SynthSonic

DTM・シンセサイザーなど。音楽作ってます。

SynthSonic イメージ画像

シンセサイザー

先日行ったアンケート調査でシンセ部門で1位だったOmnisphereの人気の理由、選ばれた理由をまとめてみたいと思います。 シンセランキングTOP10記事⇒こちら 1位になるにはそれだけの理由があります。もっていない方は参考にしていただいて、持っているけど使いこなし
『Spectrasonics Omnisphere 人気の理由まとめ』の画像

トルコ生まれの怪物シンセサイザー「SynthMaster」。 怪物の名にふさわしく仕様はかなりマニアックです。「シンセ系の音であれば作れない音は無い」と思えるほど多彩な音作りが可能なモンスターシンセ。 音の良さや、懐の深さからシンセ好きには概ね
『怪物シンセサイザーSynthMasterレビュー』の画像

DTMer歓喜の黒金まであと2ヶ月。皆さん準備はできてますか? さて今回は、好きなプラグインランキングのTOP10から惜しくも圏外になってしまったシンセを発表いたします。 ランキングに入らなかったとはいえ「1番好きなシンセ」を選んで頂いているわけですから、そこ
『好きなシンセサイザーランキング2016【圏外編】』の画像

2016年9月13日から一週間にわたり、ブログ上にて「好きなプラグインランキング2016」アンケートを募りました。 内容はシンセ、ピアノ、ドラムのお気に入りのプラグインを「ひとつだけ」教えてくださいというものです。 ひとつだったので悩ませてしまったかもしれませんが、
『好きなシンセサイザーランキング2016【SynthSonic調べ】』の画像

我々DTMerにとって本当に有難く、嬉しいフリープラグイン(本記事中では、フリーのソフトシンセ、エフェクター、サンプル等もまとめてフリープラグインとします)。デベロッパーが宣伝用にフリーにしているものや、有志の方が制作
『【DTM考察】フリープラグインはなぜ使われないのか』の画像

BitSonicよりウェーブテーブルシンセサイザーWT-01がリリースされました。 サイトにもSylenth1、MASSIVE、SERUMを名指しして、バーチャルアナログのレッドオーシャンに殴りこみをかける言葉が記載されてます。相当な自信です。 BitSonicいわく、大ヒッ
『BitSonic WT-01 REDはシンセサイザーのスタンダードになれるのか』の画像

最近めっきりハードシンセ使わなくなってきましたけど、やっぱりハードはハード。良い音です。 ってなわけで、懐かし音源シリーズ書いていきます。KORG 01/W です。 本体に電源入れること自体少なくなってきましたが、気に入った音色をサンプ
『YMOも愛したPCMシンセ【KORG 01/W(01R/W)レビュー】』の画像

トランス系最強と名高いNEXUS2をレビューします。昨年のクリスマスセールで買ってからあまり使ってなかったので、慣れるためにも、ほぼNEXUS2のみで曲作りました。各方面で、音が良いとか、音決めがポンポン進むとか言われていますが、ホントその通り。これだ!って思う音が
『reFX NEXUS2は音楽制作が超早くなるシンセサイザーだ』の画像

90年代を彩った音色がたくさん詰まってるSR-JV80シリーズエキスパンションボードのカタログです。 平成10年のKeyboardマガジンのおまけ。もう18年前じゃ・・・。 プリセット名がバッチリ載ってたりするので懐かしんで眺めてもよし、INTEGRA-7のエキパ
『90年代を彩った Roland エキパン音色【SR-JV80シリーズ カタログ】』の画像

DTMerのみなさん、セール楽しんでますか?ブラックフライデーは終わってしまいましたが、黒金って何よ?ってくらいサイバーマンデーが熱かったり、まだまだ勢いは止まらないですね。ちなみに正月明けくらいまではセール色々熱いですから、まだ弾に余裕がある方はチェックし
『【DTM考察】シンセの知識が深まればシンセがもっと面白くなるって話』の画像

自虐ネタですw曲をつくるためにシンセサイザーを買ったつもりが、曲は一向に増えずシンセばかりが増えていく・・・。そんな現象に陥ってる人・・・いるだろ!君だ!いや、俺だ!シンセを買う時、デモを聴いて「こんな曲が作りたい!」「こんな音を出したかった」「俺に足り
『【DTM考察】シンセが増えると作る曲の数が減るのか?』の画像

先日SynthMasterが2.7にアップデートしました。公式のフェイスブックで機能一覧が紹介されていたのですが、英語だしわかりづらかったので、個人的に訳して何が変わったのかもチェックしてみました。現在使ってる人、これから買う人の参考になれば良いかなと思います。
『SynthMaster 2.7の新機能一覧を翻訳して調べてみた』の画像

ついにあす発表となるYAMAHA reface。シンセ界隈では情報が飛び交っております。韓国のYAMAHAが画像出しちゃったみたいで、あちこちで散見されます。予想では、KORGやRolandに続いて全部入りフラッグシップ音源が来ると思ってたんですが全然違いましたねw ざっくり
『YAMAHA refaceざっくり情報まとめ』の画像

↑このページのトップヘ