エフェクター

Boz Digital Manic Compressorレビュー

スポンサーリンク
   

個人的おすすめデベロッパーのBoz DigitalのManic Compressorをレビューします。

6種類のモデルが選択可能なコスパの良さと、非常に軽量、そして視認性が良く使い方がわかりやすいというコンプレッサーです。

それではレビューします。

Manic Compressorは使い方がわかりやすい

ScreenshotClean

「どれくらいコンプレッションしているのか」を、視覚的にわかりやすくしたGUIを備えているのが最大の特徴です。コンプよくわかんない!って人は視覚・聴覚の両方から学習していくと効率的。

ってか、それでもよくわかんないのがコンプ()

負荷が軽い

これは他のBoz Digitalの製品にも共通しているのですが、CPU負荷が非常に軽いのもManicの長所。トラックにもガンガンに挿していけます。

こういった環境を選ばない製品というのは、広く受け入れられやすいのではと思います。

想像するに、初心者はスペックが低い環境である場合が多く、熟練者は制作の終盤でCPU負荷と相談しつつプラグインを立ち上げる場合があるでしょう。

負荷が低いと気軽に使う気になりますよね。非常に大切なことです。

多機能である

使いやすい、軽いだけでなく、非常に多機能であるということにも注目。

基本的なコンプレッサーの音作りに加えて、3バンドのパラレルコンプレッションを装備。そして、6種類のモデルを選択でき、幅広い音作りが可能となっています。

6種類のモデルが選択可能

panels

6種類のモデルから選択可能です。どれもしっかり個性があって、使い分けが効くのでコスパ良いですね。

同じ条件でAddictive Drums 2を鳴らしてみました。プリセットはDrumカテゴリの「Bus-Glue」です。

glue

■Default→Clean→Sheer→Gritty→Digital→Vintaga→Smooth

聴いてもらえば分かりますが、キャラクターがそれぞれ全く異なります。状況に応じて使い分けできますね。

マニュアルの説明と、聴いた感じ合わせてモデルごとの特徴はこんな感じです。

Clean

コンプレッションの色付けを感じない抜けが良くクリーンな音。空気感も備わって良い感じです。

Sheer

オプトコンプ。緩いコンプレッション。柔らかい音ですね。

Gritty

パンチを出します。ドラムなどに向いているコンプ。ちょっとザラっとしますが、気持ちいい音です。

Digital

直訳すると「面白い獣」?とマニュアルにありますが・・・wほんの少し丸みがあって名前の通り、デジタル系の音色やキックに向いてそう。

Vintage

ヴィンテージハードウェアをエミュレートしたモデル。ボーカルやドラム向け。力強く前に出てきます。歯切れが良い。

Smooth

素早いアタックと滑らかなリリースが特徴。ダイナミクスと反対方向の音。滑らかにする時に使えそう。

 

ゆにばす
ゆにばす
個人的には「Clean」「Gritty」が好み

さいごに

6種類のコンプが使えて、負荷が軽く、品質も上々。

コンプレッサー学習にも向いているし、コンプにうるさい人も気に入る万能プラグインではないかなと。

Boz Digitalはほんと良いプラグインつくりますね。ミックスにもマスタリングにも使えると思います。

ではでは。

Manic Compressor

Boz Digital The Wall レビュー昨今のCPU性能向上、メモリの低価格化に伴って、プラグインはシンセ・エフェクターともに「質」が良く「重い」ものが増えています。 そして...
Boz Digital Transgressor 2レビューBoz Digitalから高機能トランジェントシェイパー「Transgressor 2」がリリースされました。 Transgresso...
スポンサーリンク
ブラックフライデー2019厳選セールをピックアップ!