音源

Roland Cloud4.0がリリース。LegendaryシリーズとしてJupiter-8、Juno-106が登場

スポンサーリンク
   

Roland Cloud4.0がリリースされました。

今回のバージョンアップでは、RolandのレジェンドシンセサイザーJupiter-8、Juno-106に加えて、System-8が登場。全てACBテクノロジーを使用したvstiで、SH-101などと同様のPlug-Out対応となっております。

早速触ってみましたのでレビューしていきます。

Roland Cloudって何?って人はこちらをどうぞ。

【Roland Cloud】Rolandが次世代テクノロジー「RainLink」をひっさげてプラグイン事業に本格参入 : SynthSonic

Legendaryシリーズとしてカテゴライズ

legendary_header_v001

日本国内でもリリースされている、Plug-Outシリーズ(System100、System-1、SH-101、Promars1、SH-2)はAIRAのカテゴリですが、Roland Cloudでは新たにLegendaryシリーズとして新作のJupiter-8、Juno-106を加えた6つのシンセがカテゴライズされています。

・Jupiter-8

・SH-101

・Juno-106

・System100

・Promars

・SH-2

で、AIRAシリーズは今回リリースのSystem-8とSystem-1の2つとなっています。

音の再現度はさすがの本家

jupiter比較

本家だけあって、「おおそれっぽい!」という音です。なにはともあれ実機っぽい音がします。これはArturia Jupiter-V2との比較ですが、GUIは本家の方が繊細な感じですね。Anthorogyシリーズと比べると気合入ってます。

音については、Arturia版と比較すると本家のほうが抜けが悪く、古く感じます。これは、本家がショボイというわけではなくて、Arturiaは実機よりも明るくデジタルっぽい音なので、抜け悪いほうが実機に近い音なんですよね。

ArturiaはMoogでも他のDivaなどと比較しても明るめの音なのです。

Arturia V COLLECTION 3 全部レビュー 【デモあり】 : SynthSonic

フィルターなどの挙動が素晴らしい

オシレーターもさることながら、フィルターの味付け、挙動は実機そのもの(実機触ったことはないけど)。特にJuno-106のパッドとかちょっと感動してしまったwこれやったら実機要らんやないかい!って思えるほどです。

負荷が高過ぎる

ただ非常に残念なのは、負荷が高すぎること。これはちょっと気軽に使えるレベルではありません。今回リリースされた3つのシンセのvstパフォーマンスを見てみましょう。

Jupiter-8

 

jupiter-8

 

jupiter8

Juno-106

 

juno-106
jupiter8

System-8

 

system-8
juno106

これ音出してないですからね。音色によってはreal-time peakを振り切ってしまってバグります。Repro-1Avengerなんかよりも負荷は高いです。

ウチの環境です。

OS・・・windows10 64bit
CPU ・・・Intel Corei7 3.2G  

メモリ・・・32GB   

Plug-Out前提か

 

system-8_top_gal

Plug-Outできるハードをもってないのでわからないのですが、そういうことなんでしょうかね。ハード買わせる作戦か!ではなくて、プラグインでも使えるようにしときますよ、的な。でも、もう少し負荷を改善して欲しいなぁ・・・。期待します。

まぁ「最新のシンセ」と考えればCPUなど環境の進歩に期待するしかないですね。

Plug-Out導入されている方、負荷などの部分を教えて頂けると嬉しいです。一度D/Aしたりすると質感も変わりそうだし、そちらの方も気にはなってます。

 

 

さいごに

いやーリリースのペースが想像以上に早くて良いですね。ってか日本版はよ!

プラグインも良いですが、JVやJDがリリースされるであろう、クラウド音源のAnthorogyシリーズが待ち遠しいです。

今後も目が離せないですね。

ではでは。

Roland Cloud公式サイト

 

スポンサーリンク