写真 (1)
色々噂には聞いてました。JVシリーズ最高の音色だとか、音が太いだとか。

ずっと気にはなってたんですけど、先日やっとヤフオクで落札しました。



確かに音はとても良いです、というか好みです。「音が良い」ってのは非常に難しいと思うんです。人それぞれですし。なので、クリアでハイファイかと言われると、今の時代で言うと、全然そんな事ないです。

個人的主観では、音は硬く、太い。PCMのフニャリ感(良くも悪くも柔らかさ)が無い、要はリニア感があります。
これはJDの波形にも言えましたけど、ウェーブそのものの元気が良いのかD/Aコンバーター(18bit)の性能(波形との相性)が良いのか。 

あとは、良くも悪くもローランド!っていう音です。ストリングスなんかは特に。

※2014年9月11日追記 DEMO満載の記事書きました!

Roland JV-880 レビュー【DEMOあり】① : SynthSonicRoland JV-880 レビュー【DEMOあり】① : SynthSonic

一番のお気に入りの音色は、 ピアノです。浅倉大介さんも未だにJV-880をピアノだけの為に使う時もあるみたいです。

リアルかどうかは別議論ですが、確かに、元気!強く弾いた時の堅さは個人的にはJDピアノ(小室ピアノ)よりも断然好みです。もちろん全鍵サンプリングというわけでもないですが、高中低音ともにしっかり元気であるというのはなかなか無いんですよね。

ピアノをはじめ、エレピ、アコギ、ベル系等の硬い音色が特にお気に入りです。ストリングスもリアル過ぎずチープ過ぎずで使えそうです(ローランド臭満載だけど。でもそれが味)。ハチプロ以上、JD未満といった感じでしょうか。ベースは突き抜ける低音でなかなか味が有ります。そして意外にもサックスが良い味という。

だけどドラムは流石に時代を感じましたね^^;あとエフェクトもちょいと古臭さを感じてしまいます。
でもこれは仕方無い事。悪いという事ではありません。古いんですから、古く感じて当然なんです。

個人的にはJDよりも好きな音源になりましたよ。ちなみにエキパンはSR-JV03のPIANOを装着してます。D/Aコンバーターも違うので、当然XV-5080に挿すのと出音が違います。

聴感上の比較ですが、XV-5080は中域が強くマイルドな感じになるのに対して、JV-880は高音が強調されたブライトな感じになり、抜けの良さが変わってきます。なので、音源の特性上、PIANOエキパンとの相性が良いのではないかと思ってます。 

リアルさや、クリアさではなく、良い音に出会えてとても嬉しいですね。 






スポンサーリンク