遅い・・・PC立ち上がるのが遅い。そんなストレスを抱えながら音楽制作をやっている方、まだいますよね?ぼくもつい最近までそうでした。消耗しまくっておりました。

遅い理由ってのは他ならぬメインストレージがHDDだからです。みなさんはどうなんでしょうか?昨年11月にアンケートとったらこんな感じでした。


制作用PC意外はとっくにSSD環境でして、そのスピードにはすっかり慣れているので、HDDの制作用PCが遅くて仕方ないんです。もう立ち上げるだけでイライラ。

DAWが落ちて再起動なんてキレそうになってそれだけで投げ出したくなりますね。

SSDだったら速いだろうなぁ・・・そう思いつつも大量のプラグインをインストールしなおすことを考えるとめんどくさい。

しかし、いつかやらなければならないし、SSDの価格もだいぶ下がってきた(最近また上がりつつある)ので、意を決してメインストレージ換装を行いました。

換装した感想は(シャレじゃないよ)いうまでもなく最高!今までなんという無駄な時間を過ごしていたのだろうと。もっと早くやるべきでしたね。 

全DTMerは絶対にやるべき!ってことで、アンケートの3割のHDD勢を一掃すべく書いていきますよ。




起動がめっちゃ速くなる
PCを立ち上げてから作業開始までの時間が大幅に短縮されます。今まではPCの電源入れてから立ち上がるまでに数分かかり、DAWがスムーズに立ち上がるようになるまでにもう数分って感じでした。

この間にスマホいじったりしてるんです。本当にムダな時間を過ごしていました。俺の青春を返せ!

何事も始めが肝心なのは言うまでもありません。「さぁやろう!」という初期衝動は非常に大切で創造力の源泉です。その燃え上がった創作意欲を保つ工夫が必要なのです。

換装する際に、導入しているソフトも減らしたので、高速化の全てがSSDの恩恵とは言い切れませんが、OSの起動時間は「3分の1くらいになった」のではないかと。

今まではPCの電源を入れてからまともにDAWが動くようになるまで5~6分以上かかっていたところが、2分くらいで作業開始できる感じ。

参考までに当方の環境です。

OS・・・windows10 64bit  (SSD入れ替えに伴い7→10に換装)
CPU ・・・Intel Corei7 3.2G  
メモリ・・・32GB  
 
再起動のストレスも激減
 DAWは落ちるのが宿命です。完璧に落ちないってことはありません。あとなんとなくエラーが出て調子悪いなー再起動した方が良いかなーって時ありますよね?

そんな時でも気軽に再起動できるのがSSDの強み。起動も速ければ、シャットダウンも速いわけです。

このタイミングでもやる気を損なわずに済みます。忘れ物をして家に取りに帰る場合、歩いて取りに帰るのと、タクシーを使うのでは元の位置に戻る時間と疲労感は全く違いますよね。それと同じです。

SSDを使えばタクシー使い放題のVIP待遇で気軽に取りに帰れるんですよ。例えは微妙だけどね。

こういう事が積み重なって、ストレスも軽減されていきます。

何にしても速いSSDですが、クリーンインストールするにあたって余計なものを入れないということにも気をつけました。みるくここあさんのブログを参考にさせて頂きました。

DAWは落ちません!!DTM用PCで快適作業 | Rainbow Sound Cafe

DAWもプラグインも立ち上がりが速くなる
当然ですが、DAWの立ち上がりも早くなります。

プロジェクトファイルは別のストレージ(HDD)に入れていますが、それでもソフト自体の起動は早いです。こちらもざっと体感ですが、3分の1くらいになりました。2分弱かかっていたのが、30秒くらいで立ち上がるようになりました。

しかも、PCが立ち上がってすぐにCubase8.5を起動するという少々乱暴な扱いでも余裕です。HDDは安定してから腫れ物に触るように立ち上げないと、2分くらい立ち上がってくれないのでw

プラグインの起動も早い
DAWほどの圧倒的な差はなかったですが、速いです。SynthMaster2.8で2秒くらいは速くなったかな?こういうのも積み重なると大きいですよ。

ちょっとずつの時間短縮が大きな財産となります。あとストレスも溜まらない。

他のソフトウェア、ブラウジングも速くなる
当たり前の話を連発しますが、DAW以外の動作も快適になります。休憩中もサックサクやで。

ネット閲覧も一度表示したことがあるサイトは、ストレージからキャッシュを読み込むため高速化します。

調べものしたい時にもストレスがないんですよね。こういう部分でも、やる気がそがれないしストレスも溜まりづらいです。

パパっとサクッとプラグインをポチる時にも、迷う暇がないので買い物が捗るってもんです(爆

さいごに
いかがでしょうか。SSDに換装することにより、常に価値を生み続けます。確実に生産性は上がります。時は金なり。

それから精神衛生上、非常によろしいです。ストレス激減するので、結果的にDTMをやる頻度が向上するはずです。わずかな時間でも安定して速いPCであればやりたくなるもんです。

作業する時間が増えるし、精神的に安定するということはクリエイティブに直結すると思いますので、DTMerこそ絶対に導入するべきなのです。

少々高いし入れ替えは面倒ですが、価値はあります。これは絶対に活きる投資です。

今回、比較のためにHDDを立ち上げたところ「壊れたかな?」と思うくらい遅いwもう絶対戻れません。

次はサンプルを格納しているストレージを交換したいですね。大容量音源もサクサクにしたいので。

ちなみにCrucialを選択した理由は、プロの方からオススメされたのを盲信しました。3年保証だし安心。

ではでは。



【おすすめ本】
今回のSSD換装、ちきりんさんの本を読んで背中押された感はあります。とても良い本なので是非。
【DTM考察】音楽制作のスピードを上げるには生産性を高めることが重要『ちきりん著:自分の時間を取り戻そう』を読んだ : SynthSonic
 

スポンサーリンク








【関連記事】
「音楽と数学はひとつになる」iZotopeはミュージシャンをクリエイティブにするイノベーターだ : SynthSonic
2016年度いつも使ってるプラグインエフェクターランキングTOP10【SynthSonic調べ】 : SynthSonic
ゲーム音楽をアレンジ・耳コピするときに使いまくってる10のシンセ【ゲーム音楽DTM】 : SynthSonic