claritym
DTMerの皆様、ブラックフライデーに続きサイバーマンデーと続く怒涛のセール大変お疲れ様でございます。先日twitterでご報告のとおり、わたくしめもしっかり散財しておりますw

まだまだ年内はアツいセールが続きそうなので楽しんでいきましょう。

さて、本題です。

ラウドネスメーターTC Electronic「Clarity M」を購入しました。

ステレオバージョンの新作がリリースされるというニュースを知って、発売を楽しみにしていたんですね。サラウンド機能が削られて安くなるのかな?なんて期待してました。

が、どうやら国内では100,000円近くすることが判明。

値上がりするかもしれんぞ!と、慌てて海外ショップから購入ってな流れです。

狙っている人もいるかと思いますので、とりあえず買い方ご報告です。Clarity Mに限らず海外ショップから買う時の参考にどうぞ。


Clarity Mとは
USBやオプティカル、AES入力に対応したラウドネスメーターです。プラグインでよくね?って思うかもですが、やっぱり常駐させられることと、PCから出る全ての音をアナライズできるのは大きなアドバンテージです。物理は正義。
まだセッティングして1日なので中身の事は置いといて見た目的なことを中心に。

画面は高解像度を謳ってるだけあってとてもキレイ。イコライザーの動きもヌルヌルで良い感じ。最高です。

ボティの見た目はほどほどの質感で重量もまぁまぁ。安っぽさは感じないものの、それほど高級というわけでもないかな。

背面にある折りたたみスタンドは開閉式なのかなと思ったら固定されていて、六角ドライバーが必要です。爪でカリカリやって少しキズ入ってしまったよ・・・(泣
included-stand-image
ボタンは感触が軽くてちょっと安っぽいかも。欲を言えばもうちょっとシッカリ感が欲しかったかな。

電源は日本対応の変換プラグもついてるし、アダプターなので電圧も問題なし。USBケーブル、AESケーブルもついてます。※光ケーブルなし

中身については公式参照

購入方法
10363791_793838227295112_1141805264378123189_n
猫画像でお馴染み、大手ベンダー、JRRで購入しました。

Sweetwaterと悩んだのですが、JRRの方が安かったし普段セール等でお世話になっていて安心感もあったので。

①サポートに、Clarity Mが欲しいが日本に出荷してもらえるか確認。(念のため)

②住所の入力は不備なくしっかりと英語表記で。電話番号までしっかりと。

こちらが分かりやすいです→英語の住所表記|名刺や郵便物で使える8つの書き方

③購入手続き 配送業者を選択
 ・United States Postal Service(アメリカ合衆国郵便公社)
 ・Federal Express(世界最大手の空運会社フェデックス)

どちらでもいいかとは思いますが、以前カナダの「reFX」から「Nexus 2」を買った時に使ったことがあったフェデックスを選択しました。追跡サービスで逐一状況がわかるので安心です。

shiping

アメリカから4~5日で到着しました。早いですね。

リスクもある
apple_doku_ringo
輸入にはリスクもあります。

まずメーカー保証などは無い、と考えた方が良いでしょう。代理店さんに相談すれば何とかなるかもですが、個人輸入とはそんなものです。

壊れていてもなかなか返品や交換などはハードル高いですよね。その気になればやれるとは思いますが、何せ相手は海外ですから・・・。泣き寝入りする可能性もあるということ。

安心料というかサポートの面も含めて国内ショップは価格が乗ってるワケです。なので一概に高いとは言えなんですよね。

※Twitterで教えていただいたのですが、電源プラグ変換キットの日本対応のものが入っていないことがあったようです。

くれぐれも自己責任でお願いします。

さいごに
いかがでしたでしょうか。

案ずるより産むがやすし、カンタンです。必要なのはお金と度胸だけですねw

プラグイン立ち上げずとも常にメーターを監視できるのはホント良いです。テンション上がります。

通常$299のところ、カート割で$269。加えて送料がかかるので、約40,000円くらいでした。

JRRのサイトはこちら

国内での購入はこちらからどうぞ

TC electronic/Clarity M



スポンサーリンク







↓DTM・シンセサイザーに関するセールや新製品ニュースを発信中↓
cooltext241916419656511 (1)

【関連記事】

ミックスをリファレンスに近づけるプラグイン、ADPTR「Metric AB」レビュー 【Plugin Alliance】 : SynthSonic

ミキシングの技術を上達させるには経験と知識が必要です。そして、やみくもに数をこなしても商用作品のような素晴らしい結果はなかなか得られません。そこでミックス上達の最も近道として「リファレンス」を真似るわけですが、耳だけでの判断がこれまた難しい。慣れていない


DTMerの肩こりや手首の痛みを軽減するトラックボール、Logicool MX ERGO(MXTB1s) ワイヤレストラックボール レビュー : SynthSonic

ついにLogicoolよりトラックボールのフラッグシップモデルが登場です。本格派トラックボールといえば、ケンジントンのExpartMousや、Slimblade Trackballなどが人気ですよね。ぼくも憧れていたんですけど、もともと親指トラックボールに慣れていたこともあって、どうしてもあ


堀江貴文著「好きなことだけで、生きていく。」を読んだ : SynthSonic

さて、7月です。2017年も半分が過ぎましたね。ここのところ各デベロッパーによる怒涛のサマーセールラッシュ攻勢が続いておりますが、DTMer各位、息してますか?今年のサマーセールはWavesが話題になりましたね。経営を心配する声や、売り方に疑問を持つ方もいたり、ぼくとWa