DTM

32bitプラグインを64bitDAWで使えるDDMF Bridgewizeレビュー

スポンサーリンク
   

あのプラグインが最新のDAWで使える!

32bitプラグインを64bitDAWで使えるDDMF Bridgewizeレビューです。

使い方は非常にカンタンで、動作も軽くレイテンシーもないのでめちゃくちゃ便利。

使用方法についても書いてきますので、興味ある人は是非どうぞ。

DDMF BridgeWize

過去に愛用していて現在はハードディスクの中で眠っている32bitのプラグインや、現在もリリースされている32bitプラグインを使用出来るようになります。

上記動画の物理モデリングギター音源、Xhun Audio IRONAXEなどが良い例です。

高品質なのに32bitなんですよね。こういったものが64bitDAWで使用出来るようになるわけです。

使い方

プラグインを立ち上げるまでの流れです。32bitプラグインのGforce impOSCar(初代)を立ち上げてみます。

 ①BridgeWizeを立ち上げ、64bitで動かしたい32bitプラグインを読み込む
 ②対象のプラグインを選択し、Bridgeボタンを押す

 ③Windowsの場合、フォルダを作成するよう促されるので任意の場所にフォルダ作成
 ④作成したフォルダ内に64bitで読み込めるプラグインファイルが作成される
 ⑤DAWを立ち上げ③で作成されたフォルダを読み込む

無事に立ち上がりました。

※Macの場合は(~/Library/Audio/Plug-Ins/VST/DDMF or ../Components)に作成されるようです。

さいごに

最近では64bitが主流なのでほとんどみかけなくなりましたが、それでも一部には残存する32bitを活用するには必須アイテムですね。

手持ちの懐かしいプラグインを使ってみてはいかがでしょうか。

ではでは。

DDMF BridgeWize