SynthSonic

シンセとかゲームとか。音楽作ってます。

SynthSonic イメージ画像

ソフトシンセ

ひとことで言うと、KORG micro KEY61(10,000円くらい)を買うと、ソフトが$1,100(132,000円)分ついてくるという頭おかしい(褒め言葉)企画ですwどっちがオマケなんだw色んなところで散々記事になっているので知ってる方も多いと思います。今更ですがどうしても紹介し
『KORG micro KEY 61 のバンドルソフトが「完全に」頭おかしい件について【Korg legacy collection】』の画像

SONICCATのCALLIOPEです。ちょっと懐かしいハードPCM音源を彷彿させる、KONTAKT専用の総合音源です。買ってみたとか言ってるけど5月には買ってました・・・。今年の5月からSONICWIREで取り扱いが開始されました。本家では昨年に発売されていたようです。ちなみにSONICCATは韓
『Sonic Cat CALLIOPE レビュー【総合マルチ音源】』の画像

先日SynthMasterが2.7にアップデートしました。公式のフェイスブックで機能一覧が紹介されていたのですが、英語だしわかりづらかったので、個人的に訳して何が変わったのかもチェックしてみました。現在使ってる人、これから買う人の参考になれば良いかなと思います。
『SynthMaster 2.7の新機能一覧を翻訳して調べてみた』の画像

夏休みもあとわずかになって鬱状態のゆにばすです。夏休みはなんやかんや用事があったので、時間を見つけては部屋の掃除したりしてました。BBQは2回ほどやりましたけど、あと1回くらい出来そう?かなw Cubase5をずっと使用してましたけど、遂に8を導入しました!Stud
『Cubase Pro 8導入しました。古いバージョンを使ってる人は絶対アップグレードするべき。』の画像

マルチ音源って色んな音が入ってますよね。ファミレスのメニューで言うとミックスグリルみたいな感じ。長所はオールマイティであること、短所は中途半端なこと。専用音源に比べて、コレといって突出していない(音作りの自由度が低い等)ことです。 そんな、人によっては個
『YAMAHA MOTIF-RACKレビュー【DEMOあり】』の画像

ついに買いました!発売から3年、長かった・・・。しかも7月から値上げになる(なった)ので、それに背中を押された感があります。XV-5080を長年愛用していたので、いつかは買うと決めていたんですが、なにせ高い(価値の話ではなく懐事情w)ので手が出ませんでした。しかし
『Roland INTEGRA-7を遂に購入したので開封の儀』の画像

イギリスのOxford社が1983年に発売したアナログモノシンセOSCarをソフトシンセ化したのが、GFORCE SOFTWAREのimpOSCarです。2002年発売ですから、もう13年も前ですか!古っ!古いんですけど、インターフェイスがカッコ良過ぎるので、それだけで立ち上げたくなるんですよね。
『見た目が最高なソフトシンセ GFORCE impOSCarレビュー【DEMOあり】』の画像

ども、PCM音源が大好きなゆにばす(@universe_ex)です。KORGの一時代を築いたTRITONのレビューです。1999年にキーボードタイプのTRITONが発売され、M3が出るまで(OASYSは別扱い)フラッグシップモデルとして君臨したPCM音源のシンセサイザーです。高校生の頃に、友人と2人
『KORG TRITON-RACK レビュー【DEMOあり】』の画像

2015年4月24日、 V COLLECTION の新しいバンドル、CLASSICSが4月24日に発売されます。Vコレ4は13種類のシンセをバンドルした豪華版ですが、CLASSICSは厳選6種類をバンドルしてます。果たして、買いなのかどうか。音のデモは過去記事にてどうぞ。 Arturia V COLLECTION 3 全
『Arturia V COLLECTION CLASSICSは買いなのか?』の画像

各社からプリセットも出まくってるベストセラーのソフトシンセLennarDigitalのSylenth1です。根強いファンも多く、私も大変お気に入りで、使ってない曲は無いってくらいよく使ってます。公式よろしく「実際にあるシンセサイザーを真似て作ったシンセではなく、オリジナルのバ
『僕がSylenth1を使う理由【ちょっとデモあり】』の画像

1996年にRolandから発売された名機JP-8000。20年近く経ってもJP-8000を再現したソフトシンセが活躍してますね。結構色んな種類があるのでまとめてみました。最初はトランスのイメージだったSUPERSAW音色ですが、ダンスミュージック以外でも、ぽい音がよく使われてますね。す
『JP-8000を再現したソフトシンセ厳選まとめ【Rolandが生んだSUPERSAW】』の画像

ブログ書くにつれてだんだんオムニ使いになってきてる(気がする)ゆにばす( @universe_ex )です。 今回はMAINページのラストCONTROLS。 パッチを調整するマスターダッシュボード的インターフェイスです。 Spectrasonics Omnisphere2が発売されるまでに使いこ
『Spectrasonics Omnisphere【CONTROLS編】』の画像

Spectrasonics Omnisphere2が発売されるまでに使いこなせるように頑張ってみる①【これを知ればOmnisphereが好きになる】②【Omnisphereはこう使え!】③【Omnisphere ORB】④【Omnisphere VISUALIZER】第5弾です。私はこのインターフェイスは使った事ない(無視してた)んで
『Spectrasonics Omnisphere【INFO編】』の画像

Spectrasonics Omnisphere2が発売されるまでに使いこなせるように頑張ってみる①【これを知ればOmnisphereが好きになる】②【Omnisphereはこう使え!】③【Omnisphere ORB】第4回は、レトロなブラウン管オシログラフを彷彿させるVISUALIZERです。 要はオシロスコープ
『Spectrasonics Omnisphere【VISUALIZER編】』の画像

Spectrasonics Omnisphere2が発売されるまでに使いこなせるように頑張ってみる ①【これを知ればOmnisphereが好きになる】 ②【Omnisphereはこう使え!】 第三回です。 Omnisphereの数あるインターフェイスを使えるように頑張ってみます。 今回は『ORB』(オーブ)
『Spectrasonics Omnisphere 【ORB編】』の画像

↑このページのトップヘ