IMARIzazen0I9A7332_TP_V
新年ということで、2018年の目標を掲げてがんばってる方も多いかと思います。

今は良いんですが、日が経つにつれてだんだんと目標を見失ったり、諦めたり、どんどんとプレッシャーになってきたりする場合もありますよね?ね?

そんなあなたにピッタリの本をご紹介します。「机に向かってすぐに集中する技術」です。

目標設定をしてもうまくいかない理由とその改善方法や、テーマである集中力に関しても、すぐに実践できるように丁寧に掘り下げてありますので、実用書と言って差し支えない内容かと。

新年のスタートを切った今、余計なことに悩まないためにもオススメです。


モチベーションに頼らない
OZP88_jojouryy_TP_V
「やる気が出ない・・・」「なんで俺はこう無気力なんだ・・・」

そう考えている人、ハッキリ言って正常です。だって人間だもの。みんな同じなのですよ。

日頃からやる気に満ち溢れている人ってのは「やる気でない」なんて悩んだりしないだろうし、そんな人は万に1人。成功者の資質が備わっている超人です。

我々凡人は日々「めんどくさい」という最強の敵と闘う生き物なのです。がんばってこ。

心の強さに頼るのではなく、「集中力を引き出すワザ」を知り、使いこなすこと。


ストイックさに頼らずに「めんどくさい」をなくす。


心を鍛錬することで集中力を高めようとすれば、いつか挫折してしまうのがオチなのです。  

やる気がねぇなんて気合が足りねぇんだ!根性だ!と考えだすと自分を追い込んでしまいがちです。ほとんど続きませんし。

ちゃんと方法論があるので、一度試してみましょう。

まず「やる」

parachute-skydiving-parachuting-jumping-128880


成績のいい子はみな共通して、「今、その課題をやりたいか、やりたくないか」という自分の気持ちとは無関係に、「まずは課題をやる」という行動をしてしまうということです。勉強ができる子というのは、たいてい自分のモチベーションを後回しにします。

モチベーションは後回し。やる気がないのは当たり前なのです。やらないとやる気は出てこない。

「課題をやる」という行動をした後に、「あれもやりたい」「これもやりたい」「もっとやりたい」というモチベーションがわいてくる。

行動をすると側坐核が刺激され自ずと行動するようになるのが人間です。めんどくさい部屋の片づけもやり出すと止まらなくなるアレです。


つまり、成績のいい子は、「やりたい」「やりたくない」という感情を抜きにして、まずは「課題をやる」という行動に集中することができるのです。


勉強ができない子は、「感情」→「勉強」で動きます。一方、勉強ができる子は、「勉強」→「感情」の流れで動いています。


なんだかやる気が起きないなぁ・・・って時は、それがマイナスだと思わず、当たり前だと受け止めて行動してみましょう。

5分だけ、とかでも良いと思います。好きなことであれば気づけば1時間くらい経っていたりするものです。

目標は立てない
william-iven-19843

「目標設定をしたけれど、うまくいかなかった……」という人が大多数であるのが現実。


もちろん、中には「将来、○○になりたい」というモチベーションで、物事を頑張る人や子供もいます。しかし、私の印象では、そうしたケースで目標を達成していく人はかなり少ないと感じています。

「目標は要らない」これは堀江貴文さんなんかもよく言ってます。

もう一度書いておきますが、目標を持つことがダメではなくて、目標を立てることで上手くいかない人が多いということ。

あなたが目標設定をしても、うまくいかない理由。それは目標設定をすることによる「モチベーション」に頼って、目の前の課題に集中しようとするからです。


目標設定によるモチベーションが、長続きしない理由は2つあります。ひとつは、「将来の目標」と「日々の作業」をリンクさせるのが難しいこと。もうひとつは、「理想の自分」と「現実の自分」のギャップが大きすぎて、やる気を失ってしまうことです。


目標設定をしてもうまくいかないという人は、何度も言いますが、まず目の前の課題に集中すること。


で、こういう話になると「目標がないと何が課題かわからないよね?」って人がいます。

それこそ好きなことをやれば良いのです。突き詰めてそれをアウトプットするだけでも見えてくるものがあるはず。

堀江貴文著「好きなことだけで、生きていく。」を読んだ : SynthSonic堀江貴文著「好きなことだけで、生きていく。」を読んだ : SynthSonic

とにかく、何かやることが大事。同じ方向でなくとも、色んな考えが出てくるものです。行動なくして知恵も出ません。

さいごに
いかがでしょうか。

目標を立てて頑張れる人はいいですが、今までダメだった人は、いっそのこと目標を立てずに目の前の課題に打ち込むってのはいかがでしょうか。今を生きる、まさしくそれであります。

行動をしながら試行錯誤していくことが、変化の早い現代を生き抜く最善手なのかなと。

ちなみにぼくは目標を持つことも、公言して自分を追い込むことも苦手な「不言実行タイプ」なので、内燃するエネルギーをなるべく放出しないようにしています。

あえて公言することで周りから追い込んでもらう、って人もいると思いますが、ぼくは天邪鬼なのでイヤになってしまうんですね。ひねくれてますね。

というように、ひとそれぞれタイプがあるので、ひとつの例として試してみてもらえればなと思います。

ではでは。



スポンサーリンク







↓DTM・シンセサイザーに関するセールや新製品ニュースを発信中↓
cooltext241916419656511 (1)

【関連記事】

忙しい現代を楽しむ必須スキル「時間を効率的に使う」ために読んだ本まとめ : SynthSonic

「時は金なり」と言いますが、最近本当に痛感しています。お金があっても時間がないと遊べないし、時間がないとお金も生み出せないわけです。 ちきりんさんの「 自分の時間を取り戻そう 」を読んでからというもの、生産性を上げることにハマって、効率化について本を読みまくってます。 ⇒ 【DTM考察】音楽制作のスピードを上げるには生産性を高めることが重要『ちきりん著:自分の時間を取り戻そう』を読んだ ...


【個性は捨てろ!型にはまれ!三田紀房著】を読んでいろいろ考えてみた : SynthSonic

先日に続き、三田紀房さんの本をもう一冊ご紹介したいと思います。前回はクリエイターのほとんどは「普通の人」である【徹夜しないで人の2倍仕事をする技術三田流マンガ論】を紹介させていただきました。まず最初に断っておきますが、己の湧き上がる個性で勝負し、結果


「否定するだけ」は思考停止。クリエイティブを阻害するって話 : SynthSonic

先日こんなツイートを見かけました。 何も行動しない人の典型> https://t.co/DK5nLNAxL1 - ゆにばす(シンセサイザー/ゲーム音楽) (@universe_ex) 2017年3月21日 にーちの趣味ぶろ にーちさん(@nych87)のブログに書かれていた漫画な