SynthSonic

シンセとかゲームとか。音楽作ってます。

SynthSonic イメージ画像

ハードシンセ

u-heを超えるのはu-he。 個人的にプラグインシンセのアナログ部門では、u-he Divaが揺るぎない最強のシンセでした。 しかし、Divaを超えるバーチャルアナログシンセがリリースされました。それが今回レビューするRepro-1です。 モノシ
『Sequential Circuits Pro-Oneを完全再現したu-he Repro-1レビュー』の画像

シンセサイザーなどのプラグインに求められるのは音の良さに加えて、軽さや安定感、わかりやすさ、GUIの良さも重要なファクターです。音の良さ以前に、操作がしづらくて全然わからない、触る気が起きないと評判のSynthMasterですが、本当に良いシンセなのに、その複雑さやGUI
『SynthMaster Oneは初心者にもオススメできるシンセサイザーだ』の画像

フリーソフトは無数にあり、シンセサイザーというカテゴリに絞ってもどれを使用すればよいのか迷います。 とは言ってもリスクは手間くらいなので、とりあえず試してみれば良いのですが、ムダなシンセを入れてドライブ圧迫は避けたいもの。 それでもフリーにしておく
『【フリープラグイン】Oberheim OB-8・OB-X・OB-XaをエミュレートしたシンセサイザーOB-Xdレビュー』の画像

今回は、ピアノランキング圏外編です。 TOP10はこちらをご覧ください。 今回は知らない音源がたくさんありました。ディスコンになっているものを愛用されている方もいたりして、愛着とこだわりを感じます。 ぼく自身、ピアノ音源に詳しくないこともあって見識が広が
『好きなピアノ(プラグイン)ランキング2016【圏外編】』の画像

2016年9月13日から一週間にわたり、ブログ上にて「好きなプラグインランキング2016」アンケートを募りました。 詳細はシンセランキングの記事をご覧ください。改めて、アンケート企画にご参加頂いた皆様、本当に有難うございます。ピアノ部門は119件の
『好きなピアノ(プラグイン)ランキング2016【SynthSonic調べ】』の画像

遂に発表されたSpectrasonicsのKeyscape。すでにDTMer界隈で最強の鍵盤音源と評判は上々のようです。 いやーそれにしてもエリック社長(Spectrasonics)には焦らされましたw 9月1日(日本時間)に発表されると思って盛り上がってたんですが、結局9月2
『Spectrasonics Keyscape の登場はソフトシンセ革命だ』の画像

BitSonicよりウェーブテーブルシンセサイザーWT-01がリリースされました。 サイトにもSylenth1、MASSIVE、SERUMを名指しして、バーチャルアナログのレッドオーシャンに殴りこみをかける言葉が記載されてます。相当な自信です。 BitSonicいわく、大ヒッ
『BitSonic WT-01 REDはシンセサイザーのスタンダードになれるのか』の画像

オケヒの音好きですか?ぼくは好きです。むしろ大好物w知らないって人はマイケル・ジャクソンのBADのイントロを思い出してください。え?BAD知らない?TMネットワークのCOME ON EVERYBODYや、ガキの使いのトークの出囃子(28秒のとこ)とか。あげればキリが無いですが、とにか
『オケヒ(オーケストラルヒット)が入っているソフトシンセまとめ』の画像

まだ質の悪い909サンプルで消耗してるの?Monade SoundsというデベロッパーからRoland TR-909を高音質でサンプリングしたソフトシンセが発売されました。通常$16ですが、現在はイントロセールで$12となっています。フリーバージョンのmini909を試したところ、あまりにも気
『【フリー版あり】TR-909を高音質録音したソフトシンセ Pure909レビュー』の画像

INTEGRA-7について書いた記事をまとめました。・INTEGRA-7が欲しいけど実際どうなの?・マニュアルなどにも載っていないことを知りたい・SuperNATURALって何?・実際の使用感ってどうなの?こんな方はチェックしてみてください。全部で10本記事あります。購入を検討されて
『Roland INTEGRA-7 レビューまとめ』の画像

SuperNATURALについてシンセ部分にばかり注目してきましたが、今回はRolandのフラッグシップ機にしか搭載されていないINTEGRA-7アコースティックトーンに焦点を当てていきます。INTEGRA-7を買うほとんどの人はXV-5080とかSRXシリーズの資産が一番の目的で、それに加えてSuper
『【INTEGRA-7】SuperNATURALアコースティックトーンの仕組みを検証してみる』の画像

↑このページのトップヘ