エフェクター

iZotope PhoenixVerb Stereo レビュー

スポンサーリンク
   

思考停止で買ってヨシ!

iZotope PhoenixVerb Stereoをレビューします。

Exponential Audio製のリバーブプラグインで、現在はiZotopeからリリースしています。

PhoenixVerbの特徴は次のとおり。

  • クリアで自然なリバーブ
  • 900種類の豊富なプリセット
  • CPU負荷が軽い

見た目は少々とっつきにくい感じがありますが、使いやすく、質の高いリバーブです。

PhoenixVerb

アルゴリズムを使用するタイプのリバーブプラグインです。

Room、Plate、Hall、Chamberなど様々な環境をシミュレートします。

プリセットは実に900種類。各カテゴリごとにズラリと用意。壮観です。

パッと見た感じ「難しそうだな」と感じる方もいるかもしれませんが、全体的にコントロールはしやすいです。

プリセットを切り替えてもリバーブの量を調整する[Mix]の値が固定されてるのが嬉しい。

大量のプリセットがあるので、まずはプリセットを選択して[Mix]を調整して使うと良いでしょう。

他のパラメーターも、分かりやすく整理されているので、操作していればすぐに慣れてくると思います。

音について

スッキリ、あっさりしていて、とてもナチュラルです。デジタル臭さが少なく、音の芯がぼやけないので、どんな素材にも合うのではないかと。

濃密さや美しさこそ、程ほどかなとは思いますが、オールマイティに使用できるバランスの良さが素晴らしいです。

個人的には素材の質感をそのまま響かせる「品のある塩味リバーブ」的な感じ。

負荷について

負荷は非常に軽いです。高品質のリバーブは重くなりがちですが、ハイクオリティでこの負荷は嬉しいですね。安定感も抜群。

Windows 64bit(Core i7 3.2G)、メモリ32GB環境での計測です。

さいごに

現在破格のセール中なので、リバーブに悩んでいる方、DAW付属以外のリバーブをお探しの方、まずはこれを買っておけば正解。

音良し、軽い、安いとくれば、とりあえず買って損はなしです。

フェニックス(Phoenix)という名前もカッコいい…w

ではでは。

iZotope PhoenixVerb