sbc
NIのプラグインエフェクトをオススメしていきます。

前回はTransent Masterについて書きました。今回は接着剤と呼び名の高いSolid Bus Compです。

Kompleteに入ってます。Ultimateじゃなくても大丈夫。






SOLID BUS COMPとは




SOLID BUS COMPは”ミックスをくっつける”機能と、トラックのサウンドを仕上げる優れた能力を備えた、高性能コンプレッサーです。様々な用途に使えますが、とりわけステレオサム、ドラムのサブグループ、各トラックの処理には最適です。
 

Komplete : エフェクト : Solid Bus Comp | 製品

音数が増えてきて、色んな方向性の音が入っていても、それぞれの音をピタっとくっつけてくれるイメージです。音の強弱や、長さをうまく調整してくれている感じ。とにかくまとまります。

アナログな味付け等はなく、キレイな無色透明。味付けなしにまとめたい場合に最適です。

ドラムが浮くなぁ・・・って時ありますよね。そんな時にサックリと馴染むドラムに変えてくれます。

無色透明なので、サチュレーション的なモノは求められません。Presswerkのようなアナログ感が強いコンプとは真逆に位置するコンプ。

u-he Presswerkは作曲家・編曲家の向けのコンプレッサーだ : SynthSonic

SSL社のコンソールをモデリングということもあり万能な使い方ができます。クリアな音質なので、ドラムだけではなく、2mixに使っても全体を上手にまとめてくれるでしょう。


Solid State Logic Japan | ソリッドステートロジックジャパン

SSL系のエフェクターはWavesの4000Collectionとか有名です。中田ヤスタカ氏も使ってます。



SSL系はいろいろなメーカーからリリースされてますが、そこであえてNIのものを選ぶ人もあまりいないかと思います。でも、Kompleteを持っている人は他のコンプ買う前に一度試してみることをオススメします。


デモ
INTEGRA-7のドラムで試してみます。

3パターン録ってます。どんどん強くかけていってます。




①ドライ


②プリセット「Drum Bus」



③プリセット「Drum Bus」 Thresholdを-20にして大げさにかけてみました。

threshold

③はわかりやすくするために強くかけてるので若干つぶれすぎな感がありますが、②は良い感じでまとまってますよね。ハイハットの強弱や、スネアが大きくなったときに差が顕著です。

この状態で他のトラックと合わせるとなじみ方が変わってきます。とりあえずドラムのバスに挿してみると効果がわかると思います。



ちなみにSleep Freaksさんのサイトが動画付でめちゃわかりやすいです。

Solid Bus Comp バスコンプを使用してサウンドをまとめる



さいごに
様々なキャラクターの各トラックをツルっとクリアにまとめてくれるので、とりあえずバスに挿して効果を試してみると良いと思います。

乱暴な言い方をすれば、多少雑なミックスでも、破たんせずにまとまってくれる、そんなコンプです。

NIのエフェクターはKomplete買ってる人にとってオマケみたいな感覚になりがちです。見た目も地味だし余計にそう感じるのかもしれないwわたしは結構好きですけど。ひとつひとつをジックリ使うと良さがわかってきます。

なんてったってSoftubeが関わってるので、DAW付属のエフェクターを圧倒するくらいのクオリティはあります。

ぜひぜひ、オススメです。

ではでは。

Komplete : エフェクト : Solid Bus Comp | 製品




関連記事

ドラムの音作りに必須アイテム Transient Master が便利すぎる件【KOMPLETE】 : SynthSonic

エフェクターに無知な僕がいつも使ってるプラグインエフェクター2015 : SynthSonic

KOMPLETE11の発売日を勝手に予想してみる【Native Instruments】 : SynthSonic


スポンサーリンク