SynthSonic

DTM・シンセサイザーなど。音楽作ってます。

SynthSonic イメージ画像

シンセサイザー

遂に発表されたSpectrasonicsのKeyscape。すでにDTMer界隈で最強の鍵盤音源と評判は上々のようです。 いやーそれにしてもエリック社長(Spectrasonics)には焦らされましたw 9月1日(日本時間)に発表されると思って盛り上がってたんですが、結局9月2
『Spectrasonics Keyscape の登場はソフトシンセ革命だ』の画像

ギターが弾けたらなぁ・・・何度思ったかわかりません。そのたびに、ギターが弾けないDTMerにとって「ギターの打ち込み」を極めるのと「ギターを弾ける」ようになるのはどちらが近道なんだろう?という悩んでも仕方ないことに思いを巡らせていましたが、そんな時に出会ったの
『ギターが弾けないDTMerにオススメなエレキギター音源【JUNK GUITAR V1レビュー】』の画像

我々DTMerにとって本当に有難く、嬉しいフリープラグイン(本記事中では、フリーのソフトシンセ、エフェクター、サンプル等もまとめてフリープラグインとします)。デベロッパーが宣伝用にフリーにしているものや、有志の方が制作
『【DTM考察】フリープラグインはなぜ使われないのか』の画像

BitSonicよりウェーブテーブルシンセサイザーWT-01がリリースされました。 サイトにもSylenth1、MASSIVE、SERUMを名指しして、バーチャルアナログのレッドオーシャンに殴りこみをかける言葉が記載されてます。相当な自信です。 BitSonicいわく、大ヒッ
『BitSonic WT-01 REDはシンセサイザーのスタンダードになれるのか』の画像

オケヒの音好きですか?ぼくは好きです。むしろ大好物w知らないって人はマイケル・ジャクソンのBADのイントロを思い出してください。え?BAD知らない?TMネットワークのCOME ON EVERYBODYや、ガキの使いのトークの出囃子(28秒のとこ)とか。あげればキリが無いですが、とにか
『オケヒ(オーケストラルヒット)が入っているソフトシンセまとめ』の画像

INTEGRA-7について書いた記事をまとめました。・INTEGRA-7が欲しいけど実際どうなの?・マニュアルなどにも載っていないことを知りたい・SuperNATURALって何?・実際の使用感ってどうなの?こんな方はチェックしてみてください。全部で10本記事あります。購入を検討されて
『Roland INTEGRA-7 レビューまとめ』の画像

SuperNATURALについてシンセ部分にばかり注目してきましたが、今回はRolandのフラッグシップ機にしか搭載されていないINTEGRA-7アコースティックトーンに焦点を当てていきます。INTEGRA-7を買うほとんどの人はXV-5080とかSRXシリーズの資産が一番の目的で、それに加えてSuper
『【INTEGRA-7】SuperNATURALアコースティックトーンの仕組みを検証してみる』の画像

前回はINTEGRA-7のバーチャルアナログについて書きましたが、今回はその中のウェーブテーブルについて書いていきます。 SuperNATURALにはウェーブテーブルに450もの波形がサンプリングされているので、多彩な音作りが可能です。 実際に作ってみました
『INTEGRA-7でFM音源風DXエレピ作ってみた【デモあり】』の画像

最近めっきりハードシンセ使わなくなってきましたけど、やっぱりハードはハード。良い音です。 ってなわけで、懐かし音源シリーズ書いていきます。KORG 01/W です。 本体に電源入れること自体少なくなってきましたが、気に入った音色をサンプ
『YMOも愛したPCMシンセ【KORG 01/W(01R/W)レビュー】』の画像

トランス系最強と名高いNEXUS2をレビューします。昨年のクリスマスセールで買ってからあまり使ってなかったので、慣れるためにも、ほぼNEXUS2のみで曲作りました。各方面で、音が良いとか、音決めがポンポン進むとか言われていますが、ホントその通り。これだ!って思う音が
『reFX NEXUS2は音楽制作が超早くなるシンセサイザーだ』の画像

↑このページのトップヘ