SynthSonic

シンセとかゲームとか。音楽作ってます。

SynthSonic イメージ画像

シンセサイザー

最近めっきりハードシンセ使わなくなってきましたけど、やっぱりハードはハード。良い音です。 ってなわけで、懐かし音源シリーズ書いていきます。KORG 01/W です。 本体に電源入れること自体少なくなってきましたが、気に入った音色をサンプ
『YMOも愛したPCMシンセ【KORG 01/W(01R/W)レビュー】』の画像

トランス系最強と名高いNEXUS2をレビューします。昨年のクリスマスセールで買ってからあまり使ってなかったので、慣れるためにも、ほぼNEXUS2のみで曲作りました。各方面で、音が良いとか、音決めがポンポン進むとか言われていますが、ホントその通り。これだ!って思う音が
『reFX NEXUS2は音楽制作が超早くなるシンセサイザーだ』の画像

u-heが現在開発中のRePro。シーケンシャル・サーキットのpro-oneをエミュレートしたバーチャルアナログモノシンセです。リリースは2016年中ということですが、ベータ版が現在無料配布中で、5つのフィルターについてアンケートを集計してます。肝心の音ですが、さすがはu-heと
『u-he ReProのオシレーターとフィルターを検証してみた【Pro-Oneエミュレートシンセサイザー】』の画像

Atmosphereに引き続き、懐かしシンセシリーズです。ベース音源の代名詞とも言える、Trilianの前身の音源です。現行のTrilianが上位互換してまして、Trilogyはディスコンとなっています。名前はこちらの方が好きだったなぁ。32bit環境などPCスペックにお悩みの方は使ってる
『TRILIAN の前身 TRILOGY レビュー【SpectraSonics】』の画像

YAMAHA reface DXで復活を果たした本家FM音源が勢いを増してきてます。最新のフラッグシップMONTAGEでは最新のFM-X音源が搭載、KorgからVolcaが発表、更にはNative Instrumentsの創始者が次世代シンセとしてC15と呼ばれるFMシンセを開発中。もうこりゃ完全にFM音源キてますよ
『DX7を忠実に再現したフリーソフトDEXEDレビュー【FM音源】』の画像

世界的に大ヒットしているシンセOmnisphereの前身シンセAtmosphereをご紹介します。いまだに愛用している方も多いのではないでしょうか。Omnisphere発売と当時にディスコンになっています。Omnisphereが上位互換でAtmosphereの音色を全て内包しているので問題ないのですが、
『Omnisphere の前身 Atmosphere レビュー【SpectraSonics】』の画像

今までたくさんのソフトシンセを買ってきましたが、とうとう最高のシンセに出会いました。Divaは70~80年代の実機を再現したバーチャルアナログソフトシンセとしては現時点で最強と断言できます。CPU負荷も最凶ですwたった一音色を和音で弾いただけでメーター振り切りそうに
『最強のバーチャルアナログ u-he Diva レビュー』の画像

SampleTank3拡張ライブラリ音源です。DAW上で開いているSampleTank3から買えます。良い時代になったものですねw20周年イベントで安くなっていたので購入しました。 American Acousticとは イタリア モデナにあるIKmultimediaのスタジオで、最高のマイク、プリ
『カンタン高音質なギター音源【SampleTank3 American Acoustic レビュー】』の画像

Kompleteのアップグレード・クロスグレードが50%OFFになってます。現在Kompleteは割引セールやってます。※2016年6月8日現在現行はKomplete10ですが、発売されてから1年半が経過していますので、そろそろ11の登場もあるのでは?という声もチラホラ。過去のKompleteが発売され
『KOMPLETE11の発売日を勝手に予想してみる【Native Instruments】』の画像

90年代を彩った音色がたくさん詰まってるSR-JV80シリーズエキスパンションボードのカタログです。 平成10年のKeyboardマガジンのおまけ。もう18年前じゃ・・・。 プリセット名がバッチリ載ってたりするので懐かしんで眺めてもよし、INTEGRA-7のエキパ
『90年代を彩った Roland エキパン音色【SR-JV80シリーズ カタログ】』の画像

昨年末にいつも使ってるプラグインは書きましたが、やっとこせシンセ編書きたいと思います。ゲーム音楽ばかりを作っているので、ソレっぽい音楽作りたい人の参考になれば良いかな。ゲーム音楽といっても、シンセ音色をメインに使っていますので少々偏りがありますが、使え
『ゲーム音楽をアレンジ・耳コピするときに使いまくってる10のシンセ【ゲーム音楽DTM】』の画像

マルチ音源代表の一角、IK MultimediaのSampleTank3です。 4,000音色33ギガというモンスター級サンプル音源。 昨年のアプグレセールで10,000円くらいで買いました。 詳しいレビューは色んな方が書かれてるので、わたしなりに違った角度からレビューします。 I
『IK Multimedia SampleTank 3 レビュー【こんな人にオススメ】』の画像

買って大正解でしたコレ。前から気になってた音源だったんですが、先日半額だったのでようやく買いました。80年代、90年代のハードシンセが好きって方に強烈にオススメしたいソフトシンセUVI Synths Anthologyです。アナログシンセの音もたくさん入ってるんですが、それ以外
『80・90年代のPCMハードシンセ好きに絶対オススメ『UVI Synths Anthology』レビュー【デモあり】』の画像

INTEGRA-7の電源を入れない日はないくらいに愛用しておりますが、不満もあります。 今回はINTEGRA-7の悪口を書きます。もちろんRolandさんに改善していただきたい部分です。Rolandさん見てますか!ぜひお願いします! エディターがイヤ わたしはINT
『INTEGRA-7の弱点はエディターである【Roland INTEGRA-7 Editor】』の画像

遂にYAMAHAからMOTIF XFの後継機が出ます。その名もMONTAGE。メカメカしいフォルムがかっこいいですね。このまま登場となるでしょうか?ざっくり情報集めてみましたwとらさぶさんの記事も合わせてどうぞ。 YAMAHA MOTIF XFの後継機「MONTAGE」、まもなく登場か? - musirak
『YAMAHA MONTAGE ざっくり情報まとめ』の画像

kOMPLETE KONTROL(以下KK)を昨年の黒金でゲットしました。シンセでもないMIDI鍵盤なのに高い!という声もチラホラあります。私も買うまではそう思っていました。しかしそれは実際に使ってみて完全に払拭されましたね。十分に価値があるKOMPLETEユーザー必携のキーボード
『KOMPLETE KONTROL S25 ざっくりレビュー【Native Instruments】』の画像

↑このページのトップヘ