エフェクター

LA-3AをエミュレートしたBlack Rooster Audio VLA-3Aレビュー

スポンサーリンク
   

今回は2017年度「黒金戦利品」($24で購入)のひとつであるBlack Rooster Audio(以下BRA)「VLA-3A」をレビューしたいと思います。

鶏のマークでお馴染みなBRAですが、プロをはじめとする方々からも評価が高いデベロッパーです。

結論を先に書いておきますが、超オススメですよ。

Black Rooster Audio VLA-3A

vla3a

1969年発売のTeletronix(Urei) LA-3Aをエミュレートした、OPT(光学式)コンプレッサーです。

LA-3Aの兄貴分ともいえるLA-2Aは真空管を使用しているのですが、LA-3Aはコストを抑えるためにトランジスタを使用しているとのこと。アタックが早く、滑らかなコンプレッションが特徴です。

調整できるパラメーターは非常にシンプルです。GAIN(アウトプット)と、PEAK PEDUCTION(スレッショルド)。あとはLIMIT⇔COMPの切り替えくらいです。

実機はこちら。オリジナルはTeletronix(Urei)ですが、その後Universal Audioその他各社から復刻版がリリースされています。

$_57
 

音について、Waves「CLA-3A」との比較

IMG_4162

Wavesの「CLA-3A」と音の比較です。

Dry→VLA-3A→CLA-3Aの順です。GAINとPEAK REDUCTIONは双方とも「5」に設定。わかりやすいように強めです。

まず音の違いですが、VLA-3Aの方がきめ細かい音でキレイにコンプしてます。密度も高いですし、単純に音が良いです。最も異なるのは、ローの迫力です。パンチが出てますね。さすがは最新のコンプ。

負荷

但し、負荷はVLA-3Aの方が高いです。

これはAD2をデフォルトで鳴らした状態。

normal

VLA-3A

bra vst

CLA-3A

cla

音が良いだけあって、負荷はちょっとありますね。めちゃ気になるほどではありませんが、挿しまくるとキツいかもです。Wavesは軽いですね。

シンプルな操作で使い方はカンタン、コンプレッションが非常に滑らかで気持ちいいです。接着目的でも威力を発揮しそう。

リリース(戻り)が遅いためソースは選ぶと思いますが、ハマると最高だと思う。アタック、リリースなどが調整できないので細かな音作りには向いていません。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

さすがは最新のプラグインですね。かなり質が良いです。

噂では、BRAはbrainworxで「VSC-2」や「VSM-3」を開発したデベロッパーが立ち上げたブランドらしいので、高品質なのもうなずけますよね。

ブラックフライデー価格で$24は破格過ぎですが、今後セール等で安くなったタイミングで狙ってみてはいかがでしょう。

こんなに良いんだったら、バンドル買っても良かったかな?と思わせるコンプでございましたw

ではでは。

Black Rooster Audio「VLA-3A」

スポンサーリンク
ブラックフライデー2019厳選セールをピックアップ!