IMG-4854
Macbook Proをモニター接続して使いたい!ってことで、クラムシェルモードデビューしました。

クラムシェルを使用するにあたって外付けキーボードが必要になります。当然、真っ先に候補にあがったのが純正品のMagic Keyboard。

ぼくのMacデビューはMacBookProなので、Apple社製のキーボードをまともに触ったのはノート型です。その使用感から想像するに「Magic Keyboardはカッコイイけど打鍵感が無く軽い(触った感じが)んじゃないかな?」と。

Windowsでは打鍵感、ストロークのしっかりあるキーボード(Logicool製)を使っているので、Macは「オシャレだけど薄くて使いづらそう」という感覚がまだまだ抜けない。

という理由から、サードパーティの製品を買ってしまおうかと悩みました。ぶっちゃけ、悩んだ理由のひとつに価格もありますね、結構お高いw

でもせっかくMac買ったわけですから、Apple製のキーボードに慣れた方が良いし、そのうち快適になるのかも?との思いから結局Magic Keyboardを買いました。

結論を先に書いておきますが、「最高」です。

ってなわけで、なんだかんだAppleに浸食されてるのですが、同じような思いの人もいるかもしれないので、ざっくりとレビューしたいと思います。


タッチが最高すぎるしスタイリッシュ。Macbookとは別物
IMG-4852
MacBook Proのタッチが悪いとは言いませんが、Magic Keyboardが同じ感じだったらイヤだな、とは思ってました。

ところが全くの別物。薄くてスタイリッシュなのに、ずっしり安定感があって打鍵感が心地よいんです。あと音も良いのでタイピングの気持ちよさに拍車かかりますw


言わずもがなですが、見た目も良いですよね。

これは買ってから気づいたんですが、付属のUSB⇔ライトニングではなく、USB-C⇔ライトニングケーブルでも接続可能です。この場合USBハブは必要ありません。



IMG-4853
iPhone Xにカバーをつけたものより薄いです。

薄いと打鍵感無さそう、手首とか疲れそう、なんてことも心配していましたが、今のところは全くそんなこと感じないですね。ちなみにこのiPhoneケース超気に入ってます。


ただ、Magic Mouse2だけは人に勧める気になれないんですよね。スクロールホイールが無くてあのツルっとした感じが慣れないんです。ベタつくのはぼくの手の性能の問題かな・・・。

いつの日か、慣れて好きになったらオススメしますが、まだまだその気になれません。

さいごに
いかがでしたでしょうか。

思い込みは良くないです。実際使ってみないと分からないということを改めて感じました。

ってかApple製品のクオリティがすごい。高いだけあってとても良いです。

Windowsしか使って来なかったのでまだまだ新鮮な感じは続いてます。お金の出費も続いてますw

ではでは。

スポンサーリンク







↓DTM・シンセサイザーに関するセールや新製品ニュースを発信中↓
cooltext241916419656511 (1)

【関連記事】

新型2018 Mac Book ProでDTM環境組んでみた : SynthSonic

前回の記事で書いたとおり、Macデビューを果たしました。まだまだ操作になれずググりながら日々勉強している状況です。まだまだ腰を据えてDTMはやってないのですが、とりあえずセッティングを行ったので、簡単ではありますが書いていきます。写真は家の食卓におっぴろげて撮


【DTM考察】曲作りたいのに打ち込む気力が無いのは正常 : SynthSonic

打ち込み捗ってますか? 大好きな音楽、DTMなのになかなか重い腰が上がらない時ってありますよね。 楽しいはずなのに、なんだかやる気がおきないという日々が続き、気付けばソフトシンセだけはマメに買うDTMerになってませんか?え?お前はどうなんだって?お、俺は


安くて音が良いと評判のCreative Aurvana Live!レビュー : SynthSonic

CREATIVEの製品はスピーカーも使ってて、安い割には音が良いので、このヘッドフォンも前から気になってはいたんですが、やっと買いました。あの安井洋介さん(@yousukeyasui)もご愛用されているヘッドフォンです。※ミックスやマスタリングもこれを使用されているようです。