IMG_1244

まず断っておきたいのですが、ぼくはFM音源が大好きです。どのくらい好きかと申しますと、定期的にFM音源を聴かないと禁断症状が出るくらいには好き。 

で、FM音源を極めし者でもありません。まだまだ発展途上でございますw 


このエントリーを読んでくれている方は、FM音源が好き、少なくともシンセサイザーに興味がある方でしょう。 

その中でも、これからシンセサイザーを学びたい、もしくはFM音源を使ってみたいという方に、ぼくなりのアドバイスというか、経験則から言えることをお伝えできればなと思います。

結論を先に書いておきますが、シンセ初心者にはFM音源がオススメできません。何故なのかを書いていきますので興味のある方は読んでみてください。

ホントに初心者の方もいるかもしれないので、専門用語は極力使わずに書きます。


FM音源の魅力
IMG_1156
FM音源の魅力は、アナログシンセでは表現しづらいアタックが早い音、尖った倍音、金属的な響き、強烈な時間的変化などなど挙げればキリがありません。FM音源ならではの世界観はまさしく唯一無二で、無限の可能性を秘めているシンセサイザーです。

参考記事↓
【無料】FM音源好きは全員聴くべし!一流クリエイターがFM音源を使い倒したオムニバス
世界のFM音源アーティストが集結したウェブアルバムの最高峰SoundShock3がリリース

これほどまでに魅力的なシンセサイザーなので、虜になってしまう人も多く、初心者も例外ではありません。出会ってしまったが最後、自分も使ってみたい!と考えるのはごく自然のことですよね。 

で、そんな感情に水をさすようですが、ちょっと冷静に、立ち止まって考えて欲しいんです。

全力でオススメできない理由
19
こんなにも魅力的なFM音源なのですが、大きな欠点があります。

とにかく難しい!

FM音源の代表選手であるDX7が誕生して30年を超えた今も克服出来ていない大きな壁です。

ソフトシンセ、アプリ、最新のハードシンセなどで様々なアプローチが見られますが、未だに革新的な改善は見られません(かなり使いやすくはなっている模様

構造上シンプルに出来ない仕組みなんですよね。色々な部分を端折ってしまうと、FM音源の良い部分が出せないので、折り合いが付けられないのが現状かと思います。

とにかくどんな音が出るか予想がつきづらい。他のシンセではよくある「直感操作」でなんとなく良い音が出来るということがほとんどなく、ノイズっぽくなることが多いという、なんともドSなシンセです。

気合いでやれば何とかなるやろ!そんな風に後ろ向きでどうする!なんて意見もあるかもしれませんが、初心者がどうすればシンセ道を進んでいけるかがテーマですので、もっと合理的に考えるべきです。


まずは小さい壁から超えていく
IMG_1121
きっかけは何であれ、シンセサイザーを勉強したいという気持ち、その燃え上がった意欲を消してはなりません。

ゲーム序盤でいきなりラスボス出てきたら勝てないし、毎度毎度ラスボスと戦わなければいけなかったら心が折れます。初心者の間は「FM音源=シンセサイザー界のラスボス」とお考えください。 

人間は乗り越えられない壁にブチ当たると不可能感にとらわれて諦めてしまうもの。初めのうちは、少しでも早く使えるようになって、楽しむことが重要です。最短距離で「シンセ=楽しい」に辿りつくことにプライオリティを置く。

シンセサイザーの醍醐味は音作りです。初心者が音作りの成功体験を積むにはどのようなシンセが最適なのか。わかりやすく、操作性が良く、音が良いものを選ぶと良いことはわかりますよね。ではどのようなシンセが良いのか?

好きなシンセでよい
5
FM音源以外であれば、何でも良いと思います。アナログでも、PCMでも良いので好きなもの、気に入ったもので良いでしょう。

選ぶ基準としては、

・シンプルで使いやすい
・音が良い
・見た目が好き
・CPU負荷低い


以上の点を抑えておけばよいかと。

最初はシンプルなものから入って情熱を育てましょう。アナログシンセだって勉強しないと自在に操ることはできません。それにしたって、FM音源よりは数倍わかりやすいはず。

で、他のシンセで習得した考え方はFM音源に応用できるんです。


さいごに
いかがでしょうか。

賛否両論あるかと思いますが、要はFM音源の音作りは中級者以上になってから挑戦すれば良いのでは?ってこと。もちろん、ゆくゆくはFM音源しっかり向き合っていけるために、最初は他のシンセから基礎を学んだ方が近道なのです。

最近はFM音源のシンセは、プリセットが大量に入ってるので、音作りしなくても十分使えるかもですが、好みの音に近づける調整すら難しいです。

そんなことはない、FM音源から始めるべきだという反論もお待ちしております。

どうしてもFM音源から始めたいという漢前は、reface DXから初めてみてはいかがでしょうか。4オペレーターだし、操作性も良いと評判です。

ではでは。




スポンサーリンク







↓DTM・シンセサイザーに関するセールや新製品ニュースを発信中↓

【関連記事】

好きなシンセサイザーランキング2016【SynthSonic調べ】 : SynthSonic

2016年9月13日から一週間にわたり、ブログ上にて「好きなプラグインランキング2016」アンケートを募りました。 内容はシンセ、ピアノ、ドラムのお気に入りのプラグインを「ひとつだけ」教えてくださいというものです。 ひとつだったので悩ませてしまったかもしれませんが、あえてひとつ選んで頂くことで、わかることもあるのかなとも考えまして、このようなアンケートになった次第です。 ...


【DTM考察】シンセの知識が深まればシンセがもっと面白くなるって話 : SynthSonic

DTMerのみなさん、セール楽しんでますか?ブラックフライデーは終わってしまいましたが、黒金って何よ?ってくらいサイバーマンデーが熱かったり、まだまだ勢いは止まらないですね。ちなみに正月明けくらいまではセール色々熱いですから、まだ弾に余裕がある方はチェックし


シンセサイザー初心者・入門機にオススメ【Roland GAIA SH-01 レビュー】 : SynthSonic

ソフトも良いけどハードもね! ってことで、ちょっと前に(null_)さん()から譲って頂いた出音が最高のバーチャルアナログシンセサイザーです。 今年の冬はぬくぬくとコタツでハードシンセいじりどうですか?スピーカー内臓ではないので、ヘッドフォンかコンパクトスピーカーは必要ですけどね。PC無しで音作りもたまには良いもんです。 ...