ゲーム

セガはやっぱり最高だ!メガドライブミニレビュー

スポンサーリンク
   

子供部屋おじさんと呼ばれたって良い・・・やっぱ最高やろメガドラ!

2019年9月19日に発売となったメガドライブミニですが、SNSでも大いに盛り上がってますね。

FM音源狂のぼくも例に漏れず予約購入し、発売日より遊び倒しております。

まだ買ってない方、購入を検討している若手諸君(居る?)のためにざっくりではありますが、感想を述べてみたいと思います。

メガドライブミニ 評価

収録タイトルがどう、とかその辺は他のサイトにお任せするとして、全体的な感想を書いていきます。

立ち上げてすぐメニュー画面、が最高

アナログ時代のゲーム実機は電源ポンで数秒後にはいきなりゲーム開始が可能でした。立ち上げ時間やロード時間は進化の中の弊害と言えます。

さらに、42タイトルも収録されていると頻繁に切り替えて遊びたくなるのが人ってもんです。

そこを考えてのことでしょう、メガドラミニにはタイトル画面とかそんなのありません。電源ポンでいきなりメニュー画面です。

もうこれが最高。煩わしい一手が無いんですよね。最初に「セーガー」とかやりたかったんじゃないの?とか思うとユーザビリティ高いなぁと。

もちろん、全ての動作に読み込み時間もネット接続時間もありません。ストレス無し!

しっかりと現代にマッチしてますわー(もちろん各種ソフト選択後にはセガのロゴが忠実に出ますよ)

ちなみにメニュー画面の音楽はレジェンド古代祐三さん(@yuzokoshiro)が担当されています。

あ!この曲!ってかこの音色!と思うのが目白押しです。ニヤニヤ必至w

あえてリセットボタンを押させる、が最高

他のソフトやりたくなってきた、メニュー画面に・・・となったらリセットボタンです。当時実機を遊んだ身からすると「リセット押したら全てが終わる」感覚あるんですが、本機はそうではありません。

リセットを押すと「終了しますか?」「セーブします?」「メニューに戻りますか?」ってな具合で項目を選択する流れ。

コントローラーからメニューを開くのではなく、リセットを押させるのが懐かしくもあり、心地よくもあり、合理的にも感じましたわ。

ちなみにPHONES VOLはスライドするけど飾りです。でもスライドするだけ偉い!セガ好き!

コントローラーの大きさが最高

本体よりも大きいくらいのコントローラーサイズが◎。

コントローラーが小さいとダメだと思うんですよね。だって操作しづらい。

セガはもう分かってるとしか言いようがないです。今の時代当然かもだけど、しっかり6つボタンですやん。純正品は3つしかないのよ。もちろんストⅡもストレス無し。

ダライアスが最高

ソフトは語らないつもりだったけど、やっぱりダライアスがすごい、もう凄いやばい。

グラフィック、音楽、全てが最高です。大画面HDMIでやるともう改めて素晴らしいのですよ。難易度がやたら高い気もするけどそんなの気にしない。だってどこでもセーブ出来るから。チートプレイでもやれば良いじゃん。

あとは当時大人の事情で発売されなかったテトリスもしっかり収録。感慨深すぎる・・・。

さいごに

最新のゲーム機でもレトロゲームは提供されているわけで、わざわざ買う必要もないのかなーなんて思っていましたが、専用機の良さ・現代に合わせたテンポの良さが高いレベルで昇華しており、素直に買ってよかったなと。

上にも書きましたが、どこでもセーブが3つまで可能です。例えばシューティングゲームのラスボス前でセーブ・ロードなどもできます。これでスーパー難度だったゲームもクリアできますね。

令和の時代にあえての専用機というコンセプトがあまりにも快適でした。ありがとう、セガ!

そうそう、名刺入れとの比較画像も載せておきますね。

ではでは。

メガドライブ音源 Plogue Chipsynth MDレビューメガドライブ音源で音楽を作りたい!あのゲームのあの音色を使ってみたい! そんな夢を叶えてくれるのがChpisynth MDです。Chi...
メガドライブのFM音源部をエミュレートしたRYM2612レビュー昨日紹介したChipsynth MDはメガドライブを丸ごとエミュレートしたソフトシンセですが、今回紹介するINPHONIK RYM261...
スポンサーリンク