SynthSonic

DTM・シンセサイザーなど。音楽作ってます。

SynthSonic イメージ画像

シンセサイザー

Arturiaといえば、V Collectionなイメージが強いですよね。単品で買っても良いんだけど、やっぱりVコレの方がお得だしなぁ、でも高いしどうしよう?って方多いと思われます。そんな方にオススメしたいのが「Analog Lab」。音を作り込む以外は、Vコレとほぼ同等の実力を持って
『Arturia「Analog Lab」があれば「V Collection 6」は要らないんじゃね?って話』の画像

先日「小室さんは電子音楽というより、ロックの人だ」というようなツイートを見かけたので思い出したんだけど、小室さんはドラムを鍵盤で手弾きで打ち込んでるって話。小室さん、確かドラムとかもリアルタイムレコーディングだって何かで読んだ気がする。手引きじゃないと独
『小室哲哉氏「ドラムをステップで打ち込むなんてありえない」』の画像

音楽制作において重要なもののひとつに「個性」があります。全く同じことをやっても、どうしてもにじみ出てしまうその人の色というヤツです。では何故、個性があると感じるのでしょうか。要因は様々ですが、そのひとつに「道具」の選択があります。個性的な方は選ぶ道具も個
『【PR】強烈な個性を持つオーガニック・シンセサイザー、tracktion「Biotek」レビュー』の画像

最近プラグインセールがアツくて消耗気味ですが、DTMer各位はいかがでしょうか。 さて、年に1度の大セール、セール民DTMerの祭典(?)ブラックフライデーがついに残すところ2週間に迫ってきました。 ご存知の方も多いかと思いますが、知らない方は大損すると思うので
『DTM最強セール「ブラックフライデー(黒金)」でプラグイン(シンセ・エフェクター)を安く買おう2017』の画像

お待ちかね、マニアックのコーナーです。好きなシンセサイザー(プラグイン)2017の11位以降を発表します。先日発表したTOP10は流石に実力は揃いの定番シンセが結集しましたが、マニアックなDTMerの方々には少々物足りなかったようで「11位以降が楽しみ」との声が聞かれまし
『好きなシンセサイザーランキング2017 圏外編【SynthSonic調べ】』の画像

ヴィンテージシンセバンドルの最高峰、UVI Vintage Vault 2がリリースされました。初代バンドルに新作のシンセを複数追加し、完全にプラグイン界屈指のモンスター級音源と化しとります。これさえ買っとけば、シンセにおいてはだいたいのことは事足りますwもちろん量だけでは
『51種類のヴィンテージシンセ、111種類のドラムマシンを忠実に再現するモンスターバンドル、UVI「Vintage Vault 2」レビュー』の画像

シンセとかもそうだよね。難し過ぎるマニアックなモノは慣れてから触る方が良い。なので初心者の方にFM音源は全力でオススメしない。— ゆにばす(シンセサイザー/ゲーム音楽) (@universe_ex) 2017年7月3日 まず断っておきたいのですが、ぼくはFM音
『シンセ初心者にFM音源がオススメできない理由』の画像

前回はフリーで使えるコンプ・EQを紹介しましたが、今回はシンセ編です。フリープラグインの中でも、最も数が多いのではないかと思えるシンセ部門。ぼく自身、結構試してる方だと思ってますが、まだまだ知らないものもたくさんあるでしょう。全部を試す、インストールするの
『【無料】DTM厳選おすすめフリープラグインシンセサイザー(VSTi)まとめ2017』の画像

シンセサイザーの音作りを習得したければ、とにかくひとつのシンセを使い倒す、これにつきます。ひとつのシンセが理解できれば、各セクションの呼称は違えど他シンセにも応用が効くからです。 【DTM考察】シンセの知識が深まればシンセがもっと面白くなるって話 : SynthSoni
『音作りしたくなるシンセサイザー Reveal Sound Spireレビュー』の画像

2017年2月27日、SynthMaster Oneがリリースされました。SynthMaster2.8の簡易版、音はそのままで弟分的な位置づけなのかなとも思ってましたが、そんな単純なものではなさそうです。短時間ではありますが、ササっと触った印象では「SynthMaster2.8よりもEDM向け」で音抜けが良
『「SynthMaster One」はSynthMaster2の廉価版ではなく別物である』の画像

前回のリミッター比較記事について、プロの方や、詳しい方からアドバイスをもらって自分の知識の無さに絶望しながらも、教えて頂いたことはしっかりスポンジの様に吸収してるつもりになってる今日この頃です。 技術・センス云々
『EDMシンセはどれを選べば良いのか比較してみた』の画像

u-heを超えるのはu-he。 個人的にプラグインシンセのアナログ部門では、u-he Divaが揺るぎない最強のシンセでした。 しかし、Divaを超えるバーチャルアナログシンセがリリースされました。それが今回レビューするRepro-1です。 モノシ
『Sequential Circuits Pro-Oneを完全再現したu-he Repro-1レビュー』の画像

↑このページのトップヘ