音源

2010年のベストソフトシンセを振り返る

スポンサーリンク
   

変わらない良さもある・・・?

MusicRadarが10年前にベストソフトシンセ大賞という企画をやっていたのですが、それに選出されたものを題材として書いていきたいと思います。

2010年ベストソフトシンセ大賞

MusicRadarのサイトからは元記事は消えてますが、ソースはこちらです。

専門誌読者が選ぶベストソフトシンセ大賞(有料&無料)2010年度版

  1. LennarDigital Sylenth1
  2. NativeInstrumtnts Massive
  3. reFX Nexus2
  4. CamelAudio Alchemy
  5. SpectraSonics Omnisphere
  6. u-he Zebra2
  7. FXpansion DCAM:SynthSquad
  8. Cakewalk Z3ta+
  9. Gforce Minimonsta
  10. SpectraSonics Trilian

何らかの形ですべて残っている

10年経過しているのにほとんど変わらない顔ぶれですね。Sylenth1やMassive、Nexusが圧倒的に強いのか、それとも革新的なものが何も登場していないと考えるか議論が分かれそうです。

4位のCamelAudioは現在Appleに買収され、AlchemyはLogic専用となっていたり、Cakewalkの親がGibsonになったりはしているものの、すべて生き残っていますね。

GforceのMinimonstaがランクインしているのが時代を感じる・・・!

FXpansionのDCAM:SynthSquadは、Cyper2やStrobe2として形を変えています。

FXpansion Cypher2 レビューFXpansionと言えばBFD!という方も多いと思いますが、どっこいシンセもめちゃくちゃ良いです。 特徴は次のとおり。 ...

2020年ランク外に落ちたものも

u-he Zebra2と、Cakewalk Z3ta+はランク外と思って良いでしょう。双方ともに素晴らしいシンセサイザーですが、ランクを落とした理由としては、新しいシンセサイザーの台頭や、PR活動が不足していた部分もあるかもしれません。

Cakewalk Z3TA+2 レビュー ゼータ2と読むってのだけでも覚えて帰ってくださいね。 初代「Z3TA+」がリリースされてからもう15年くらい経過している歴史の古い...

2020年に台頭しているシンセ

皆さんご存知、Serum、Spier、Avenger、SynthMasterそしてFalconなど、10年前には存在していなかったシンセサイザーがトップ集団に食い込んでますね。

中でもSerumはまだまだ衰えないですね。セールやらないのに強い。

好きなソフトウェアシンセサイザープラグインランキング2019【SynthSonic調べ】2019年1月29日~2月8日にかけて「好きなソフトシンセ(プラグイン)ランキング2019」のアンケートを実施致しました。ご協力頂いたD...

日本でのランキングではありますが、ほぼ変わらないと考えてよいかと思います。

さいごに

多少の新陳代謝はあるものの、ほとんど変わらない顔ぶれだな、という印象です。

シンセサイザーは時代を彩ると言われますが、次の10年ではどうなっていくのでしょうか。

SerumやSylenth1をブッ倒すシンセの登場に期待です。

ではでは。

Sylenth1とかいうすごいシンセSylenth2マダー? Sylenth1について、普段思っていることをつらつらと書いていきたいと思います。 もう古いシンセですが、...
高音質ウェーブテーブルシンセ、Xfer「Serum」レビュー最高のウェーブテーブルシンセは何でしょうか? その筆頭がDTM界隈では最も有名なウェーブテーブルシンセサイザーのひとつ、Xfer Se...