エフェクター

FabFilter Pro-L 2レビュー

スポンサーリンク
   

視認性が大変良く、使いやすさと品質までも兼ね備えたリミッター、Pro-L 2をレビューします。

欠点が見当たらないほどの完成度で、リミッター選びに迷っていたらPro-L 2で良いんじゃないかなと思うほど。

オーバーサンプリング無しと、32倍の音デモを用意してみました。

是非、聴き比べなどしてみて下さい。

※この記事は2019年10月28日に投稿されたものに、加筆修正したものです。

Pro-L 2は多機能で使い方かんたん

とにかく高機能で、リミッターとして考え得る機能は全て搭載されていると言って良いでしょう。

最大のウリは視認性の良さで、どのようにリミッティングされているのかが一目瞭然。

耳で聴きつつ視覚情報を同時に得る事で、正確な音作り、失敗のないマスターを作成できるのが大きなアドバンテージです。

8種類のスタイルを搭載

8種類のアルゴリズムが搭載されており、リミッティングスタイルが選択可能です。

  • Transparent 色付けなく原音に忠実。ロック・ポップ向け。
  • Punchy ハッキリと効果が分かる設計で、パンチを効かせる。
  • Dynamic パンチと明瞭さを維持するためにトランジェントを強化。
  • Allround ラウドネスと透過性のバランスをとったオールジャンル対応。
  • Aggressive アグレッシブでありながらスマート。EDM/トランスなに最適。
  • Modern 高いラウドネスを実現し、クリーンで自然なサウンドを保つ。
  • Bus バス処理・トラック向け。接着効果などが期待できる。
  • Safe アコースティックやクラシック向けの歪みのない処理。

基本的には音質変化が少なく、透明度の高いクリアなリミッターですが、状況に応じてキャラクターを使い分けることがキモ。

音について

スタイルに合わせたプリセットが用意されているので聴き比べです。

  1. Transparent
  2. Punchy
  3. Dynamic
  4. Allround 
  5. Aggressive 
  6. Modern
  7. Bus 
  8. Safe 

オーバーサンプリングOFF時と、最高の32倍の音を用意しました。

OverSampling OFF

OverSampling 32倍

32倍は音の滑らかさ、繊細さが際立っていて、音楽的な心地よさも感じますね。

マスタリングで使用する場合は是非とも32倍を使用したいところです。

負荷は基本的に軽い

オーバーサンプリングは6段階用意されており、最大は32倍。

オーバーサンプリングを使わなければ負荷は非常に軽く、32倍はさすがに高負荷で、PC性能ギリギリでした。

オーバーサンプリング×0

オーバーサンプリング×32

気軽に使える感じではありませんが、使える環境の方は是非とも。

マスタリング品質ということで粒立ちが良くキレイで整った音。

計測環境です。

  • OS・・・windows10 64bit    
  • CPU ・・・Intel Corei7 3.2G    
  • メモリ・・・32GB   
  • DAW・・・Studio One 3
  • Audio I/O・・・Solid State Logic SSL 2
  • バッファーサイズ・・・512samples
  • サンプリングレート・・・44.1kHz

さいごに

視認性、高品質、多機能、そして使いやすさを兼ね備えた素晴らしいリミッターです。

リミッターがよく分からないという初心者には分かりやすさを、熟練者には素早く正確なコントロールをもたらしてくれる、素晴らしいプラグイン。

FabFilterの製品には一貫した哲学を感じますね。

ではでは。

FabFilter Pro-L 2

コンプレッサーの使い方を学ぶならFabfilter Pro-C 2がオススメって話数あるエフェクターの中でもコンプレッサーを"使いこなす"のは非常に難しいとされています。 何が難しいかというと、ざっくり次のような感じ...
DTM作業効率アップのためのソフトウェア(プラグイン)5選昨日の記事に続いて、今回はソフトウェア編です。 https://synthsonic.net/archives/%e7%9d%a1%e...