機材

IK Multimedia iLoud Micro Monitorレビュー

スポンサーリンク
   

安くて音が良いモニタースピーカーは?小さくても低音は妥協したくないよ?

と、相談されたらコレしか選択肢がありません。IK Multimedia iLoud Micro Monitorです。

各方面で評価の良い本機ですが、購入して9か月ほど経過したので改めてレビューしてみたいと思います。

iLoud Micro Monitorの感想

サイズ感を超えた低音と派手めな出音が特徴です。聴いてて楽しい音。ただ、サイズとクラスからして当然ですが、解像度の高さ、艶、奥行きはあまり感じませんでした。

★5つが最高点として評価してみました。※☆は0.5

  • 高域音質・・・・★★★
  • 中域音質・・・・★★★☆
  • 低域音質・・・・★★★☆
  • 解像度・・・・・★★★
  • 音の艶・・・・・★★
  • 音の奥行き・・・★★
  • 本体の高級感・・★★★
  • コスパ・・・・・★★★★★

※音の評価は主観・環境が大きく左右するので、絶対的な評価ではありません。あくまで筆者の所持しているスピーカーと、今まで使用した製品との相対的な評価です。今後使用していく過程で変化する可能性もありますので参考程度にとどめてください。

オーディオケーブルはMOGAMI 2549を使用しています。

作・編曲家向け

とにかく聴いてて楽しいです。何を聴いてもバランスの良い音で鳴らしてくれます。ミックス・マスタリングのエンジニア向けというより、元気に楽しく音を聴きながら使う作曲家さん向けではないかなと感じました。

中田ヤスタカ氏もサンレコでレビューしてましたね。

iLoud Micro Monitorで聴くと作曲のテンションがアガる

もちろん、セッティングや好みでかなり変わる可能性もあります。エンジニアの森崎氏はマスタリングスタジオにiLoud Micro Monitorを導入しています。ガチプロが使うとこうなる。

その他特徴

独自の味付けを感じる部分もあります。決してイヤ感じはないのですが、自然な音ではなく味付け込みで良い音が作られているんだなと。

低音もサイズから想像できないくらい出ますが、ちょっと作られてる感あるのかなと。量は十分だけど、わずかに作られてる感があって★を3.5としました。

もう一点、特徴的なのはサイズのせいもありますが、とても音が速いです。これは個人的にとても好きな部分。

なのでキビキビしたEDMやポップスなどを気持ちよく聴けるんですよね。シンセの音作りとかも向いてます。

あとは、ボリュームを絞っても音の印象があまり変わらないので、音があまり出せない環境でも作業がしやすそうで良さげ。

結論

かなりコスパに優れた製品だと思います。

背面のスイッチやスタンドなどのセッティングでもかなり音が変わるので、環境を選ばず使用できる部分も◎です。

3万円台で音の良いサイズの小さいスピーカーであれば一択ではないでしょうか。

たまにセールもやっているので更にお得に手に入れる可能性もあります。

ではでは。

サウンドハウスで価格をチェック⇒IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iLoud Micro Monitor White Special Edition

RockoNで価格をチェック⇒iLoud Micro Monitor White Special Edition

スポンサーリンク