game_kakin
どうも、物欲魔人です。

黒金に続くクリスマスセールを経て疲弊(毎年恒例)しておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今年もたくさん買ったはずなのに、既に新たなる欲しいモノが出てきて、本当に人間の欲は底知れないなと。先日、依存症は治せる的なアカウントにフォローされまして、キレて逆に購買意欲が増した次第です。

ってなわけで今回は、欲しいモノはさっさと買った方が良いですよというお話です。 別に開き直ってるわけじゃないですw

もちろんお金がかかる話なので、片っ端から全部買ってけ!っていう単純なものでもありません。

「買わないことのコスト」って意外と見落とされている気がします。

というわけで、機材購入を全力で正当化していきますよ。


そもそも悩んでいる時間自体が無駄遣い
ついついやってしまいがちなのが、欲しいものについてダラダラと調べたり、悩んだり。

買う前の下調べや、デモを試すのは至極当たり前の事ですが、いずれ買うのに「どうしよっかなーっ!?」って悩んでたりしませんか?

気をつけなければいけないのは、これって買ってないから出費ゼロ・・・ではないんです。

逆説的ですが、買ってないのにお金は減っています。時は金なり。

悩んでいる時間をムダに消費していて、本当にもったいない。だったら、いっそのこと買ってしまってから使い方に時間を割いた方が健全です。

生産性という観点からも悩むことをやめる、せめて悩む時間を減らすだけでも効果的です。その時間を制作や勉強に使えますからね。さっさと買うことで時間を節約しましょう。



買って、使って、経験値上がる
当たり前ですが、買って使ってみて初めてその機材が自分にとって必要なモノかどうかわかります。

もっと早く買っとけば良かった!って思ったことないですか?悩んでいた時間はなんだったんだと。

もちろん、使ってみたら意外と好みじゃなかった、とかもよくあります。これは実際に使ってみないとわかりません。結局自分で納得しないと消化できないんですよね。

お金を払うってのも必要な要素のひとつじゃないかなと。タダでも良いんですけどありがたみが少ない。人ってそんなもんでしょ。

【DTM考察】フリープラグインはなぜ使われないのか : SynthSonic
判断基準になる
実際に使用する事で機材のことが体系的に理解できますから、次なる機材選びの糧になります。判断基準みたいなものが自ずと芽生えるでしょう。

自分の評価と世間の評価を比較してみたりするのも良いと思います。

(ドヤ顔で)人に語れる 
買った、使ったという体験を通して、人とのコミュニケーションとの一環にもなります。

「使ったことない」よりも、持っては無いけど「前に使ってた」と言えばとてつもない経験者みたいに聞こえませんか。あーその機材ね、俺にはもう過去のことだよ?みたいな感じです。(一体なんの為に買うんだか 

ダラダラ悩むことは習慣化する
何をするにも決めるのに時間がかかる人っていますよね。元からこういうタイプの人は特に注意が必要ですが、いつも悩んでばかりいるとそれが習慣になってしまいます。 

悩んでいる人の共通点は行動しないということ。物事が進展しません。

逆にポンポンと悩まず決める人は決断力が養われます。

例えばコンビニでの買い物等も同様ではないでしょうか。

作業を開始するのも、音色決めも、全ては同じ。決断すると行動に繋がります。

「迷わない」を普段から習慣化する事は非常に重要。

人間は放っておくと本能的に楽な方にいくんですよ。時には意識して自分を奮い立たせることも必要です。悩んでいると行動しない理由になりますから、知らず知らず自分に言い訳してるのかもしれませんね。

ハードは高価だがリスクは低い

Roland V-synth XT #synthesizer #roland #vsynth

A photo posted by universe (@universe_ex) on

過去にずーっと憧れていたV-Synth買ったんですけど、ぼくには合わなかったんですよね。というか、使いこなせなかったといった方が正しい・・・。

機能満載だし、特にベース系の低音とかハンパなくて素晴らしいシンセなんですが、ぼくにとっては欲しい音ではなかったんです。これも実際使ってみてわかったことなんですよね。

ソフトに比べてハードは不必要であれば売ることが簡単です。 ヤフオクとか。

相場を調べて売ることを含めて検討すれば、手間はかかりますがリスクは意外と少ないと思います。

しっかりと相場を調べて売れることを見越して買うと良いです。多少の手間と差額は発生しますが、それはレンタル料と考えましょう。

さいごに
一回欲しくなった気持ちは、買って手に入れるまで消化できません。

失敗(失敗ともいえないか)するかもしれませんけど、同じことで悩んで何も行動せずにクヨクヨしているよかマシです。

どうしても買えないのであれば、キッパリ諦めて、他のモノを買うのか他の道を探すとか。

とにかく決めることが重要です。 買わない決断が出来ればそれが一番良いですが、出来なければいつかは買わざるを得ません。

ダラダラと、ただ悩んでいる生産性のない行動は、はかりしれない損失なのです。

ぼくもそうですが、お金が無い人こそ本気で考えていきましょう。人生は有限なのです。

とは言っても、高価なものは現実難しいですから、とりあえずは「1万円以内のモノくらいは迷わず突撃する」くらいの気持ちでどうでしょうか。

思い切って、10万超えの機材とか買うと度胸付きます(これホント

以上、物欲魔人でした。 


この本も気になってます。12月31日発売。

スポンサーリンク








【関連記事】
【DTM考察】シンセが増えると作る曲の数が減るのか? : SynthSonic
Roland INTEGRA-7 レビューまとめ : SynthSonic
「成功する人は自分の好きなものを知っている」【森 博嗣著「作家の収支」を読んだ】 : SynthSonic