Cubase、Nuendoとの 連携は今後のアップデートにより実装予定。

KOMPLETE KONTROLはMASCHINEハードウェアとソフトウェアと完全連携するように設計されています。MASCHINEのキットをパッドまたはキーボードでプレイ、パターンの作成、Idea Viewでアイデアの整理、ミックスなど、一方または両方のユニットから行えます。

2台揃えればもう完全無双ですねw

付属品多数

Komplete 12 Ultimateには、テクノやヒップホッ プ、8bitサウンドまで幅広い音楽ジャンルに特化し た拡張音源Expansionsが付属。サンプル、ループ に加え、MassiveやMonarkなどのシンセプリセッ トも収録しています。

Komplete Kontrolシリーズには、DAWソフトAbleton「Live 10 Lite」が付属。DAWを持っていなくとも音楽制作が即座に始められるのも嬉しいですね。

さらに、ビート制作ツールMaschine Essentialsも付属。Maschine EssentialsはMaschineソフトウェアのフルバージョンと、厳選されたサンプル、ループ、インストゥルメントを収録した1.6GBのライブラリーのセットです。

さいごに

膨大な音色を内包するKompleteを使いこなすには、Komplete Kontrol Sシリーズを使用することが最も近道です。

Kompleteは持っているけど使いこなせていない、という方に是非おすすめしたいですね。

快適な環境はクリエイティブパワーを削がれないので非常に重要だと思います。

現在SUMMER OF SOUNDセールが開催中でKompleteがお買い得になっています。更に、ハードウェアとソフトウェアの同時購入で最大59,400円もお得になるキャンペーンも行っているのでセットでどうぞ。音楽制作が捗ること間違いナシ。

期間は2019年6月30日まで。

Native Instruments「SUMMER OF SOUND」

スポンサーリンク